ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース寺島惇太、五十嵐雅、永塚拓馬が登壇!「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II」初日舞台挨拶レポート!

寺島惇太、五十嵐雅、永塚拓馬が登壇!「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- II」初日舞台挨拶レポート! 2019年3月25日 13:55


3月23日(土)より公開中の劇場版「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-II カケル×ジョージ×ミナト」。本作の初日舞台挨拶がシネ・リーブル池袋にて開催された。

この舞台挨拶には、寺島惇太さん(一条シン役)、五十嵐雅さん(鷹梁ミナト役)、永塚拓馬さん(西園寺レオ役)が登壇。第2章について、思い思いの言葉で振り返った。今回、初日舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。



■劇場版「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-II カケル×ジョージ×ミナト」初日舞台挨拶オフィシャルレポート

本日、公開を迎えた「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-II カケル×ジョージ×ミナト」の初日舞台挨拶がシネ・リーブル池袋で行われた。

同イベントは「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-II カケル×ジョージ×ミナト」の公開を記念して行われた初日舞台挨拶だ。寺島惇太(一条シン役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役)、永塚拓馬(西園寺レオ役)が登壇。第2章について、思い思いの言葉で振り返った。

本作は、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指して様々な試練や困難に立ち向かっていくストーリー。劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(2016年1月9日公開)、劇場版「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」(2017年6月10日)に続く、KING OF PRISMシリーズの最新作であり、3月2日(土)に公開を迎えた「Iプロローグ×ユキノジョウ×タイガ」は、興収1億を超え、観客動員数は6万人を超える大ヒットを記録している(3月21日現在)。本日より公開となった「II カケル×ジョージ×ミナト」に続き、「III レオ×ユウ×アレク」、「IV ルヰ×シン×Unknown」と順次公開し、4月8日(月)からはシリーズ初のTVアニメ放送を控えている。

今月2日に公開となった「I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」から、わずか3週間という早さで第2章である本作「II カケル×ジョージ×ミナト」の公開を迎えた第2章について永塚は「それぞれのキャラクターにスタァの在り方を感じました。様々なスタァがいるんだなと改めて思う2章だと思います」とコメントを寄せた。


第2章にお当番回が含まれるミナト役の五十嵐は「本当に感謝感謝の回でした」と振り返る。また「(セリフの)掛け合いが面白くなってきました。いろんな芝居のスタイルがあって、こういう楽しみ方があるんだ、伝えられ方があるんだということを、みんなに教えてもらいました」と話し、得るものが大きかったとのこと。寺島もそんな五十嵐の姿に「いろんなミナトと五十嵐さんの姿が見えた」と口にした。

また、自由気ままに話す五十嵐から、“気持ちを代弁してよ”と寺島に無茶ぶりが…。寺島は、渋々といった表情を浮かべるも、「これまでミナトは謎が多いキャラということで、料理ができるので食事係という姿もありましたけど、なぜ彼がプリズムショーをやっているのか、家族はどういう構成なのか、どんな思いがあってエーデルローズにいるのかなどが明かされるかもしれないです。彼もただ穏やかでいいお兄さんなわけではなく、葛藤もありつつ、成長もありつつ、そういう気持ちを(五十嵐)雅がプリズムショーの曲にも込めましたので、歌詞にも注目していろんなことを感じ取ってい頂けたらと思います」としっかり代弁。五十嵐は、大興奮した様子で「すげー!」と歓声をあげ、会場からも拍手喝采。「言えない部分も言ってくれた!さすが惇ちゃん!勉強になりました」と頭をさげた。

舞台挨拶では現在、TikTokにアップされている「Shiny Seven Stars!」の振付動画についても語られた。寺島は「結構難しかった」と苦笑いを浮かべ、「僕たち頑張って覚えました」とコメント。五十嵐も「おじさん、大変だったよー」と笑うと、会場からも笑いがこぼれた。

