ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース東山奈央、下野紘、福圓美里が出演!福島県三春町のPRアニメ「愛姫MEGOHIME」がネット配信スタート

東山奈央、下野紘、福圓美里が出演!福島県三春町のPRアニメ「愛姫MEGOHIME」がネット配信スタート 2019年3月29日 18:00

3月29日18時より、福島県三春町のPRアニメーション「愛姫MEGOHIME」がネット配信をスタート。キャストには愛姫MEGOHIME役に東山奈央さん、政宗MASAMUNE役に下野紘さん、寧々役に福圓美里さん、秀吉HIDEYOSHI役に稲田徹さんのほか、斉藤佑圭さん、徳井青空さん、大橋歩夕さん、竹内想さん、遠藤広之さんらが参加している。

◆「愛姫MEGOHIME 再会の滝桜」動画
https://youtu.be/XzW4HUYDmYI

同作は政宗の正妻「愛姫」450年生誕を記念し、アニメーション制作会社・福島ガイナと福島県三春町が共同制作。約10分の短編作品であるが、キャラ原案・イメージボードには『新世紀エヴァンゲリオン』を代表作にもつ貞本義行氏。シナリオ・監督は『ガンダムSEED』を代表作にもつ福田己津央氏など、非常に豪華な制作スタッフが軒を連ねる作品となった。


“桜の舞う三春の地に、新たな戦乱が巻き起こる!“
三春町PRアニメーション『愛姫MEGOHIME』公開!
三春町とGAINA・福島GAINA は、2019年3月29日(金)18:00より、共同製作アニメ『愛姫MEGOHIME』のWeb配信を開始します。

【愛姫MEGOHIMEの世界】
舞台は、近未来20XX年の三春。現実と仮想が交差するGAME「IXA」。IXAでは、戦国武将を模した学習型プログラムAIによる国取合戦が行われていた。戦国武将を模したAIたちは、Cyber Physical Social System-AI(サイバー フィジカル ソーシャルシステムAI)通称CPSS-AIと呼ばれ、閉じられたサイバー空間の戦国の世を生き続けていた……。

高校生の主人公「田村愛(たむらあい)」は、独眼竜の名を駆る戦国武将「政宗MASAMUNE」を戦略パートナーに、CPSS-AIの「愛姫MEGOHIME」を操り、「IXA」東北エリア統一を目前としていた。

そのような中、「秀吉HIDEYOSHI」を戦略パートナーとする同級生のプレイヤー「寧々」の策謀により、愛は「政宗MASAMUNE」の片眼を奪われ、トップランカーから脱落してしまう。はたして愛は、片目を奪い返し、東北エリア統一を図ることができるのか!? 「愛」と「愛姫MEGOHIME」の想いが交差し、桜の舞う三春の地に、新たな戦乱が巻き起こる!


【製作スタッフ】
監督:福田己津央
監修:貞本義行
キャラクターデザイン:アラキマリ
作画監督:横田守
美術監督:栫ヒロツグ
音楽:ATOLS
アニメーションプロデューサー:高橋祐一
アソシエイトプロデューサー:古里尚丈
プロデューサー:浅尾芳宣

【キャスト】
東山奈央(愛姫MEGOHIME/田村愛役)
下野紘(政宗MASAMUNE役)
福圓美里(寧々役)
稲田徹(秀吉HIDEYOSHI役)
斉藤佑圭/徳井青空/大橋歩夕(寧々親衛隊役)
竹内想/遠藤広之(正宗の家来役)

【愛姫アニメーションの制作にあたって】
愛姫MEGOHIMEは、「愛姫(めごひめ)」をテーマにしたPRアニメーションです。三春出身の歴史上の人物である「愛姫」をたくさんの皆さんに広く知っていただき、三春町の魅力をPRしていくことが狙いです。

愛姫のアニメーションと聞いて誰もが、歴史上の「愛姫」の物語を想像していたことと思います。ですが、今回のアニメーションは、そのような予想を覆し、舞台は近未来の三春町。歴史上の戦国武将などの人物を電脳世界「IXA」のなかで生きるAIとして描いています。電脳世界で生きるAIとしての「MEGOHIME」は、自分の元となったオリジナルである戦国時代を生き抜いた「愛姫」に想いを募らせ、「愛姫」が、かつて愛した三春の地を知ることで、AIとして生きる意味を探そうとしています。本編アニメーションの物語の主人公「愛」も毎日繰り返される同じような日常から、なぜ、自分は生きているのか、自分が今なすべきことは何なのか、苦悩しながら生きる意味を探しています。

シナリオ・監督に「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」、「機動戦士ガンダムSEED」監督の福田己津央氏。キャラクター・ストーリー監修、そして、エンディングアニメーションは「新世紀エヴァンゲリオン」、「サマーウォーズ」等、キャラクターデザインの貞本義行氏。キャラクターデザインには新進のアラキマリ氏。音楽は、ボカロP、サウンドコンポーザーとして多岐に渡り活躍するATOLS氏を迎えて制作。スピーディーなアクションとサウンドの融合が見所の一つとなっています。また、三春の町の風景、ダム、滝桜などの名所を随所に盛り込んだ背景美術も本作の魅力です。

アニメーション本編自体は、短い時間ですが、皆さんにも「MEGOHIME」や「愛」と一緒に「愛姫」がどんな人物であったかを考えるきっかけになればと思っています。願わくば、皆さんにとって「愛姫MEGOHIME」が末永く、愛してもらえる存在になってもらえたら幸いです。


【アニメーション制作】
ガイナ
【企画】
三春町
【製作・著作】
三春町/ガイナ/福島ガイナ

©三春町/ガイナ・福島ガイナ


▲ PAGETOP