ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース江口拓也、古川慎、佐藤拓也、前野智昭よりインタビュー到着!ドラマCD「A’s×Darling」

江口拓也、古川慎、佐藤拓也、前野智昭よりインタビュー到着!ドラマCD「A’s×Darling」 2018年11月30日 18:10

オリジナルシチュエーションCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」より【“3”にまつわる節目を乗り越える恋物語】「A’s×Darling(アズ ダーリン)」が11月28日(水)より5ヶ月連続リリースとなる。

シリーズ第1弾のドラマCD「A’s×Darling」には、江口拓也さん(犬塚太一役)、古川慎さん(猫谷千草役)、佐藤拓也さん(七海羽鳥役)、前野智昭さん(森山志狼役)が出演。今回、キャストのみなさんよりコメントが到着したので紹介する。

なお、「A’s×Darling」シリーズ主題歌でSHOJIさんが歌う『Kiss Kiss Kiss』が、配信シングルとして11月28日(水)より各配信サイトにてリリース中だ。CDを上回るデータ量で高音質を誇る「ハイレゾ」音源も配信されているので、合わせてチェックしよう!



■キャストインタビュー

<質問>
Q1:収録を終えてのご感想をお願いいたします。
Q2:演じられたキャラクターはどんな人物ですか? 印象、魅力についてお聞かせください。(キャラクターに似ていた部分等もありましたら、併せてお聞かせください)
Q3:太一はアウトドア派ですが、ずばり!皆様はどちら派ですか?
(A.アウトドアの場合…最近外で「はしゃいだなー!」という出来事等が御座いましたらお聞かせください。/B.インドアの場合…家でなにをしているときが一番落ち着きますか?)
Q4:千草はバンドでボーカルを担当しておりますが、もし今回の出演者4人でバンドを組む場合誰がどのパートを担当していそうですか?
Q5:羽鳥はプロデュースすることも得意という設定ですが、もし皆様がモデルとして誰かをプロデュースするとしたら何方が良いですか?
Q6:志狼は料理が得意ですが、最近自炊をしましたか?また、もし女性に料理を作ってもらえるなら何が良いですか?
Q7:最後にファンの皆様へコメントをお願いいたします。


●江口拓也さん(犬塚太一役)

A1:楽しかったですね!犬塚さんは非常に元気なキャラクターで、会話のテンポ感や明るい感じをどれだけ出せるだろうかと考えながら演じさせて頂いたので、そのあたりが上手く出ていたら嬉しいなと思います!

A2:とにかく明るくて、ピュア!会話や感情が忙しないのもあるんですけど、一度レールに乗ったら止まらないようなところもあるので、感覚として結構女子キャラのポジションだなと思うシーンもありましたね。考えるよりも感じる!自分が喋りたいことを喋る!というのは僕自身あまりしないので、演じていても新鮮だなと思いました。
食べ物が熱いうちに食べるのは似てます!(笑) あれは僕もよくやってしまうので、大変共感しましたね!

A3:インドアです!暗いのが好きで、家にいても真っ暗に近い暗さにしていることが多いんです。その状態で音楽を流して、酒を飲むっていうことをしてますね……。瞑想みたいな時間があります(笑)。

A4:前野さんがボーカル、古川くんがギター、佐藤さんがベース、僕がドラム!
ドラムはやってみたいんですよね。一番楽器の中でも出来そう!あとはタンバリンとかなら出来る……かも(笑)。とはいってもプロの方から見たら全然出来てないとは思うんですが、細かな動きが難しいなと思うので、比較的簡単な叩く!ということをやってみたいですね。

A5:出来ないよ!(笑) モデルって難しいですよね。人に刺さるものを選ぶって大変ですし、僕はただ自分が好きなものを着てますが、そこにウケは狙わないというか……。ギリギリ女性ウケするかしないかの部分を見極めるのは好きですけど、かといって万人に受けようっていうスタイルは目指していないので、そこはプロデュースできないかな……。プロデュースって明確な意図をもってやれる人じゃないとダメなのかなって…………(間)……全員ですね。(ドヤ)……全員(笑)。