寺島は最後に「これまで以上にキャラクターのことを好きになってくれたらと思います」とアピールし舞台挨拶は幕を閉じた。



■「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」

劇場編集版2019年3月2日(土)より全4章連続公開&4月8日(月)よりTVアニメ放送開始!
3月2日(土)~I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ(上映時間:70分)
3月23日(土)~II カケル×ジョージ×ミナト(上映時間:71分)
4月13日(土)~III レオ×ユウ×アレク(上映時間:71分)
5月4日(土)~IV ルヰ×シン×Unknown(上映時間:71分)

【TVアニメ放送情報】
テレビ東京:4月8日より毎週月曜25:35~
テレビ愛知:4月8日より毎週月曜25:35~
テレビ大阪:4月8日より毎週月曜26:05~
BSテレ東:4月10日より毎週水曜24:30~

【スタッフ】
監督:菱田正和
シリーズ構成:青葉譲
CGディレクター:乙部善弘
キャラクター原案:松浦麻衣
キャラクターデザイン:原将治
プリズムショー演出:京極尚彦
音楽:石塚玲依
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:長崎行男
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ
アニメーション制作:タツノコプロ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作:キングオブプリズムSSS製作委員会

【キャスト】
一条シン:寺島惇太
太刀花ユキノジョウ:斉藤壮馬
香賀美タイガ:畠中祐
十王院カケル:八代拓
鷹梁ミナト:五十嵐雅
西園寺レオ:永塚拓馬
涼野ユウ:内田雄馬
如月ルヰ:蒼井翔太
大和アレクサンダー:武内駿輔
高田馬場ジョージ:杉田智和
神浜コウジ:柿原徹也
速水ヒロ:前野智昭
仁科カヅキ:増田俊樹
氷室聖:関俊彦
黒川冷:森久保祥太郎
山田リョウ:浪川大輔
法月仁:三木眞一郎


<第4話・第5話・第6話ゲスト声優>
■第4話:十王院カケル回
メリナ:村上喜紀
十王院千(カケル母):高乃麗
十王院万太郎(カケル祖父):千葉繁
十王院京(カケル祖母):沢海陽子
児玉専務:森田順平
リヴィングストン:乃村健次
十王院カズオ(幼少期・6歳):大地葉

■第5話:高田馬場ジョージ回
津山ミヨ:佐藤あずさ

■第6話:鷹梁ミナト回
鷹梁海(ミナト母):安藤麻吹
鷹梁洋(ミナト父):星野充昭
鷹梁翼(ミナト妹・長女):南條愛乃
鷹梁潮(ミナト弟・次男):小林千晃
鷹梁舷(ミナト弟・三男):一木千洋
鷹梁渚(ミナト妹・次女):林鼓子
五十嶋波助(ミナト祖父):茶風林
五十嶋舟子(ミナト祖母):寺内よりえ



<II カケル×ジョージ×ミナトストーリー>
十王院カケルは、シュワルツローズ総帥・法月仁の息が掛かる真田常務の策略により、窮地に追い込まれていた。報道番組では、カケルの十王院ホールディングスでの専務取締役解任が伝えられ、シンやユキノジョウ、ミナトらエーデルローズのメンバーはカケルの行く末を心配していた。
カケルの心配をする中で、シンがふとある言葉を口にした。「そういえば、カケルさんは本当はカズオさんなのにどうして『カケル』さんていうんですか?」
カズオ(一男)が“カケル”としてプリズムスタァを志した理由が明かされる…。
※本作は、TV版第4話~第6話の劇場編集版となります。
劇場版では、TV放送では放映しない特別映像を週替わりで上映いたします。


©T-ARTS/ synSophia / エイベックス・ピクチャーズ/ タツノコプロ/ キングオブプリズムSSS製作委員会


KING OF PRISM ROSE PARTY 2018 Blu-ray Disc

B07DLLRCCZ KING OF PRISM ROSE PARTY 2018 DVD

B07DLF8DB4

▲ PAGETOP