ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースTVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」ティザービジュアル&スタッフ&キャスト解禁

TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」ティザービジュアル&スタッフ&キャスト解禁 2020年3月25日 18:00

TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」のメインスタッフとキャストが公開となった。また、メインキャストよりコメントが到着した。


・ティザービジュアル公開
・メインスタッフ&キャスト公開
・キャスト決定コメント公開

メインスタッフ&キャスト公開
TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」のメインスタッフ&キャストを公開いたしました。今後発表される情報にもぜひご注目ください。

【STAFF】
原作:石田衣良 (「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ文春文庫/文藝春秋刊 )
監督:越田知明
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン:谷口淳一郎
アニメーション制作:動画工房
製作:IWGP製作委員会

【CAST】
マコト:熊谷健太郎
タカシ:内山昂輝
キョウイチ:土田玲央

TVアニメ公式サイト公開
TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」の公式サイトがオープンしました。
最新情報をTVアニメ公式ツイッター@iwgp_anime(https://twitter.com/iwgp_anime)と合わせてお届けいたします!

キャスト決定コメント公開
<熊谷健太郎(マコト役)>
この度、真島誠の声を担当させていただくことになりました熊谷健太郎と申します。 多くの方に愛されている『池袋ウエストゲートパーク』で、マコトの声を任せていただける事に強い喜びを感じると同時に、その重みに身が引き締まる思いです。 マコトの力になれるよう、作品作りの一助となるべく、全身全霊で収録に臨みます!

<内山昂輝(タカシ役)>
『池袋ウエストゲートパーク』といえば、やはり子どもの頃に見たテレビドラマのイメージが強いです。なので、今度のアニメ版がどんな作品になるのか、ぼくも楽しみです。 すでに様々なメディアを通して、たくさんの人にそれぞれのイメージがあると思いますが、 自分のベストを尽くして安藤崇・タカシという人物を表現しようと思います。

<土田玲央(キョウイチ役)>
役決まったよとマネージャーさんにサラッと言われた時「どっひぇええ?!」とフィクションのようなリアクションをしてしまい若干引かれましたが…それくらい衝撃で… 昔からこんなにも愛されている『池袋ウエストゲートパーク』と言う作品にメインで関われる事を本当に嬉しく感じます。 勿論プレッシャーも凄いですが、尾崎京一・キョウイチのカリスマ性など原作の雰囲気を損なわない様精一杯演じさせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

石田衣良先生より応援コメントを頂きました!
リアルでカッコいい池袋を! 子どもの頃から、ぼくは数々の傑作アニメを観て育ってきました。今回『池袋ウエストゲートパーク』のテレビアニメ化が決定して、今からオンエアが楽しみでなりません。 テレビドラマや舞台化もされた、このシリーズがアニメではどんな世界として創作されるのか。 通常は扱われることのない社会的事件を、どう鋭くアニメで描き切れるのか。 日本アニメの底力に期待しています。

原作情報 『池袋ウエストゲートパーク』Ⅰ~XIII (文春文庫)
『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(文藝春秋)
『絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV』 (文藝春秋)
▼石田衣良 IWGP|文藝春秋|オフィシャルサイト
http://www.bunshun.co.jp/pick-up/iwgp/

■石田衣良プロフィール
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業。広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。97年、「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。生き生きとした語り口と現在を映し出すエッジの鋭さが高い評価を受けた。受賞作に3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』(文春文庫)でデビュー。この“IWGP”シリーズは、第14巻『七つの試練』(文藝春秋)まで刊行されている。2003年、『4TEEN』(新潮文庫)で直木賞を受賞。06年、『眠れぬ真珠』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、13年、『北斗 ある殺人者の回心』(集英社文庫)で中央公論文芸賞を受賞。近作に『爽年』(集英社)など。

<<<TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」作品情報>>>
TVアニメ 2020年7月放送開始!!

【STAFF】
原作:石田衣良 (「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ文春文庫/文藝春秋刊 )
監督:越田知明
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン:谷口淳一郎
アニメーション制作:動画工房
製作:IWGP製作委員会

【CAST】
マコト:熊谷健太郎
タカシ:内山昂輝
キョウイチ:土田玲央

<INTRODUCTION>
東京、池袋の西口公園。通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある果物屋の息子・真島誠(マコト)は、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。 有象無象な人間が集まる池袋の中で、組織に属さず、誰にでもフラットに付き合うマコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込む。

「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。…そう、池袋は最高だ」

今日も池袋の秩序を守っていた彼のもとに、街の平和を揺るがす厄介な事件が持ち込まれる――。


©石田衣良/文芸春秋/IWGP製作委員会


▲ PAGETOP