A6:引っ越してから台所が綺麗になりまして……。今までの人生、台所って荷物置き場に使ってたんですね。なので、そこが急に空いたこともあって、たまにカレーを作ってます。女性に料理を作ってもらえるとしたら……、カレーですかね……(笑)。

A7:今回はシチュエーションCDに先駆けて4人の関係性、キャラクター性を見て頂けるドラマCDだったんですけども、今後彼女と二人きりになったときにどんな表情になるのか、新しい一面が見れちゃったりするのだろうか!と僕も非常に楽しみにしておりますし、男だけでは見せない顔を皆さんにも是非とも楽しみにして頂ければと思います!これからも応援のほど、よろしくお願いします!



●古川慎さん(猫谷千草役)

A1:猫谷くんのちくちく刺すような呟きだったり、時折見せる可愛らしい部分があるキャラクターを演じてみたかったのですごく楽しかったし、いいキャラクターだなと思って演じさせて頂きました。全体的にもテンポ感が良い収録だったと思いますし、江口さんとやらせて頂いた掛け合いから、わちゃわちゃとした中で会話の機微が出る部分など色々なシーンがあったので、また是非4人で掛け合いが出来るような収録の機会があれば嬉しいなと思ってます!

A2:猫谷くんは蝶のように舞い、蜂のように刺す人だと僕は思ってます(笑)。ふわふわとしつつも、ざくっと一発食らわせる感じとかいいですよね。今回はキャラごとに動物がモチーフになっているのですが、設定通り猫っぽいところもたくさんあって、ちょっとプライドが高くてわがままなところや、意外と人恋しくなったりツンデレ気質なところはすごく魅力的だなと思いました。あれだけ辛辣なことを言っても付き合ってくれる3人がいるっていうところが、彼の魅力を裏付ける1つの要素になっているんじゃないかなとも思います。素直じゃないけど、根は結構可愛い子だなと。
似ているところはあんまりないですねー……!うーん、部屋がそんなに綺麗じゃないところは似ているかもしれません(笑)。

A3:基本的にはインドアなんですけど、最近アウトドアじゃないかなって思い出しまして……。家でじっとしているのも嫌いじゃないんですけど、どうしてもじっとしていると反動でどこかに行きたくなるんです。ただ、アウトドアといってもスポーツをするわけでもなくて、散歩をするんですよね。空き時間に神社に行くんです。神社に行って疲れたら適当な喫茶店に入ってぼーっとするっていう……。シニア寄りのアウトドアって感じですかね!(笑)

A4:前野さんがボーカル、佐藤さんがボーカル、江口さんがボーカル。……で、僕がDJ兼ボーカルです(笑)。バンドっていってますけど実はフェイクで、僕が歌いながらDJをやってて、3人には素敵にパフォーマンスをして頂いて、残りの楽器は有志の方に集まっていただく感じで……。せっかくこれだけ歌手活動をされている方が揃っているんですから、僕は出来ないです。後ろで皿を回させてください(笑)。

A5:モデルはモデルでも、僕はプラ「モデル」をプロデュースしたいですね!(笑) その人が乗ってそうな乗り物とか、クルーザー乗ってそうですよね!っていう感じで。是非おすすめしたいです!

A6:最近自炊しました!久しぶりにパスタを茹でましたね。お茶漬けの素をかけて食べました。結構美味しくて、軽々できるやつです。それ以外は気力がなくて出来ません(笑)。家に帰ると自堕落になってしまって、自炊って難しいんだなと思ってます……。
女性に作ってもらえるとしたら、カルボナーラを作ってほしいですね!(笑) お茶漬けの素をかけただけではなく、ちゃんと手が込んだお料理を食べたいです!

A7:このシリーズの題材として「3」に関わる時期を乗り越えられるかという部分があると思うんですが、どういう風に彼らがその時期を乗り越えていくのか僕自身とても興味がありますし、千草くんはドラマ本編でも彼女とのやり取りが衝撃的だったので(笑)、それぞれ4人のお相手がどんな子なのかも気になってます。是非そこは皆さんにもCDシリーズを買っていただいて、確かめて頂ければ嬉しいです。引き続き応援のほど、よろしくお願いします!



