ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース『鈴木みのり 1st LIVE TOUR 2019~見る前に飛べ!~』地元・愛知でのファイナル公演の公式レポート到着!

『鈴木みのり 1st LIVE TOUR 2019~見る前に飛べ!~』地元・愛知でのファイナル公演の公式レポート到着! 2019年4月16日 18:25

2018年末に1stフルアルバム『見る前に飛べ!』をリリースした鈴木みのりさん。そのアルバムを引っさげての初ツアー『鈴木みのり1st LIVE TOUR 2019 ~見る前に飛べ!~』のファイナル公演が、彼女の地元・愛知県にあるZepp Nagoyaで行われた。今回、ライブレポートが到着したので紹介する。


1st LIVE TOUR 2019~見る前に飛べ!~
地元・Zepp Nagoyaで開催された最終日の模様をレポート!!

TVアニメ『マクロスΔ』のフレイア・ヴィオン役として、ユニット・ワルキューレのメンバーとしても活躍。その後ソロデビューを果たし、昨年末には1stフルアルバム『見る前に飛べ!』をリリースした鈴木みのり。そのアルバムを引っさげての初ツアー『鈴木みのり1st LIVE TOUR 2019 ~見る前に飛べ!~』のファイナル公演が、彼女の地元・愛知県にあるZepp Nagoyaで行われた。その模様をレポートする。

オールスタンディングの会場は超満員。開演前の客入れBGMは鈴木みのり自らがセレクトしたもので、彼女のルーツも感じられ、始まる前から気分を上げてくれる。開演時刻ぴったりにスタートしたライブのオープニングは、陽気なインド風ポップチューン「ヘンなことがしたい!」だ。この曲は各会場でいろんな登場の仕方をしていたが、ファイナルでは自転車に乗って登場! いきなり会場を笑わせると、怒涛のコール&レスポンスで会場を一気に熱くする。続く「好きなものは好き!」でもみんなで声を出したり、同じ振りをして楽しんでいた。


参加型のコーナーで盛り上がったあとは、彼女の表現力を魅せつける。主人公の女の子が見えるようだった「半音階のレジスタンス」や傘を持っての「大好きになってよかった」。そしてラブソングに思いも詰め込んだ自身の作詞曲「わたしはわたしになりたい」では、両手でしっかりマイクを持って、言葉に決意を込めながら歌う。直後のMCでは「作詞が最近楽しくて、もっともっと詞を書いていきたいと思っています」と語っていた。

アコースティック編成になって、ノスタルジックなメロディが印象的な「いちばん最後の夏」を情感たっぷりに歌ったあとは、『マクロスΔ』から「God Bless You」「ルンがピカッと光ったら」を披露。「ルンピカッ」はカントリー調にアレンジされていて新鮮だったが、どんなアレンジになろうと鈴木みのりの力強い煽りと、それによるコール&レスポンスの大きさは凄まじかった。

「私はソロ活動を通していろんな夢を叶えさせてもらってます。大好きな坂本真綾さんに作詞してもらえたり、やなぎなぎさんや北川勝利さんに曲を提供してもらえたり、CLAMP先生の作品のEDテーマを歌うことができたり…。CLAMP先生に、何で小さい頃からの夢が叶ったんだと思う?と聞かれたとき、悩んだ中で、私は夢が叶わないと思ったことがなかったので、信じる力と夢をまっすぐ思う力があるから夢を叶えることができたんだと思いますと伝えたら、あなたらしい答えだねと言ってもらえました。これからも私は自分の好きを信じてまっすぐに歌っていきたい。そしてその先に自分がみなさんに何を伝えるのか、何を表現したいかというのを考えて、芝居も歌もやっていきたいです」と決意を伝えると、彼女が大好きだと伝えてきた人たちが携わった曲「astro traveler」「風は予告なく吹く」「Crosswalk」を歌っていく。


そしてライブは再び大きく盛り上がりへ。会場のキャットウォーク部分に瞬時に移動して、ステージ上方から「リワインド」を歌うと、「おセンチなメンタル」ではコミカルな動きを交えて会場を存分に楽しませる。「見る前に飛べ!」では何度も大きなジャンプを繰り出し、ソロデビュー曲「FEELING AROUND」は、TVアニメ『ラーメン大好き小泉さん』OPテーマでもあるので、即席カップめんをステージで作りつつ歌い、曲中のブレイクで突如タイマーが鳴り響きそれを食べる! しっかりと心に伝わる歌を歌ったかと思えば、メーターを振り切って楽しみまくる演出もある。このギャップが彼女の個性だろう。自分が憧れるアーティストをはっきり公言するのは、それなりに覚悟がいることだ。でも「わたしはわたしになりたい」というタイトル通り、彼女はちゃんと自分のなりたい自分を目指していると感じた。

「これからも心を動かして歌ったもの、お芝居したものをみなさんに届けられるように、いろんなことを経験して生きていきたいと思っています。私は私の人生で良かったと胸を張れる私でいたい」と伝え、本編ラストに歌ったのは「心が、青い。」。アウトロで「このメンバーがいなければ、私はこんなに歌えてない! 大好きなバンドメンバーを紹介します」とメンバー紹介をして、ライブを締めくくった。

アンコールは、全公演でカバー曲を披露してきたが、この日は坂本真綾の「誓い」。中学時代に出会い、その歌詞に救われたという曲を地元愛知県でどうしても歌いたかったと気持ちを吐露し、心をこめて歌い上げる。そして「歌うことが大好きで、私は今の私を確認するために歌を歌っています。今日でツアーは終わりますが、このツアーで新しい夢もできました。私はもっと大きなところで歌いたいです。武道館やアリーナに一人で立てるように何年かけても頑張っていきたい!」と言って、〈おおきな実りになれるよ〉と歌う「ちいさなみのり」で、会場がひとつになる。ファイナル公演のみとなったダブルアンコールでは、「もう一度誓いを立てるような気持ちで歌います」と「20才の約束」を歌い、彼女がこれまでリリースしたソロの楽曲をすべて歌い切った。


7月スタートのTVアニメ『手品先輩』のEDテーマを担当すること、そしてバースデイイベントの開催も決定したという嬉しいニュースの発表もあったファイナル公演。彼女がこれまで歌からもらってきたものを、今度は彼女が自分の歌で誰かに伝えていく、その第一歩となる素敵なツアーだった。

<セットリスト>
鈴木みのり1st LIVE TOUR 2019 ~見る前に飛べ!~
2019.4.14(sun) Zepp Nagoya

1. ヘンなことがしたい!
2. 好きなものは好き!
  〜MC〜
3. 半音階のレジスタンス
4. 大好きになってよかった
5. わたしはわたしになりたい
  〜MC〜
6. いちばん最後の夏
7. God Bless You(「マクロスΔ」より)
8. ルンがピカッと光ったら(「マクロスΔ」より)
  〜MC〜
9. astro traveler
10. 風は予告なく吹く(「マクロスΔ」より)
11. Crosswalk
12. リワインド
13. おセンチなメンタル
14. 見る前に飛べ!
15. FEELING AROUND
  〜MC〜
16. 心が、青い。
  〜Encore〜
17. 誓い (Cover Song)
  〜MC〜
18. ちいさなみのり
  〜Double Encore〜
19. 20才の約束


▲ PAGETOP