ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース安月名莉子×石川由依×原奈津子『安月名莉子 1st ワンマンライブ-rise-』対談インタビュー

安月名莉子×石川由依×原奈津子『安月名莉子 1st ワンマンライブ-rise-』対談インタビュー 2019年5月23日 19:30

6月8日に開催される安月名莉子さんの1stワンマンライブにて、特別企画「アヅナリコーヒー」が実施される。今回、このトークステージにゲスト出演する石川由依さん、原奈津子さんと安月さんの対談インタビューが到着したので紹介する。


「ミュージシャン×人気声優」ステージにカフェをオープン!!??
アヅナリコーヒー
2019年6月8日 O-WEST店 オープン♪

--6月8日に開催される【安月名莉子 1st ワンマンライブ-rise-】にて御三方のトークステージも実施。ということなんですが、石川由依さんと原奈津子さんをお招きすることになった経緯から教えてもらえますか?

安月名莉子:今まで自分がお世話になったり、憧れている方をデビュー後、初の舞台にお呼びしたいと思っていました。私なりの恩返し、それに…お二人のことが大好きで(笑)。

--まず原奈津子さんは安月名さんにとってどんな存在なんでしょう?

安月名莉子:2年前に警視庁の短編映画『Hell’s Gate』でご一緒させて頂いて、そのあとにランチにお誘い頂きました。それから奈津子さんの生誕祭イベントにお呼び頂いたりして、当時無名な私に良くして下さっていて。イベントがきっかけで奈津子さんのファンの方々や、まわりの声優さんとの繋がりも作って下さったので、私にとっては女神様です! なので今回、絶対にお呼びしたいなと思っていました。最近、初めて声優のお仕事をさせて頂いて感じましたが、奈津子さんはいろんな声のテクニックをお持ちだったり、使い分けることが出来る声優さんで、あとから「え、これも奈津子さんだったんだ?」と驚かされることもあるぐらい、本当に凄い先輩なんです。

--では、石川由依さんは自分にとってどんな存在?

安月名莉子:私が小学校3,4年生の頃から舞台でご一緒させて頂いていて、私が子役として出ていた作品の多くは主演が由依ちゃんでした。その頃から失敗するところを見たことがない凄い女優さんで、今でも憧れのおねえちゃん的存在なんです。今では大ヒットアニメの主人公の声とかやっていて、私はそれを観ていたので、久しぶりに会ったときにどう接していいか分からなくて緊張してました(笑)、当時と変わらず「莉子ぉ~」って呼んでくれたのがすごく嬉しかったです。で、由依ちゃんともいつかまた共演することが夢だったので、まだ歌手デビューしてから半年も経っていないのに、今回のトークショーに出てもらえるのは本当に嬉しいです! 不思議な感じで、今でも信じられないです!


--原さんから見た安月名さんの印象も聞かせてください。

原奈津子:初めて会う前に警視庁の短編映画『ヘルズゲート』の映像を観ていたら、凄い役を演じていたので、本人がどんな女の子なのか全く想像ができなくて。でもその打ち上げで初めてお会いしたら天然のぽわ~っとした女の子で! あと、いちばん衝撃的だったのは、撮影で歌っていた歌をみんなの前で歌ってくれたんですけど、そのときに警視庁の人たちが号泣していて。みんなが泣き始めて「あ、歌でこういう表現ができるのって凄いなぁ」って思って、それで個人的に興味もあって連絡先を交換して「ランチしようよ」って誘わせてもらったんです。で、私の生誕祭にも出てもらったんですけど、今、実はウチの事務所に莉子ちゃんファンが3人いて……

安月名莉子:うれしい!

原奈津子:ウチのスタッフさんたちが「歌がすごく良い!」と思って、ファンに紛れてCDを買っていたらしくて!「サインもらったよ~」みたいな(笑)。歌が上手い人っていくらでもいるんですけど、莉子ちゃんは幼い頃からお芝居もちゃんとやっていたからなのか、歌への感情の乗せ方がすごく魅力的なんですよね。

安月名莉子:ありがとうございます!

--では、石川さんから見た安月名さんはどんな印象ですか?

石川由依:最初に出逢ったのが莉子がまだ幼い頃だったので、今会って思うのは「大人になったなぁ!」って(笑)。自分も子役時代は舞台によく立っていたのですが、莉子がいちばん共演した回数が多かったんじゃないかと思うぐらい一緒にやっていて、その頃から莉子もメインキャストを張っていたので、よく見ていたんですね。で、子役からいろんな道へ行ったり、もちろん辞めてしまう子もたくさんいる中で、莉子はシンガーソングライターという私とはちょっと離れた道を進んでいったんですけど、まさかこうして、アニソンと声優という関係で一緒に仕事が出来るとは思っていなかったし、知ったときはすごくビックリしました!今回は莉子のイベントでの共演ですけど、もしかしたら同じアニメ作品でまた共演できるかもしれないと思うとワクワクします。だから莉子の成長を嬉しく思っています!