●佐藤拓也さん(七海羽鳥役)

A1:登場キャラクターたちがモデルのお仕事をやりつつも学生さんということで、こういったシチュエーションCDの設定は初めてでしたね。仕事と学業を兼ねているので、普段はどんなスタンスで生活しているのかなと想像しながら演じさせて頂きました。
中でも羽鳥くんはプロデュースをしたり、すごくアクティブでアグレッシブな子なんですが、だからといって周りの仲間たちへの目線をかえることはなくて、良いやつだなとシナリオを読んで感じました。こういう子がいたら心強いだろうなと思います。共演者の皆さんも年が近いですし、居心地もとても良いですね!

A2:ペンギン系男子というのが自分の中にストックが無くて……!(笑) 羽鳥くんのイラストを見たときはクールな印象があったので、メリハリが出るように仕事は仕事、ときっちりしているタイプかなと思ったのですが、仕事をビジネスにし過ぎているわけではなく、仲間たちとチームを組んで一緒に頑張っていく、というくらいでいいのかなと思い直して演じさせて頂きました。
仕事をしているときと、太一くんと千草くんとは違う志狼くんとの一個深いところでのオンオフのようなものが演じていて非常に楽しかったです。友達っていいなって思わせてくれるような作品だったと思います。
僕は好きになっちゃうとすぐ懐いてしまうのですが(笑)、「この人好きだな、仲良くなりたいな」となった時の距離感というか、いい意味で気を遣わない感じは羽鳥くんに共感しましたね。

A3:アウトドア派に憧れるインドア派ですね……(笑)。だからバーベキューセットとか道具は買うんですが、綺麗なまま物置にある感じです。家で落ち着くというか、至福だな、でも背徳感あるなって思うのは、てっぺんまわるまで飲んで買うはずのなかったアイスを買っちゃったときかな!(笑)

A4:みんな歌上手だからなぁ……。でもここは設定を守って、千草役の古川くんがボーカル!江口くんはドラム。彼ぐらい身長がある人がドラムをやってくれてるとすごく頼れますね。前野さんはギターかな。俺ベース!ビキビキやってる(笑)。実際に僕はベーシストに憧れてましたね。低音の響きが色っぽくて素敵だなと。ベースがかっこいい音楽は良いですよね!

A5:そうだなー!モデルとしてではなく、僕からは「焼肉」をプロデュースしましょう(笑)。
古川くんはカルビ、江口くんはロース、前野さんはタン。僕はね、……ハラミ(笑)。

A6:最近だとキーマカレーを作りましたね。隠し味にちょっとだけインスタントコーヒーをいれたりしました。女性に作ってもらえるとしたら、生姜焼き定食!といっても、生姜焼きにあう味噌汁がポイントで、そこで「豚汁」をもってきてもらいたいんですね。そのセンス!罪深い!って思っちゃう。こんにゃくと根菜がガッと入っている中に、豚肉も入っているという……。特別感もありますし、おかわりしちゃいますね!(笑)

A7:今回の「A’s×Darling」では、彼らには彼女がいるところからのスタートということで、意外と群像劇では珍しく、斬新だなと。そのスタートからどんな風にお話が展開していくのかとても興味深いなと思っております。どんな結末が待っていて、その先にどんな彼らの成長があるのかというのも、是非皆さんと一緒に見届けられたらと思っておりますので、長いお付き合いになれたら嬉しいです。よろしくお願いします!



●前野智昭さん(森山志狼役)

A1:志狼くんは面倒見がいいし、大人の余裕という部分も持ち合わせているキャラクターだったので、4人の中では一番色々なところを俯瞰で見られるということもあって、すごく楽しかったですね。 わちゃわちゃしているみんなの様子を見守りつつ、羽鳥くんと二人で話すシーンは心を許している雰囲気があって、一番身近に感じられるキャラクターだなとも思いながら演じさせて頂きました。 演じていても楽しかったですし、まぁ志狼くんなら3年続くよな!という感じの男性ですよね!こんなしっかりした20歳いたら凄いですよ。付き合いたいなって思うくらいの完成度でした(笑)。

A2:大人の魅力はもちろん、バイクのケツに彼女を乗せられるという……!僕もバイクの免許は取りましたが二人乗りはしなかったので、志狼くんで出来て嬉しかったです(笑)。キャラクターで願望を叶えることが出来ました!また、志狼くんは舞台でも活動していて、その活動も楽しいと言っていたことにすごく親近感を抱きました。僕の中で好感度も爆上がりでしたね!(笑)
バイクの免許を持っているところと、志狼くん程パパッとは作れませんが僕も料理が好きなので、そういうところは似ている部分でもあり、共感できました!

