ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース豪華声優陣による声優紅白歌合戦が舞浜アンフィシアターで開催!2020年には第2回目の開催も決定

豪華声優陣による声優紅白歌合戦が舞浜アンフィシアターで開催!2020年には第2回目の開催も決定 2019年4月22日 19:30

声優の中田譲治さんが発起人となり総勢22人が参戦した『声優紅白歌合戦』が、4月14日に千葉・舞浜アンフィシアターで初開催された。本レポートでは、約3時間半に渡って繰り広げられた豪華声優陣による熱いライブの様子をお届けしていく。


●サプライズとコラボレーションで会場は常に興奮状態

杉田智和さんがナレーションを務めるオープニングムービーが流れたあと、総合司会の諏訪部順一さん(白組)と植田佳奈さん(紅組)が登場してライブは幕開け。

豪華声優陣が出揃った中、先陣を切ったのは平野綾さん。「涼宮ハルヒの憂鬱」の『God knows...』が始まると観客たちは総立ちでペンライトを振り始める。続けて、武内駿輔さんが『銀河鉄道999』を歌唱すると、渋い歌声に会場からはどよめきが起こった。

その後、大塚明夫さんが昭和の俳優・天知茂さんの後を継いで歌い続けている『昭和ブルース』、岩男潤子さんが「KEY THE METAL IDOL」の『手のひらの宇宙』を披露すると場内はアダルティなムードに。続けて堀内賢雄さんがゲーム「アンジェリーク」の『愛としか呼べない』、井上喜久子さんが「おねがい☆ティーチャー」の『Shooting Star』、平川大輔さんが「Free!」の『水中飛行論における多角的アプローチ』を披露。井上ほの花さんがカバーとして「NARUTO -ナルト- 疾風伝」の『ブルーバード』を歌唱中には、母・喜久子さんも登場して親子で歌うなどのサプライズもあり、会場は前半から大盛り上がりだった。

なお、今回のイベントは発起人の中田さんが、各声優にTwitterなどを通して参加を募ったとのこと。突然のDMに若手の声優たちは驚いたが、声優界のレジェンドと呼ばれる先輩方と共演できることもあって快諾したようだ。

そうした世代を超えて声優が集まった本イベントでは、歌合戦の“小休止”と称して出演者によるコラボコーナーも実施。大塚さんと黒田崇矢さんがアリスの『チャンピオン』、日高のり子さんと中川翔子さんが「トップをねらえ!」の『トップをねらえ!~Fly High~』を、岩男さんと平野さんが『創聖のアクエリオン』を歌唱して観客を魅了していく。コーナーの最後には小山力也さんのビデオメッセージが流され、井上和彦さん、内田直哉さん、堀内さんのベテラン声優3名がコブクロの『桜』を歌い、観客に春らしい暖かく優しい歌声を届けた。


●歌合戦は白組が勝利!2020年には第2回が開催決定

イベント後半戦に入ると、笠原弘子さんが「機動警察パトレイバー」の『コンディション・グリーン~緊急発進~』を熱唱、黒田さん自身がボーカルを務めるロックバンドの黒田崇矢&Goodfellasから『必ず景色は変わる』を選曲し、会場を温めていく。

さらに横山智佐さんが「サクラ大戦」の『ゲキテイ(檄!帝国華撃団)』を歌唱する際、ゲーム「サクラ大戦3」に出演した日高さんや井上喜久子さんがバックダンサーとして登場。関智一さんが「機動武闘伝Gガンダム」の『戦闘男児~鍛えよ勝つために~』を歌唱する際に東方不敗マスター・アジア役を演じた秋元羊介さんが登場して関さんと熱い掛け合いをするなど、作品のファンにはたまらないステージを披露した。

終盤に差し掛かると、小松未可子さんが「ボールルームへようこそ」の『Maybe the next waltz』、豊永利行さんが「デュラララ!!×2 転」の『Day you laugh』、中川さんが「天元突破グレンラガン」の『空色デイズ』を力強く歌唱してベテラン勢にバトンパス。

内田さんが特撮テレビドラマ「電子戦隊デンジマン」の『ああ電子戦隊デンジマン』を勝杏里さんと飯島肇さんをコーラスに迎えて歌い、紅組のトリとして日高さんが『ハート ないしょ/2』を井上親子と共に、井上和彦さんが白組のトリとして「サイボーグ009」第2作目の主題歌『誰がために』を歌唱して締めくくった。

会場が大きな感動と拍手に包まれるなかで再び豪華声優陣がステージに登場。観客による投票が行われて白組の勝利が決定すると男性声優陣は両手を上げて喜んだ。最後は出演者全員で「NARUTO」の『GO!!!』を歌い、興奮冷めやらぬまま歌合戦は幕を閉じた。

出演者の中には最後の挨拶で次回歌いたい曲をあげ、観客から期待の声が上がる場面も。そうした予想がまるでされていたかのように、会場では第2回目の「声優紅白歌合戦」が2020年に開催されることも発表された。声優のファンはもちろん、声優にとっても歴史的なステージとなった「声優紅白歌合戦」の今後に目が離せない。


<<<SET LIST>>>
01.God knows...(平野綾)
02.銀河鉄道999(武内駿輔)
03.昭和ブルース(大塚明夫)
04.手のひらの宇宙(岩男潤子)
05.愛としか呼べない(堀内賢雄)
06.Shooting Star(井上喜久子)
07.水中飛行論における多角的アプローチ(平川大輔)
08.ブルーバード(井上ほの花)
09.チャンピオン(大塚明夫・黒田崇矢)
10.トップをねらえ!~Fly High~(日高のり子・中川翔子)
11.創聖のアクエリオン(岩男潤子・平野綾)
12.桜(井上和彦・内田直哉・堀内賢雄)
13.コンディション・グリーン~緊急発進~(笠原弘子)
14.必ず景色は変わる(黒田崇矢)
15.ゲキテイ(檄!帝国華撃団)(横山智佐)
16.戦闘男児~鍛えよ勝つために~(関智一・秋元羊介)
17.Maybe the next waltz(小松未可子)
18.Day you laugh(豊永利行)
19.空色デイズ(中川翔子)
20.ああ電子戦隊デンジマン(内田直哉)
21.ハート ないしょ/2(日高のり子)
22.誰がために(井上和彦)
23.GO!!!(全員)

©2018 「声優紅白歌合戦」実行委員会


▲ PAGETOP