ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース浪川大輔、小野大輔が登壇の劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」Episode 6 舞台挨拶レポート!

浪川大輔、小野大輔が登壇の劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」Episode 6 舞台挨拶レポート! 2018年12月27日 18:00


2018年7月より6か月連続で公開される劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」。12月1日(土)シネマサンシャイン池袋にて、劇場アニメーション第作6作目・Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」の舞台挨拶付き上映会が行われ、上映終了後にキャスト登壇による舞台挨拶が行われた。

上映終了後には、伊佐那社(シロ)役の浪川大輔さん、夜刀神狗朗(クロ)役の小野大輔さん登壇による舞台挨拶が行われた。今回、このイベントのオフィシャルレポートが到着したので紹介する。



■劇場アニメーションK SEVEN STORIES Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」舞台挨拶オフィシャルレポート

2018年7月より6か月連続で順次公開中の、人気アニメ作品「K」シリーズの新作となる劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」。12月1日(土)シネマサンシャイン池袋にて、その第6作目で最終章となるとなるEpisode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」の舞台挨拶付き上映会が行われ、上映終了後にキャスト登壇による舞台挨拶が行われた。

上映が終わり、伊佐那社(シロ)役の浪川大輔さん、夜刀神狗朗(クロ) 役の小野大輔さんが登場すると客席からは大きな歓声と拍手が贈られた。

お互いのキャラクターについて、小野さんはシロが自然体でありつつ《王》の素質を感じるような相反するところが魅力と挙げ、浪川さんはクロのブレないところやそばにいてくれる絶妙な距離感を気持ちがいいと語った。

印象的なシーンでは、とあるシーンで登場人物たちがひしめき合う日常空間とその違和感について挙げました。また、TVアニメ放送前の2012年8月にお二人が共演した「K」制作発表会のお話や、当時のアフレコの様子などお二人だからこそできる長い歴史を振り返る。

「Circle Vision ~Nameless Song~」の枠を飛び越え、楽しくトークが弾む中、K SEVEN STORIES舞台挨拶で恒例となった、お客さんを巻き込んだコールのコーナーへ!今回は、お客さんがお二人演じるキャラクターであるシロとクロと一緒に朝食の食卓を囲むシーン。みんなで「いただきます!」と応えた。

最後にお二人より、今後公開を楽しみにしているKファンへメッセージが贈られ、舞台挨拶は幕を閉じた。


一言でいうと「K」に関わっていて僕はずっと幸せでした。そしてずっと今も幸せです。
TVシリーズが終わって、ああこれでもうクロとしてシロに仕えることもなくなるのかなと思っていたら今回の劇場6作品とザ・アイドルKがありました。僕らにとっての幸せっていうのは、やっぱり役でいられることだと思っています。まさかここまでずっとクロでいられると思わなかったですし、僕の主が浪川さん、シロで本当によかったと思っています。
この劇中ではすごく前向きなメッセージが込められていたと思うんです。この先「K」の世界がもっともっと続いていくように、みなさんが忘れなければ「K」はずっとそこに、僕らのそばにあると思っています。
これからもずっと僕はクロとして、シロに仕えていきたいと思います。
本日は本当にありがとうございました。(小野)

これで完結、という風には思いたくないなというのが正直なところです。前回の劇場の僕の出番は1分くらいでした(笑)それでも劇場が成り立つっていうことが本当に「K」の強さだなと思います。
なによりもみなさんがこうやって応援をしてくれること、大切な時間を割いてくれるということが本当に僕たちは嬉しくてそれでがんばれるというところもあります。
小野君を筆頭に他の役者さんやスタッフのみなさんに僕は支えられて、とても大切で思い入れのある作品でもありますので、新たな展開があるように僕は祈っていますし、ぜひこれからも「K」という作品をずっとみなさんの心にとどめていただけたらと思います。(浪川)

TVシリーズ第2期「K RETURN OF KINGS」から続く物語である本作は、これまでノベライズやコミカライズもされていない完全新作。「K」シリーズのカーテンコール的な位置づけであり、これまでの作品を知っているファンにとっては感無量だろう。12月28日の公開最終日まで残りわずかとなったが最後にもう一度ぜひ劇場に足を運んで観てほしい。



■劇場版アニメ「K SEVEN STORIES」

【公開情報】
2018年7月7日(土) Episode 1「R:B ~BLAZE~」
2018年8月4日(土) Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」
2018年9月1日(土) Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」
2018年10月6日(土) Episode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」
2018年11月3日(土) Episode 5「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」
2018年12月1日(土) Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

【メインスタッフ】
原作:GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成・脚本:GoRA
音楽:遠藤幹雄
主題歌:angela
アニメーション制作:GoHands
製作:k-7project

【Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」メインキャスト】
伊佐那社:浪川大輔
夜刀神狗朗:小野大輔
ネコ:小松未可子
謎の少年(プレケス):村瀬歩


<イントロダクション>
解けるキズナ、そして…。
2012年にテレビアニメ第1期「K」、2014年に劇場版「K MISSING KINGS」、2015年にテレビアニメ第2期「K RETURN OF KINGS」が放送された、オリジナルアニメーション「K」シリーズ。
独特の世界観、繊細で華麗なビジュアル、洗練されたアクション、個性豊かなキャラクターたちとその関係性、緻密でありながらも大胆に組み上げられたストーリーなどあらゆる要素が組み合わさった本作は今なお多くのファンを魅了し続けてやまない。
そして2018年…「K」の濃密なクロニクルを描く7つの物語がついに幕を開ける……「劇場アニメーション K SEVEN STORIES」、2018年7月より全国劇場にて順次公開。


<Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」あらすじ>
それは、ささやかな祈りがもたらした光景だった。 アドルフ・K・ヴァイスマンは愛する人々と食卓を囲み、八田美咲は仲間達と燃え立つような日々を過ごし、淡島世理は自身に課せられた任務に迷いなく精励し、五條スクナは眩い夢を追って戦場を駆ける。天空に浮かぶ、五本の《ダモクレスの剣》の下で。なにもかもが、いつか来た道。あるいは、どこにもなかった場所――。 全ては、ささやかな祈りがもたらした、哀惜の光景だった。


©GoRA・GoHands/k-7project


【Amazon.co.jp限定】劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」ED主題歌集(Blu-ray Disc付)(オリジナルブロマイド(アニメ場面写使用)付)

B07JWL952S 劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」ED主題歌集(Blu-ray Disc付)

B07J3KHJ23 K SEVEN STORIES Blu-ray BOX SIDE:ONE【期間限定版】

B07KMLGTKD 【Amazon.co.jp限定】K SEVEN STORIES Blu-ray BOX SIDE:ONE【期間限定版】(オリジナルトートバッグ+デカジャケ付)

B07L1175RS K SEVEN STORIES DVD BOX SIDE:ONE【期間限定版】

B07KMKY6WR 【Amazon.co.jp限定】K SEVEN STORIES DVD BOX SIDE:ONE【期間限定版】(オリジナルトートバッグ+デカジャケ付)

B07KZZD12R

▲ PAGETOP