ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース早見沙織SPライブ”CHARACTERS”より歌唱曲を一部解禁!発売記念イベントレポートが到着

早見沙織SPライブ”CHARACTERS”より歌唱曲を一部解禁!発売記念イベントレポートが到着 2019年10月15日 19:25

2019年8月28日に発売された早見沙織のライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 “JUNCTION” at東京国際フォーラム<数量限定生産版>」の発売を記念したイベントが9月14日にAKIHABARAゲーマーズ本店にて開催された。


声優・アーティスト早見 沙織
ライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 “JUNCTION”at 東京国際フォーラム<数量限定生産版>」発売記念イベントレポートが到着
10月16日(水)東京、
10月27日(日)大阪にて開催、
SPライブ“CHARAC TERS”より、歌唱曲を一部解禁!!
アニメ「神のみぞ知る世界」より「NAKED GENIUS」
アニメ「四月は君の嘘」より「Have a strong will ~木枯らし」
大阪公演はチケット一般発売中

8月28日に発売された早見沙織のライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 “JUNCTION” at東京国際フォーラム<数量限定生産版>」の発売を記念したイベントが9月14日に東京・秋葉原にある「AKIHABARAゲーマーズ本店」にて開催され、そのトークイベントのイベントレポートが到着した。

トークイベント内では、10月16日(水)・27日(日)開催の「HAYAMI SAORI Special Live 2019“CHARACTERS”」での歌唱曲が2曲、解禁された。1曲はアニメ「神のみぞ知る世界」より、ハクア starring 早見沙織「NAKED GENIUS」、もう1曲はアニメ「四月は君の嘘」より、井川絵見(CV:早見沙織)「Have a strong will~木枯らし」。10月16日(水)開催の東京公演はすでに全席完売だが、大阪公演はチケット一般発売中。

<HAYAMI SAORI Special Live 2019 “CHARACTERS”>
◆日時 2019年10月16日(水)開場18:00/開演19:00 場所 Zepp DiverCity(TOKYO)
◆日時 2019年10月27日(日)開場16:00/開演17:00 場所 Zepp Namba(OSAKA)

【チケット販売】(東京公演は全席完売)
<10月27日(日)開催・大阪公演>
■券種:(前売)スタンディング ¥6,000(税込) /2F指定席:¥8,000(税込) ※いずれもドリンク代別途
・ローソンチケット https://l-tike.com/concert/mevent/?mid=399471 0570-084-005 Lコード:57674
・チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1945378 0570-02-9999 Pコード:165755
・e+ https://eplus.jp/hayamisaori/
・LINE https://ticket.line.me/events/3673?utm_source=line
※4歳未満入場不可/4歳以上チケット必要 ※お一人様2枚まで
HAYAMI SAORI Special Live 2019 “CHARACTERS”
オリジナル楽曲+これまでのキャラクターソングのカバーを含むスペシャルライブ

<イベントレポート>
8月28日に発売された早見沙織のライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 "JUNCTION" at 東京国際フォーラム<数量限定生産版>」の発売を記念したイベントが9月14日に東京・秋葉原にある「AKIHABARAゲーマーズ本店」にて開催された。今回はその模様をお届けする。

早見さんにとっては、久しぶりのインストアでのイベントとなる。今回のイベントはトークスタイルの内容ではあるが、そこに早見さんだけでなく、早見さんと縁が深い2名――音楽ディレクターの甲克裕さん、「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 "JUNCTION"」のバンドマスターを務めた黒須克彦さんが一緒に登壇し、舞台裏の模様も交え、充実した内容のトークイベントとなった。


まずは早見さんから甲さん、黒須さんがどんな人なのか――という説明がある。
「黒須さんはその名の通り「バンドのマスター」(笑)バンド全体の指揮者でありながら、ベーシスト、作曲者と様々な顔を持っている」
「甲さんはどんな曲を作ろうか、どんなアルバムを作ろうか、など早見沙織の音楽性を具体化するマスター(笑)音楽における軸」と紹介。早見さんの音楽活動において、熱い信頼関係で結ばれていることがうかがいしることができた。

