ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2019】TVアニメ「さらざんまい」の放送直前イベントが開催! 村瀬歩、内山昂輝、堀江瞬がネタバレギリギリのトークを披露!?

【AnimeJapan 2019】TVアニメ「さらざんまい」の放送直前イベントが開催! 村瀬歩、内山昂輝、堀江瞬がネタバレギリギリのトークを披露!? 2019年3月25日 12:00

3月23日、24日に東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2019』。そのAJ"ROCK"ステージ ROSE REDステージで、24日にTVアニメ「さらざんまい」の特別イベントが開催された。

同作が2019年4月11日にフジテレビのノイタミナで公開されることを記念した本イベントでは、矢逆一稀(やさかかずき)役の村瀬歩さん、久慈悠(くじとおい)役の内山昂輝さん、陣内燕太(じんないそうた)役の堀江瞬さんが登壇。公開前ながらネタバレギリギリのトークを披露し、主人公たちがカッパに変化してしまうという、意味深な作品の魅力を余すところなく伝えてくれた。


●謎多き映像に観客は釘付け

TVアニメ「さらざんまい」は、「輪るピンクドラム」や「ユリ熊嵐」を手がける幾原邦彦監督の新作。浅草を舞台に、謎のカッパ型生命体“ケッピ”によってカッパに変身させられた中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人が、元の姿に戻ろうと奮闘する姿が描かれていく。

そんな本作のステージでは、「カッパになって最高!」という音楽に合わせて、村瀬さん、内山さん、堀江さんが登場してスタート。3人は登壇するやいなや、自らが演じるカッパのビジュアルがそれぞれ自分たちの顔にどこか似ている、と言って会場の笑いを誘う。

続けて、第1話のアバンタイトル(オープニングタイトルが流れる前に番組の内容をダイジェストで見せる映像)が初公開され、映像は綿密に描き込まれた浅草の風景やスカイツリータワーで観客を惹きつけたかと思いきや、突然「ア」と書かれた看板が空からいくつも落下してきて……という謎深まるシーンで終了。

謎の多いアバンであったが、すでにキャスト陣は最終回までアフレコを終えているらしく、村瀬さんらによれば“既にさまざまなネタバレやキーポイントが盛り込まれている”とのこと。作品を見るときはカッパたちの奮闘する姿はもちろん、どのように伏線が回収されていくのかにも注目しよう。

また、作品の舞台が浅草ということから、イベントでは“浅草観光クイズ”にキャストたちが挑戦。「雷門の左右両側に立っている像は何か(答え・風神雷神)」「浅草地下街は日本で一番○○な商店街。○に入るのは?(答え・一番“古い”商店街)」というクイズが出題され、1問目の答えを出した村瀬さんが勝利した。

そして、最後はオープニング・テーマであるKANA-BOONの『まっさら』、エンディング・テーマであるthe peggiesの『スタンドバイミー』がアニメ映像と共に流れ、「放送をぜひ楽しみにしていてください!」という言葉でステージは締めくくり。驚きが驚きを呼ぶTVアニメ「さらざんまい」は、フジテレビのノイタミナで4月11日24時55分から放送がスタートするほか、アニマックスほか各局でも放送される。

作品情報
【TVアニメ「さらざんまい」イントロダクション】

舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。
『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』
ケッピにそう告げられる3人。少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも何かが起ころうとしていた――。

【STAFF】
監督:幾原邦彦
チーフディレクター:武内宣之、シリーズ構成:幾原邦彦・内海照子
キャラクター原案:ミギー、キャラクターデザイン・総作画監督:石川佳代子
コンセプトデザイン:柴田勝紀、助監督:松嶌舞夢、美術監督:藤井綾香 スタジオPablo、色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:荻原猛夫、編集:黒澤雅之、音楽:橋本由香利、原作:イクニラッパー、制作:MAPPA/ラパントラック

【CAST】
矢逆一稀:村瀬 歩、久慈 悠:内山昂輝、陣内燕太:堀江 瞬、ケッピ:諏訪部順一、新星玲央:宮野真守、阿久津真武:細谷佳正、春河:釘宮理恵、久慈 誓:津田健次郎、陣内音寧:伊瀬茉莉也、吾妻サラ:帝子、ゾンビ:加藤 諒

【MUSIC】
オープニング・テーマ:KANA-BOON「まっさら」
エンディング・テーマ:the peggies「スタンドバイミー」

©イクニラッパー/シリコマンダーズ


▲ PAGETOP