ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース山寺宏一や小野大輔らが名作無声映画を吹替えるライブイベント『ボイスシネマ 声優口演2020 in調布』開催決定!

山寺宏一や小野大輔らが名作無声映画を吹替えるライブイベント『ボイスシネマ 声優口演2020 in調布』開催決定! 2020年1月29日 20:50

豪華声優陣が名作無声映画を吹替えるライブイベント『ボイスシネマ 声優口演2020 in調布』の開催が2020年3月22日に決定した。


チャップリンの名作に、豪華声優陣が生吹替え!
「ボイスシネマ 声優口演2020 in 調布」開催決定!

名作無声映画に豪華声優陣が吹替えるライブイベント「ボイスシネマ 声優口演2020 in調布」が3月22日(日)調布市グリーンホールにて開催が決定した。『声優口演』とは2006年に洋画吹き替え50周年企画の一環として声優・羽佐間道夫の呼びかけによってスタートしたイベント。無声映画の名作をベテランから若手まで幅広い声優が生で吹き替え、一流ミュージシャンが生で演奏する画期的なライブイベントとして毎年各地で開催されてきた。今回のイベントではチャールズ・チャップリンの名作映画に、世代を超えた豪華声優陣が集結して生吹替えに挑戦する。

出演者は、「ロッキー シリーズ」のロッキー・バルボアや「スター・ウォーズシリーズ」のドゥークー伯爵で知られる羽佐間道夫をはじめ、野沢雅子、山寺宏一、高木渉、小野大輔、梶裕貴、小野友樹、木村昴、宮澤はるな、今村一誌洋ら世代を超えた豪華声優陣。

この度企画/脚本/演出もつとめる羽佐間道夫からコメントが到着した。「今年チャップリンが生きていれば、131歳。初めて無声映画を作って発表したのは25歳の時、しかも短編とはいえ、1年間で35本も制作してしまいました。ひと月平均3本のスピード。この情熱、この才能 しかも作品は全てヒット、一世を風靡してしまいました。これを天才と言わずして何と表現すればいいのでしょう。この偉人の作品を声優界の人気者が、無声を瞬時に有声にして行くイベント「見もの」「聞きもの」ですよ! 」

モノクロ映画に色を塗るごとく、ライブで吹き替えて行く様は、一切のセリフ間違いやタイミングのずれが許されないまさに「真剣勝負」。当日は生吹替えで繰り広げられる掛け合いや一人ですべての登場人物をこなすパフォーマンスなど、ここでしか見られない圧巻のステージのほか、出演者によるスペシャルトークショーや、出演者の直筆サインなどが当たるプレゼント抽選会も実施予定だ。

チケットは2月8日(土)~ローソンチケットにて先行抽選を開始予定。

<<<ボイスシネマ 声優口演2020 in調布 公演概要>>>
<公演日時>
2020年3月22日(日)
昼の部:13:00開場/13:30開演
夜の部:18:00開場/18:30開演

<会場>
調布市グリーンホール(〒182-0026 東京都調布市小島町2丁目47−1)
アクセス https://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=8546

<チケット料金>
全席指定 前売り 5,500円  当日 6,000円
※前売り券完売の場合は、当日券のご用意ができない場合がございます。

<チケット販売>
2月8日(土)~ローソンチケットにて先行抽選を開始予定。

<出演者>
【昼の部】
羽佐間道夫/野沢雅子/山寺宏一/高木渉/小野友樹/木村昴/宮澤はるな/今村一誌洋
【夜の部】
羽佐間道夫/野沢雅子/山寺宏一/小野大輔/梶裕貴/木村昴/宮澤はるな/今村一誌洋

演奏:Tellers caravan
スペシャルゲスト:大野裕之

<口演作品>
『チャップリンの質屋』(1917年/アメリカ/25分/The Pawnshop)
監督:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、ヘンリー・バーグマン、エドナ・パーヴァイアンス、エリック・キャンベル、アルバート・オースティン

『チャップリンの冒険』(1917年/アメリカ/22分/ The Adventurer)
監督:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、エドナ・パーヴァイアンス、エリック・キャンベルほか

<サイトURL>http://www.seiyu-kouen.jp

<お問合せ>info@seiyu-kouen.jp

<クレジット>
主催:株式会社 東北新社、株式会社 ムーブマン
協力:日本チャップリン協会、ザ・シネマ

企画・脚色・演出:羽佐間道夫
脚色:宮澤はるな


©「ボイスシネマ声優口演2020 in調布」実行委員会
©Roy Export SAS


▲ PAGETOP