ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース彼女に電話ができる「かのかりコール」がバレンタイン限定Ver.に!瑠夏(CV:東山奈央)、墨(CV:高橋李依)のCVも初公開

彼女に電話ができる「かのかりコール」がバレンタイン限定Ver.に!瑠夏(CV:東山奈央)、墨(CV:高橋李依)のCVも初公開 2020年2月13日 18:00

2020年7月より放送されるTVアニメ「彼女、お借りします」。作中に登場する“彼女”に実際に電話を掛けることができる「かのかりコール」が、バレンタイン限定バージョンに。かのかりコールに更科瑠夏(CV:東山奈央)、桜沢墨(CV:高橋李依)が初登場し、それぞれのキャラクターボイスが初公開される。


瑠夏、墨のキャラクターボイスを初公開! かのかりコールがバレンタイン限定Ver.に!
2020年7月にTVアニメの放送が決定した、宮島礼吏による人気ラブコメ漫画『彼女、お借りします』。
この度、作中に登場する“彼女”に実際に電話を掛けることができるかのかりコールが、バレンタイン限定バージョンに! 更科瑠夏(CV:東山奈央)、桜沢 墨(CV:高橋李依)が初登場し、それぞれのキャラクターボイスが初公開されます!さらに、各キャラクターが電話に出てくれる時間を、録り下ろしボイスの一部分とともに公開!

2020年2月14日
【8:00〜11:59】 水原千鶴(CV:雨宮 天) 「今日なんだけど、ちょっとでいいから……時間、あるかな……?」
【12:00〜15:59】 七海麻美(CV:悠木 碧) 「ねぇ、バレンタイン、意識してるでしょ……?」
【16:00〜19:59】 更科瑠夏(CV:東山奈央) 「問題ですっ。今日は何の日でしょうか!?正解はー?」
【20:00〜24:00】 桜沢 墨(CV:高橋李依) 「その……あの……渡したいものが……あって……」

0800-222-7144 (ぜろはちぜろぜろ―ふふふ―ないしょ)の番号で、“彼女”があなたからのお電話を待っています!
この機会に“彼女”に電話をかけてみませんか?


<<<かのかりコールとは?>>>
2019年12月15日、『彼女、お借りします』のTVアニメ化発表と同時に、 “彼女”に実際に電話を掛けることができる、かのかりコールが登場! 実際に電話をすることで“彼女”とのひとときが楽しめる本企画は、現在までに66,000件を超える着信をいただきました。 これまでのような千鶴や麻美との電話だけでなく、2月14日は瑠夏、墨との電話も楽しむことができます。

0800-222-7144 (ぜろはちぜろぜろ―ふふふ―ないしょ)
※通話料金は無料です。
※繋がりにくい場合があります。

2月15日には、秋葉原でバレンタインカードの配布会も開催!
2月15日(土)に秋葉原の4店舗にて、「バレンタインカード」の配布会を開催!アニメ公式Twitter(@kanokari_anime)をフォローし、ハッシュタグ「#かのかり」「#かのかりバレンタイン」をつけてツイートすると、各キャラクターの描かれた「バレンタインカード」をゲットできます!カードは千鶴、麻美、瑠夏、墨の全4種類。時間帯によりカードのキャラクターと配布店舗が変わり、どの店舗でどのキャラクターが配布されるかは当日のお楽しみ。

【配布時間・会場】
11:00〜 アニメイト秋葉原本館前
14:00〜 ソフマップAKIBA1号店 サブカル・モバイル館前
16:00〜 コミックとらのあな秋葉原店A前
18:00〜 AKIHABARAゲーマーズ本店前

<<<TVアニメ『彼女、お借りします』>>>
◆ イントロダクション
「週刊少年マガジン」で好評連載中、宮島礼吏による累計300万部突破の人気ラブコメが、ついに待望のアニメ化! 20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也。初めての彼女と一度だけキスをしたが、たった1ヶ月でフラれてしまった。

「あぁ…やだ…もうなんか全部ヤダ…」

やけっぱちになった和也は、“ある方法”を使って、女の子とデートをすることに。待ち合わせ場所に行くと、

「君が和也君、だよね?」

さらさらの黒髪を耳にかけながら、和也の顔を伺う美少女、水原千鶴は微笑みかけた──。
たった一度のレンタルで、輝き出すリアルがある! ラブ×ドキMAXの無鉄砲ラブストーリー、開幕!

●放送情報
2020年7月より放送開始!

●CAST
水原千鶴:雨宮 天
七海麻美:悠木 碧
更科瑠夏:東山奈央
桜沢 墨:高橋李依
木ノ下和也:堀江 瞬

●STAFF
原作:宮島礼吏(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:古賀一臣
シリーズ構成:広田光毅
キャラクターデザイン:平山寛菜
音楽:ヒャダイン
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント


©宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会


▲ PAGETOP