そのあとは発売されたライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 "JUNCTION" at 東京国際フォーラム<数量限定生産版>」の中から、事前にファンの方々からのリクエストを募りセレクトした楽曲の映像を見ながらのクロストークがはじまる。

1曲目は早見さんのアーティストデビュー曲となった「やさしい希望」。歌が始まるや「思った以上に皆さんと見るのって恥ずかしい!」「すごい!(自分が)知らない人みたい!」と不思議なテンションになる早見さん。パフォーマンスを見ながら甲さんから「(ライブ中は)毎回ちゃんと緊張していますよねー」と、より近い場所にいるスタッフだからこそ感じる言葉が非常に印象的だった。

2曲目は2ndアルバム「JUNCTION」から「夏目と寂寥」。 「後ろのコーラス隊がキュートなんですよー」と早見さん絶賛のコーラス隊の動きにも注目。日頃のレコーディング作業でディレクションを行う甲さんからは「(この曲の)REC時から『Sっ気』を感じていた」と言われるシーンでは早見さんも思わず赤面。この曲の大きな特徴でもあるお客さんとのコールアンドレスポンスのシーンでは「5000人の方がやってくださったことはとても心強い」と熱く語った。

3曲目はお客さんとの一体感が心地よい「Bye Bye」。 この曲ではちょっとハプニングシーンがあり、「詳しくはBD/DVDに収録しているコメンタリーを聞いてくださいね」とのこと。どうやら前の曲からのマイクスタンドの位置替えなどで、予定していた段取りとはちがっていたようだ。このように各会場、各ライブで起こるトラブルには「うまく対応しますよねー」と甲さんから出るなど、早見さんのライブに於対応力の高さを感じる。 またライブ本編ではこの「Bye Bye」の後にダブルアンコールとして「To years letter」がああるが、実はこのダブルアンコール案は早見さんマネージャー発案のものとのこと。 ツアー最中の札幌公演の終演後に黒須さんを呼び出し提案しようとした早見さん。黒須さんは「あれ?お説教かな」と震えていたそうだ。


以上の曲でコメンタリーコーナーは終了。3曲のみにも関わらず、様々な話が展開されるなど、それぞれの曲、ライブ全体の充実度がうかがえる内容であった。 続いてはお客さんに当日現場にてきていただいた質問に答えるコーナー。

★早見さんへの質問
Q:「JUNCTION」というテーマでCDを作り、ライブをやってきたことでよかったことはどんなことでしょうか?
A:物理的、気持ちとしても準備はとても大変でしたが、最終的に「ライブツアーをやったこと」が全てににおいてよかった。ツアータイトルは絶対にアルバムタイトルと同じでいこうと思っていました。ライブに来ていただいたお客さん、作っているスタッフの皆さんが一本一本JUNCTIONの線だと思っていて...。でも実際にそうなって本当にうれしかったです。

★黒須さんへの質問
Q:演奏中、バンドメンバーと目を合わせるとき、どんなこと思っているんでしょうか?
A:2つあって、1つは楽しさを表現する、アイコンタクト的なことですね。素敵なプレイをしたときに「お、いいね~」と感情的なことを表す意味がありますね。もう1つは「キッカケ」というか、合図的な意味合いですね。ただし、バンマスあるあるで、目配せをするのはいいのですが、それを受け取る人が「この2つのうちのどちらかわからない」というのが難しいらしくて(汗)

★甲さんへの質問
Q:音楽ディレクターは、どのようにライブにかかわっているんでしょうか?
A:作った音源をどうやって具現化していきましょうかと考え、いろいろな人たちとそれを実現していく役割でしょうか。一番フカンしてみているポジションですね。 あと、今回のツアー、ライブに関していうと黒須さんがバンドマスターだからこそ、ステージに対して全力集中できました。

