ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース蒼井翔太&柿原徹也&鈴木達央&松岡禎丞ら追加出演!TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」新情報多数公開

蒼井翔太&柿原徹也&鈴木達央&松岡禎丞ら追加出演!TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」新情報多数公開 2020年1月23日 20:00

2020年4月に放送予定のTVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」。本作の第2弾・第3弾キービジュアル、第2弾PV、追加キャラクタービジュアルとキャスト、エンディングテーマアーティスト、放送局が発表となった。

◆TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第2弾PV/2020年4月放送開始!
https://www.youtube.com/watch?v=Jn812s6lgU4&feature=youtu.be


第2弾・第3弾KV同時発表!第2弾PV発表!
追加キャラクタービジュアル公開、追加キャスト解禁!
EDアーティスト発表!放送局決定!

2020年4月に放送が決定している、シリーズ累計150 万部を突破の『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』。放送開始までいよいよ3か月を切り、この度、最新情報を大放出します!!

まずは、第2弾キービジュアルと、第3弾キービジュアルを同時発表します!第2弾キービジュアルは、カタリナたちの幼少期から物語がスタートする本作ならではの、子供時代のカタリナと王子たち。そして第3 弾キービジュアルは、美しき”悪役令嬢”に成長したカタリナが、個性豊かな魅力に溢れる王子たちに囲まれ困惑気味の愛憎うずまく!?ビジュアルです。

さらに、ジオルド・キース・アラン・ニコルたちに焦点を当て、カタリナとの絶妙な関係を描いた第2弾PVを発表!

PVに登場した、各王子たちを演じるのは、ジオルド・スティアートを蒼井翔太、キース・クラエスを柿原徹也、アラン・スティアートを鈴木達央、ニコル・アスカルトを松岡禎丞。加えて幼少期を演じる各キャストも公開となります。

合わせて各キャストからのコメントも到着しました。
そして、EDを担当するのは、本作にてカタリナの婚約者で、第3王子のジオルド・スティアートを演じている蒼井翔太さん!エンディングテーマの楽曲名は『BAD END』。曲名から本作らしい楽曲となっていますので、ぜひ今後の発表を楽しみにお待ちください。

最後に、気になる放送局情報も公開! MBS・TOKYO MX・BS11・J:テレほかにて2020年4月より放送が決定しました。

第2弾・第3弾KV 同時公開!
子供時代のカタリナたちを描いた第2弾KV、王子たちに囲まれ困惑気味のカタリナを描いた第3弾KVを同時発表

第2弾PV 公開!
カタリナとジオルド、キース、アラン、ニコルのにぎやかな日常、そして絶妙な関係性が描かれたPVを発表!ジオルド・キース・アラン・ニコルのボイスが初解禁!

TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第1弾PV
https://youtu.be/Jn812s6lgU4

追加キャラクタービジュアル
ジオルド・スティアート(CV:蒼井翔太/幼少期:瀬戸麻沙美)
王国の第三王子。カタリナの婚約者。金髪碧眼の正統派王子様だが、腹黒でドSな性格。何にも興味を持てず退屈な日々を過ごしていたところカタリナと出会う。人が変わったカタリナに興味を持ち、以降は頻繁にクラエス公爵家に訪れるようになる。魔力は火。

キース・クラエス(CV:柿原徹也/幼少期:雨宮 天)
カタリナの義理の弟。クラエス家の分家からその魔力の高さ故に引き取られた。 色気のあふれる美形。孤独から歪んだ人生を歩むはずが、カタリナに出会ったことでクラエス家の人々の愛情に包まれ好青年へと順調に成長中。義姉であるカタリナの無自覚さに頭を悩ませることに。魔力は土。


アラン・スティアート(CV:鈴木達央/幼少期:田村睦心)
ジオルドの双子の弟で第四王子。野性的な風貌の美形で、俺様系な王子様。音楽の神の申し子と言われるほど、素晴らしい音楽の才能を持つ。双子の兄であるジオルドにコンプレックスを持っていたが、真っ直ぐなカタリナと接するうちに克服していく。魔力は水。


ニコル・アスカルト(CV:松岡禎丞/幼少期:M・A・O)
国の宰相であるアスカルト伯爵の子息。人形のように整った容貌の持ち主。妹のソフィアを溺愛している。老若男女問わず惹きつけられる魔性の魅力の持ち主で、愛好会が存在する。家族の前以外では無表情気味だが、カタリナのある言葉によって、カタリナに惹かれ心を開いていくようになる。魔力は風。


追加キャスト情報・コメント
蒼井翔太
ジオルドは言わば王道な攻略キャラクターです。ただ、その中に色々と策士なところも見え隠れする人物なのでそこを楽しんでいただけたらなと思います。他のキャラクターも個性豊かです!お楽しみに!

