ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース梶裕貴、小林由美子、立花慎之介が登壇!劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇公開記念舞台挨拶レポート!

梶裕貴、小林由美子、立花慎之介が登壇!劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇公開記念舞台挨拶レポート! 2018年11月27日 12:20


11月17日(土)より公開中の劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇~友命~。監督にはきみやしげるさん、シリーズ構成には「Re:ゼロから始める異世界生活」で脚本を手掛けた梅原英司さん、アニメーション制作は「刀語」「シュタインズ・ゲート」で丁寧な作品作りを見せるWHITE FOXが担当している。

この度、後篇~友命~の公開を記念し、11月25日(日)に新宿バルト9にて舞台挨拶が開催された。舞台挨拶には、梶裕貴さん(市村鉄之助〈青年期〉役)、小林由美子さん(市村鉄之助〈少年期〉役)、立花慎之介さん(大和屋鈴役)が登壇。今回、この舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。



■劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇~友命~公開記念舞台挨拶オフィシャルレポート

絶賛公開中の劇場アニメ『PEACE MAKER 鐵』後篇~友命~。

公開2週目となる11月25日(日)に、東京・新宿バルト9にて公開記念舞台挨拶が開催され、メインキャラクターを演じる、梶裕貴さん(市村鉄之助〈青年期〉役)、小林由美子さん(市村鉄之助〈少年期〉役)、立花慎之介さん(大和屋鈴役)ら豪華キャスト陣が登壇し、トークショーを行った。

本編の上映が終了すると、会場より大きな拍手が贈られ、仲間との厳しい運命を描くエピソードに涙を浮かべる観客の姿もあった。その後、大きな拍手と歓声に包まれ、本日のゲストが登場した。


早速、トークショーがスタートし、まずはキャスト陣それぞれに後篇の公開について感想を伺うことに。

ドラマCDより本作に参加し、主人公の鉄之助(青年期)を演じる梶さんは、「『PEACE MAKER 鐵』に関わることができ、とても嬉しい気持ちです。今後の彼らの進むべき道を考えると、一筋縄ではいかない運命に心が苦しくなります。」と作品への想いを語った。

続いて、15年前に放送されたTVシリーズより少年期の鉄之助を演じている小林さんは、「こうして公開を迎えることができ、感無量です。TVシリーズから長い年月を経て、また彼らに劇場で会えたことが、とても嬉しいです。」と公開の喜びを伝えた。

また、その鉄之助を憎んでいる鈴を演じる立花さんは、「劇場版後篇では、鈴の出番が増えているので、役者としては嬉しいのですが、鈴が出てくると、色々な感情や思念が出てきて、物語を複雑にしていきます。」とコメントした。


また、本作でのキャラクターの見どころを尋ねると、梶さんは「全てのシーンに心を込めていますが、やはり、サブタイトルの“友命”にある通り、山崎烝との別れのシーンが印象に残っています。完成した映像を見て非常に辛く感じましたが、青年期の鉄之助として烝との別れを演じられたことは、とても幸せに思います。」と想いを語った。

小林さんは、「TVシリーズの時も印象深かった烝との屋根の上での回想シーンを今回、再び演じさせて頂きました。始めは、過去のシーンそのままの雰囲気で演じようかと思っていたのですが、烝が最後に思い出してくれるシーンなので、彼に近い距離感を意識して演じました。大好きなシーンをもう一度、違う角度で演じられたことがとても嬉しかったです。」と感慨深げに語った。

また、立花さんは、「今回は、今の鈴と、鈴が鉄之助や沙夜と友達だった頃を思い出す一瞬の狭間のシーンを演じることができました。そのシーンは演じる際に意識したところです。」と見どころを語った上で、「鈴は、過去の出来事でのすれ違いから、鉄之助を苦しめるために生きていますが、新選組も自分の仲間を守るため、正義のためにお互いの命を奪う存在なのだなと、今回の後篇を見てより強く感じました。」と作品全体の印象を語った。


キャスト陣よりたっぷりと作品の魅力が語られた後、最後にファンへの感謝のメッセージが贈られた。

梶さん「ドラマCDシリーズから参加させて頂き、こうして劇場版アニメとして成長した鉄之助を演じることができて、とても嬉しく思っています。彼にとって大切な人物である烝との別れのシーンを演じられ、彼から「ありがとうな」という言葉を聞けたことを光栄に思っています。鉄之助として、最後まで彼らと一緒に歩んでいきたいと思います。」