★最後に早見さんから黒須さんへの質問
Q:一番聞きたかった「低い位置でベースを弾くのは腰が痛くならないのか」という点はBD/DVD盤に入っているオーディオコメンタリーを聞いていただくとして、今の仕事をされていて一番たのしいことはなんですか?
A:いろいろな人たちと関わり合いがある中で、自分を必要していただいている場所がいくつもあってそれを感じることでしょうかね。その必要としていただいている思いを、きちんとした形で返さなきゃいけないと思っていますし。そういったキャッチボールをすることによって、いろいろなものが大きくなっているなと感じることが楽しいですね。

質問コーナーは以上であったが、甲さんから「みんな人柄が素晴らしい!」という言葉がでるほど、温かみにあふれたコーナーであった。 和やかな雰囲気の中進んでいるトークイベント。最後にスペシャルな発表があった。 10月16日、27日に予定をしているライブ「早見沙織 Special Live 2019 ”CHARACTERS”」での歌唱曲のうち1曲を公開した。

その1曲は「NAKED GENIUS」。早見さんがハクア役で出演したアニメ「神のみぞ知るセカイ」のキャラクターソング。実は黒須さんが、演奏陣として参加した曲でもあり、しかも黒須さんにとっては初めての早見さん関連作品の参加。さらに、「神のみぞ知るセカイ」のイベントが行われた際、イベント制作として甲さんも関わっていたという、全員にとって、関わりあいと、非常に思い入れのある曲。このエピソードも加わり、ライブにむけての期待は2倍、3倍と大きくなった。また、別会場で開催されたトークイベントでは、さらにもう一曲、早見さんが井川絵見役で出演したアニメ「四月は君の嘘」のキャラクターソング「Have a strong will~木枯らし」の歌唱も告知された。

最後の締めの挨拶では早見さんから「早見沙織というのは1人の人物名ですが、いろいろな人たちによるチームで動いています。このチームの中にいる人たち1人1人が早見沙織を作っているということを知っていただくだけで、音楽や映像が今までとは違った形で感じることもできるんじゃなかいかと思います」とあり、チーム早見沙織の魅力と、早見さん自身がチームに対して絶対の自信と信頼をもって音楽に臨んでいる姿勢を強く感じた。 10月16日、27日に行われる「早見沙織 Special Live 2019 ”CHARACTERS”」。早見さんと、チーム早見沙織全員と、そこにいる観客により、最高の景色が作れられることに期待が膨らむばかりだ。

<<<次回リリース情報>>>
人気ゲームシリーズ最新作「無双OROCHI3 Ultimate」主題歌「タイトル未定」

2ndアルバム「JUNCTION」以来、約1年ぶりの新曲リリース! 『無双OROCHI3 Ultimate』のための完全書き下ろし新曲を提供。早見沙織、初のゲームタイアップとなる。早見沙織の美しい歌声と圧倒的な歌唱力で表現するゲームの世界観と楽曲に今から期待が高まる。楽曲タイトルや発売日など、今後の続報が待たれる。

<<<ライブBD/DVD「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 JUNCTION“ at 東京国際フォーラム <数量限定生産版>」>>>
2019年8月28日水発売
価格:¥7800+税1枚組
<Blu-ray>
品番1000746059 POS 4548967428100
<DVD>
品番1000746060 POS 4548967428117

【収録内容】
・2019年4月29日開催 「 HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 " 」東京公演映像
【商品仕様】
・ジャケット仕様:アウターケース&デジパック仕様
・特典映像:メイキング映像
・音声特典:オーディオコメンタリー 早見沙織 、 バンドメンバーによるオーディオコメンタリー
・特典
■2019年10月16日東京、10月27日大阪開催「HAYAMI SAORI Special Live 2019 ”」チケット先行購入抽選申込券
■公式 デザインネックストラップ
■フォトブックレット


▲ PAGETOP