安月名莉子:おねえちゃん! というか、おかあさん(笑)!

--奇跡みたいな巡り会わせで今があるんですね。

石川由依:今まで一緒に舞台をやってきた子の中で声優になった子は結構いて、それで現場で会うことはあったんですけど、アニソン歌手になって会うパターンは初めてだったので、それも嬉しかったです!

--今、先輩方の話を聞いていてどんなことを感じました?

安月名莉子:うれしいです! そんな深いところまで見て、いろいろ想って下さっていたんだなって。あと、奈津子さんの生誕祭で朗読を一緒にやらせて頂いたのですが、そのときの奈津子さんの語りがすごく好きだったので、今回の私のトークショーでもアドリブありの朗読でご一緒させて頂くことにしたんです。私は生演奏でBGMを担当する予定なんです……汗

--何の朗読劇をやろうと思っているんでしょう?

安月名莉子:私が大好きな『星の王子さま』を選びました。大切なモノは目に見えない、あとひとつ何か足りていない、そんな王子さまの雰囲気をそのままギューっと脚本として書き下ろして頂きました。これは自然体で奈津子さんらしく読んで頂きたいなと思っていて。あと、私は勝手に奈津子さんのことを天然だと思っていまして、私も天然なので、天然が思う天然なんですけど(笑)。

石川由依:大変なことになっちゃう(笑)。

安月名莉子:だからアドリブのところでいろいろ咬まして頂けたらなと!

原奈津子:「自由にやっていい」と言われたので、すごく楽しみなんです。お話がメッセージ性の強いモノだからふざけていいのか分からなかったんですけど(笑)。

安月名莉子:天然の自分らしさを生かしてアドリブを!

--わりとハードルの高い注文なのでは?

原奈津子:たしかに(笑)!

--あと、石川さんとはコラボ歌唱を予定されているんですよね?

安月名莉子:私にとって由依ちゃんは歌のルーツです。幼い頃から由依ちゃんの歌を聴いて育ってきたと言っても過言ではないので、今、自分で自分の歌声を聴いていても「由依ちゃんの声みたいだな」と思うときがあるんです(笑)。最近の由依ちゃんは歌をあまりやっていないと聞いたので、まさか一緒に歌ってくれるとは思っていなくて、快く引き受けてくれて本当にうれしいです。来てくれるファンの皆さんにとっても、声優としての由依ちゃんの声はよく聴いていても、生で歌う由依ちゃんの声はレアだと思うので、そこも楽しんでもらいたいなと思っています!

--どんな楽曲でコラボするんでしょう?

安月名莉子:今はお互いアニメに携わっていますが、舞台で歌ってきた楽曲とかもあるので、思い出の楽曲を歌えたらいいなと思っています。

石川由依:過去の舞台でやってきた楽曲を今歌える機会ってなかなかないので、貴重な場になると思います。あとはアニソンとアニメで活動しているふたりだから、皆さんに楽しんでもらえるアニソンも歌えたらいいなって。まだそれはどの曲にするか決まってないんですけど(笑)。


--では、最後に【安月名莉子 1st ワンマンライブ-rise-】トークステージへの意気込みをひとりずつお願いします。

原奈津子:去年は私の生誕祭に出てもらって凄く盛り上げて頂いたので、今度は莉子ちゃんのワンマンライブを盛り上げられたらなと思いますし、莉子ちゃんが歌手デビューしてからご一緒するのは初めてなので、アニソンシンガーになった今の莉子ちゃんの歌もすごく楽しみにしています!

石川由依:ただただ莉子と一緒にまたステージに立てることが私自身も楽しみで、莉子の歌を生で聴けるのも楽しみだし、まさか自分もコラボさせてもらって歌えるのも楽しみだし、実はこのふたりが昔から知り合いで仲良かったんだよ!ということを皆さんに知って頂ける機会になるといいなと思います。私は莉子のおねえちゃん目線なので(笑)、莉子がこれからもっともっと大きくなれるように、莉子の良さを伝えていけるトークライブにしていきたいです。

安月名莉子:トークショーは初めての挑戦なので、ファンの皆さん、そして出てくださるお二人とこのステージで最高の思い出を作りたいです。ほんと、すごくレアな瞬間になると思いますし! 私もアニメファンなので、お二人との共演が今から待ちきれません!

Interviewer:平賀哲雄
Photo:桝田涼太

<トークステージ「アズナリコーヒー」特設サイト>
https://www.azuna-riko.com/azunariko-talkstage

<<<ライブ情報>>>
公演日:2019年6月8日(土)
会場:TSUTAYA O-WEST
券種・料金: ¥4,800(税込) / ¥4,445(税抜)ドリンク代別途必要
開場時間/開演時間: 開場 15:00 / 開演 15:30
*オールスタンディング

ローソンチケット0570-084-003
Lコード:75846

チケットぴあ0570-02-9999
Pコード:641-292

イープラス
https://eplus.jp/

<お問い合わせ>
ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)


©2018 SPIKE Inc. All rights reserved.


▲ PAGETOP