小林さん「再び同じ作品で、しかも劇場版で演じられることができたのは、ずっと応援して頂いた皆様のおかげだと感じています。原作も続いていますし、まだまだ展開もしていくと思いますので、今後も応援を宜しくお願いいたします。」

立花さん「劇場版の前後篇でひとつの幕を閉じましたが、まだ原作は続いていて、鈴としては、今後の物語が大きな転機となっていきます。これからも応援して頂ければ、この先の続きも見られるのではないかと楽しみにしています。」

劇場アニメ『PEACE MAKER 鐵』後篇~友命~は、絶賛公開中!

公開3週目は、新規録り下ろしオリジナルドラマCD2種類がランダムでプレゼントとなる。また、11月28日(水)には、前篇~想道~のBlu-ray&DVDと、オリジナルサウンドトラックCDがいよいよ発売。後篇の物語とあわせて、ぜひご注目ください!



■Blu-ray&DVD「PEACE MAKER 鐵」前篇~想道~

【発売日】2018年11月28日(水)
【価格/品番】
Blu-ray:8,500円(税抜)/MFXC-0028
DVD:7,500円(税抜)/MFBC-0079
【発売元】株式会社フロンティアワークス
【販売元】株式会社KADOKAWA



■劇場アニメ「PEACE MAKER 鐵」後篇~友命~

2018年11月17日より大ヒット上映中!

【スタッフ】
原作:黒乃奈々絵(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミックサイト「MAGCOMI」)
監督:きみやしげる
脚本:梅原英司
キャラクターデザイン・総作画監督:小磯沙矢香
セットデザイン:岩畑剛一
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:佐藤光洋
編集:後藤正浩
音響監督:亀山俊樹
アニメーション制作:WHITE FOX
配給:ショウゲート
特別協力:京都市

【キャスト】
市村鉄之助(青年期):梶裕貴
市村鉄之助(少年期):小林由美子
土方歳三:中田譲治
沖田総司:斎賀みつき
山崎烝:櫻井孝宏
市村辰之助:うえだゆうじ
永倉新八:山口勝平
原田左之助:乃村健次
斉藤一:松山鷹志
島田魁:岩崎征実
近藤勇:土師孝也
沙夜:高橋美佳子
大和屋鈴:立花慎之介
山崎歩:永島由子


<後篇ストーリー>
慶応四年――幕府軍と薩摩軍の争い“鳥羽伏見の戦い”が始まった。土方は前線で指揮を執り、山崎は隊医として負傷者の救護にあたる。しかし圧倒的に不利な銃撃戦、淀城の薩摩への寝返りと、苦戦する新撰組は次第に追い詰められていく。 一方で、思いを寄せる少女・沙夜を身請けするため奔走していた鉄之助は、隊を離れたまま幕府軍大敗の知らせを聞く。自分は何のために新撰組に入ったのか――屯所へ来て間もない頃、山崎と交わした会話を思い出した鉄之助は、もう一度刀を手に、隊へと戻る決意をするが……抗うことの出来ない運命の戦いが幕を開ける。


©黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会


劇場版「 PEACE MAKER 鐵 」前篇 想道~ オモウミチ ~(イベントチケット優先販売申し込み券付) [Blu-ray]

B07FK3JZ62 劇場版「 PEACE MAKER 鐵 」前篇 想道~ オモウミチ ~(イベントチケット優先販売申し込み券付) [DVD]

B07FK3RYMP 【Amazon.co.jp限定】 劇場版「 PEACE MAKER 鐵 」前篇 想道~ オモウミチ ~(「原作・黒乃奈々絵描き下ろしイラスト使用B2布ポスター+ペーパー」付 )(イベントチケット優先販売申し込み券付) [Blu-ray]

B07FK424XJ 【Amazon.co.jp限定】 劇場版「 PEACE MAKER 鐵 」前篇 想道~ オモウミチ ~(「原作・黒乃奈々絵描き下ろしイラスト使用B2布ポスター+ペーパー」付 )(イベントチケット優先販売申し込み券付) [DVD]

B07FK6Q2FX

▲ PAGETOP