ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースシリーズ累計40万部を誇る人気作品「アサシンズプライド」がTVアニメ化決定!

シリーズ累計40万部を誇る人気作品「アサシンズプライド」がTVアニメ化決定! 2019年5月16日 12:30

現在、ファンタジア文庫にて連載中で、シリーズ累計40万部を誇る「アサシンズプライド」が2019年にTVアニメ化決定!アニメーション制作はEMTスクエアードが担当することが明らかになったほか、ティザービジュアルも公開された。


シリーズ累計40万部!ファンタジア文庫で連載中
「アサシンズプライド」2019年TVアニメ決定!
ティザービジュアル公開・アニメーション制作はEMTスクエアード!
この度、ファンタジア文庫にて連載中の「アサシンズプライド」の2019年TVアニメ化が決定しました。またティザービジュアルの公開とアニメーション制作はEMTスクエアードに決定しました。

「アサシンズプライド」は、天城ケイによるライトノベル。イラストはニノモトニノが担当しています。ファンタジア文庫(KADOAKWA)で2016年1月より刊行中にて、発行部数はシリーズ累計40万部を記録している人気作品です。物語は、主人公クーファ・ヴァンピールが、公爵家に生まれながら無才の少女メリダ・アンジェルと共に、裏の任務や各々の運命と対峙していくファンタジー作品です。

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負いー。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない暗殺教師の矜持(プライド)にかけて、少女の価値を世界に示せ!

2019年でのTVアニメ決定に伴い、原作の著者天城ケイ先生からは、「はじめはどこか他人事のように受け止めていました。まもなくアニメ化に際するお打ち合わせや会議が進むにつれ、だんだんと喜びが現実味を帯びてきたといった感覚です。」とのコメントや、イラストレーターのニノモトニノ先生からは「正直に言うと私がとても期待しております。媒体の違いで多くのイメージが生まれることを、一緒に楽しめたらと思います」といった感想も寄せられています。

また描き下ろしのティザービジュアルも公開になりました。暗がりの中に佇むメリダと刃を抜くクーファは、「少女の価値を世界に示せ」という原作からのキャッチコピーを表したイラストとなっております。そして、アニメーション制作は「ありすorありす」「恋愛暴君」等を手がけたEMTスクエアードが担当することになりました。

放送時期やキャスト・スタッフ等は今後の発表になりますが、アニメ化を発表してますます作品への期待が高まる本作品。6月19日の原作第9巻の発売も期待しつつ、今後の展開に引き続き、ぜひご注目ください。

<<<「アサシンズプライド」作品情報>>>
アサシンズプライドとは…

天城ケイによるライトノベル。イラストはニノモトニノが担当している。ファンタジア文庫(KADOKAWA)にて2016年1月から刊行中。最新巻は第10巻(6月19日発売予定)にて、発行部数はシリーズ40万部を記録している。ヤングジャンプコミックス・ウルトラでは加藤よし江によるコミカライズ版も連載中。

<STORY>
マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。

『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!

©2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド 製作委員会


▲ PAGETOP