瀬戸麻沙美
ジオルドは美しい王子。礼儀正しく、どんな事もこなしてしまう人。柔らかい表情を携えているけれど、腹中では強かに物事を判断している一面も。彼を表現するには、周りに好感を持たれて、心を開かせるそんな魅力が必要かなと思ったので、声色とテンポ感はどのくらいだろうかと探りました。

柿原徹也
キースは姉さん大好きっ子! 乙女ゲームとリアルとの狭間を良いバランスで演じさせていただいています。 とりあえず、このまま乙女ゲームを出してもらいたいものです。笑 是非、お楽しみに!!!

雨宮 天
まず絵を見て、天使のようにかわいい子だと思いました。しかし辛い思いをしてきた子なので最初は暗くおどおどとしています。そんなキースがカタリナと出会い変わっていく姿、その心情をしっかりと表現できるよう努めました。キースが大泣きするシーンは私も原作を読んでいて一緒に泣いたシーンでもあるので、素敵なシーンに出来るよう心を込めて演じました!

鈴木達央
アランは、ゲームの時は俺様オラオラ系ですが、今のカタリナに出会ってからは、無骨ながらに素直な照れ屋の印象があります。それに加えて、随分と鈍感なところがあるので、きっと無意識に誰かに夢中になっているのかもしれません。

田村睦心
みんな大人っぽい子達ですが、アラン王子は気品も感じられるけど年相応なところもあってすごく可愛いかったです。お兄さんへの劣等感を吐露するところとカタリナと仲の良い友人のように接するところが、演じていて楽しかったです。成長したアラン王子も可愛いだろうな!色々楽しみです!

松岡禎丞
僕的に今回の役柄は、 客観的に見ると、もんの凄く何考えてるかわかんない人間です。でもちゃんと自分なりの正義や考えがあって行動している、 やっていることにちゃんと芯が見える人間にしたいと思って演じています。他の人との掛け合いでも、黙ってニコニコしてる感じが多いんですけど、 ニコルのバックボーンはちゃんと感じられるよう頑張りました!是非ともよろしくお願いします!

M・A・O
心優しく妹想いのニコルくんは、周りの環境も相まって心を閉ざし、どこか冷めているといった第一印象でした。カタリナさんと出会う事によって見えてくる、ニコルくん本来の魅力をしっかりお伝えできるよう心掛けて演じさせていただきました。

エンディングテーマ
蒼井翔太『BAD END』
【プロフィール】
声優、歌手、舞台など様々な分野で活躍中。2011年に声優デビューし、多くのアニメ・ゲーム作品で活躍する。アーティストとしては活動3年目となる2016年3月に、自身初となる日本武道館公演を開催。昨年行われた単独ライブツアー「蒼井翔太 LIVE 2019 WONDER lab. I」では、計22,000人を動員。「2019 FNS歌謡祭」などTV出演でも注目を集める。

【コメント】
このようなステキな作品のEDテーマを担当させていただけること、とても光栄に思います!!作品自体がとても面白く、コミカルなシーンも多々ある中、angelaさんの担当されるOPテーマと正反対な楽曲にできたらいいなと思っています!もちろん、作品の世界観もたっぷり詰め込めたらと思いますので、楽しみにしていただけたらと思います!歌でもこの作品を後押しできるように精一杯歌います!

<<<TVアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」作品情報>>>
<放送>
2020年4月よりMBS・TOKYO MX・BS11・J:テレほかにて放送

<STAFF>
原作:山口 悟(一迅社文庫アイリス/一迅社刊)
キャラクター原案:ひだかなみ
監督:井上圭介
シリーズ構成:清水 恵
キャラクターデザイン:大島美和
アニメーション制作:SILVER LINK.

<CAST>
カタリナ・クラエス:内田真礼
ジオルド・スティアート:蒼井翔太(幼少期・瀬戸麻沙美)
キース・クラエス:柿原徹也(幼少期・雨宮 天)
アラン・スティアート:鈴木達央(幼少期・田村睦心)
ニコル・アスカルト:松岡禎丞(幼少期・M・A・O)

<イントロダクション>
公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路を邪魔する悪役令嬢であることを!

ゲームでカタリナに用意されている結末は、ハッピーエンドで国外追放…バッドエンドで殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!!

勘違い?人たらしラブコメディの幕が上がる。


©山口悟・一迅社/はめふら製作委員会


▲ PAGETOP