A3:どちらかというとインドア派ですね。家で野球観戦しているときが一番落ち着きます。あと、インドアなのかアウトドアなのか微妙なところなんですが、車を運転しているときも落ち着きます。仕事の移動はもちろん、ドライブするのが好きですね。

A4:僕はボーカルやりません(笑)。そういうのは江口くんがやると思いますね!一番背高いし。佐藤さんがドラム、古川くんはベースっぽいかなぁ。僕は何やろう……。あんまり無いやつをやってみたいですが、バランスを見てギターかな。とはいっても誰がボーカルをやってもおかしくないメンバーですよね!

A5:僕自身あまりこだわりがないので、逆に僕をプロデュースしてほしいですね……(笑)。特に江口くんとかおしゃれさんですので、是非江口くんにお願いしたいです!

A6:自炊はよくしますね。(Q.2参照)もし作っていただけるなら、何でもいいですよ!作って頂ければ全部美味しく頂きますし。あとは、僕はあまり家でお米を炊かないんですが、自分ではやらないからこそ、釜飯とか作って頂けたら嬉しいですね。

A7:個性的な4人が織りなすお話の中で、彼らの友情が見え隠れするシーンがたくさんありますし、今後は個人に焦点を当てた作品もリリース予定ということなので、僕も楽しみにしています。
まずは4人の関係性をドラマCDでお聴き頂いて、皆さんにも今後の展開を楽しみにして頂けたら嬉しいなと思います。今後も「A’s×Darling」の応援を何卒宜しくお願い致します!



■「A’s×Darling」シリーズ第1弾 ドラマCD「A’s×Darling」

【発売日】2018年11月28日(水)好評発売中!
【価格】3,000円(税抜)
【品番】XFCD-0076
【スタッフ】キャラクターデザイン:秋鹿ユギリ、シナリオ:関涼子、主題歌:『Kiss Kiss Kiss』歌:SHOJI
【発売元】ティームエンタテインメント

【キャスト】
犬塚太一:江口拓也
猫谷千草:古川慎
七海羽鳥:佐藤拓也
森山志狼:前野智昭

【トラックリスト】
Scene 1:四人で一緒にお仕事です!
Scene 2:ねえ、最近どんなかんじ?
Scene 3:いつもと同じ朝、だったはずなのに
Scene 4:腐れ縁ってこういうこと?
Scene 5:そういうとこ、ほんと、敵わない
Scene 6:これが、オレたちです!
Scene 7:Kiss Kiss Kiss(short ver.)/歌:SHOJI


<Story>
人気モデルで、仲のいい四人――太一、千草、羽鳥、志狼。
彼らは大学に通いながら、仕事に、恋に、忙しくも順風満帆な日々を過ごしていた。

毎日が楽しくて、なにより、キミのことが大好き!
なのに……どうして時々不安になっちゃうんだろ?

「3のつく時期は恋愛の節目、ってよく言うよね」

3日、3週間、3ヶ月、3年――。
彼らの前に立ちはだかる、目には見えない「3」のハードル。

だけど俺は、絶対に乗り越えたいんだ。
キミと、一緒に。


©MintLip


ドラマCD A's×Darling

B07GVXHQKR A's×Darling TYPE.1 犬塚太一

B07GW2ZW7Z A's×Darling TYPE.2 猫谷千草

B07GVZLS7H A's×Darling TYPE.3 七海羽鳥

B07GW2T3WD A's×Darling TYPE.4 森山志狼

B07GVXHSZS

▲ PAGETOP