ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2019】逢坂良太、河森総監督ら登壇!「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」SPステージレポート到着!

【AnimeJapan 2019】逢坂良太、河森総監督ら登壇!「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」SPステージレポート到着! 2019年3月28日 21:05


3月23日(土)、24日(日)に東京ビックサイトで開催された日本最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2019』。24日(日)にROSE REDステージにて「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」のスペシャルステージが開催された。

このステージには、逢坂良太さん(エドガー・L・レオンハート役)、河森正治総監督、高橋正典監督、今泉潤さん(「誰ガ為のアルケミスト」原作、プロデューサー)が登壇。今回、ステージのオフィシャルレポートが到着したので紹介する。

◆「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」特報映像
https://youtu.be/ioxgOvl5zlI



■逢坂良太(エドガー・L・レオンハート役)登壇!!監督・スタッフが明かす、アフレコ秘話も!?「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」アニメジャパンスペシャルステージオフィシャルレポート

先日完成した特報映像が流れ、期待が高まる中、「誰ガ為のアルケミスト(以下、タガタメ)」原作者・ゲームプロデューサー の今泉潤さん、『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の高橋正典監督、エドガー・L・レオンハート役の逢坂良太さん、そして、河森正治総監督が順に登壇。

今泉Pは『タガタメ』について紹介し、「このゲームは物語や世界観にすごくこだわった作品で、ゲームのオープニングムービーを担当していただいた河森さんにぜひ映画化を、と依頼しました。

河森さんは本当に勉強家で、たとえば錬金術の話をするとどんどん深い話になっていって…そうやって一緒に作品を掘り下げていきました。」と語り、河森総監督は「ゲームのオープニングムービーを担当したため、最初の頃から関わらせていただいていました。映画化のお話を頂いた時、『タガタメ』の世界観が好きで、僕自身錬金術にも興味があったのでとても楽しみでした。ただ、ゲームのプレイ時間に比べると短い2時間に凝縮するのが課題でしたね。」と当時の想いを明かしました。

今回が初となる河森総監督とのタッグについて、高橋監督は「ゲームのストーリーがしっかりしていて、そこに河森さんの色を出せるようにしました。河森さんはどんどんアイディアが溢れてくる方なので、それを実際に画にするのが大変でしたが頑張りました」と話し、今泉Pは「高橋監督はバランサーですね。河森さんのアイディアが本当にすごい量なので大変だと思います(笑)」と製作についてコメント。

本作がゲーム本編ストーリーの数年後の設定になっていることについて、今泉Pは「河森さんは奇才であり、ご自身の作品でもTVアニメと映画でキャラクターを変えることもあると聞いており、河森さんがキャラクターやストーリーも自由に膨らませられるよう本編ストーリーから数年後という設定にしました。脚本については僕からも“こういうのはどうですか”とやりくりさせてもらって、一番良い形になったと思います。」と答え、河森総監督は「ゲームのダイジェストになるのは嫌だったので、ストーリーの本質をとらえつつ、2時間楽しませられるようにしました。ゲームをやっている方にも受け入れられるようにキャラを掘り下げていきましたね。」と本作へのこだわりを語りました。


ゲームでもおなじみのキャラクターたちが紹介されると、逢坂さんは「台本を頂いた時にエドガーがめちゃくちゃ喋っていて驚きました(笑)ゲームとは違う一面を見せるので、すごくやりがいがあったし、最終的に良い形で演じられました。」と明かし、エドガーと自身の共通点を尋ねられると、「僕はそこまで女好きじゃないです(笑)ただ、似ているとしたら譲れないところを持っていたり、自分の信念が強いところですかね。そこはエドガーの魅力だし、僕自身も少し持っています。」と回答。

今泉Pは「ゲームと映画で、エドガーらしいキャラクターの変わり方をしているんですけど、見事に演じ分けられていたので、逢坂さんは本当にプロだなって思いました。」と改めて逢坂さんのプロフェッショナルぶりに驚きをみせ、河森総監督は「エドガーは感情の起伏が表現しやすいんです。女好きでありながら、芯が強いところなど二面性も魅力的です。映画に映えるキャラだなと思いました。」とエドガーの魅力について語りました。

そして今回ストーリーに登場する「セツナ」と「ザイン」について、高橋監督は「タガタメでも人気の高いキャラで、映画の中でも活躍します。ゲームユーザーの皆さんにも楽しんでいただけると思います。」と語り、本作の主人公のカスミ(CV:水瀬いのり)について、「ゲームプレイしている人と初めてタガタメを見る人の間には情報量の差があるので、入りやすいようにカスミを主人公にしました。女子高生の成長物語を描くのに、バベル大陸は魅力的だったんです。」と河森総監督。

今泉Pからは「オッサンたちで女子高生を分析しましたね(笑)」と裏話も。カスミと行動を共にする謎の生物「パタ」について、「ストーリーは少し重苦しいシーンもあるので、それを和ませるように、異世界感を感じることができるように」とオリジナルキャラクターに込めた想いを明かしました。

河森総監督といえば“メカ”であることから、今回アレンジされた闇の魔人について、河森総監督は「4つ足のところとか造形が魅力でした。それがさらなる力を発揮したらとどうなるんだろうと、パワーアップさせました。」と嬉しそうに語り、ビジュアルが画面に映されると、「僕も男の子なので、見た時興奮しました。河森さんっぽいなって」と逢坂さん。

河森総監督は「僕の過去作品のTVアニメ『天空のエスカフローネ』も女子高生が異世界へ迷い込んでしまうのですが、それが21世紀になった今作ったらどうなるかな、と楽しみでもありました。」と明かしました。

今泉Pは「劇場へ来てくれたらビックリするような仕掛けを用意しています!ゲームを知らない方にも楽しんでいただけるように、みんなで頭を振り絞って作りました。ぜひゲームと映画をリンクさせたことで楽しめる特別な体験を味わって欲しいです。」と本作をアピールし、改めて製作陣の熱意を届けるイベントとなりました。



■「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」

6月14日(金)全国ロードショー!

【スタッフ】
総監督/ストーリー構成:河森正治
原作:今泉潤/FgG
監督:高橋正典
脚本:根元歳三
キャラクターデザイン:嘉手苅睦
サブキャラクターデザイン:戸谷賢都
作画監督:宮西多麻子、長坂寛治、大河内忍、福田啓太、田中亜優、堀内修、出野喜則、小園菜穂、芳賀亮、小橋陽介
美術設定:二エム・ヴィンセント、ロキャデリ・ロイック、ジェローム・ペリヤ
美術監督:古宮陽子、湖山真奈美
CGディレクター:原田丈
撮影監督:若林優(T2studio)
色彩設計:秋元由紀
編集:兼重涼子
企画・プロデュース:今泉潤
プロデューサー:木村将人、佐藤道明
制作プロデューサー:高野健一
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:AkiyoshiYasuda(★STARGUiTAR)
音楽制作:フライングドッグ
音楽プロデューサー:佐々木史朗、永原洋子
製作:株式会社FgG
制作:サテライト
配給:アスミック・エース
宣伝:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、ガイエ
宣伝協力:ファイズマンクリエイティブ

【キャスト】
永坂カスミ:水瀬いのり
エドガー・L・レオンハート:逢坂良太
降幡愛
花江夏樹、石川界人、堀江由衣
生天目仁美、内田雄馬、今井麻美、早見沙織、江口拓也
Lynn、福山潤


©2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight


誰ガ為のアルケミスト オフィシャルアートワークス

4048933701 誰ガ為のアルケミスト オリジナルサウンドトラック

B0798DQ9L2

▲ PAGETOP