ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小野賢章、中村悠一、諏訪部順一、鳥海浩輔、山下大輝、榎木淳弥より「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」アフレココメント到着!

小野賢章、中村悠一、諏訪部順一、鳥海浩輔、山下大輝、榎木淳弥より「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」アフレココメント到着! 2018年10月 5日 18:25


本日10月5日(金)よりTOKYO MX、毎日放送、BS11他にて放送のTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」。本作のメインキャスト6名(小野賢章・中村悠一・諏訪部順一・鳥海浩輔・山下大輝・榎木淳弥)よりアフレココメントが到着したので紹介する。

また、作品の公式宣伝アプリも登場。関連イベントやグッズなどの最新情報をチェックしたり、ポイントを貯めて豪華特典と交換できる。その他ARで楽しめるジョジョステッカーやアプリ限定のスペシャルコンテンツ配信もあるとのことなんどえ、合わせてチェックしたい。



■メインキャストアフレコ後コメント

<質問>
Q1:ご自身の演じているキャラクターの印象を教えてください。
Q2:アフレコ現場の雰囲気、またアフレコ中の印象的なエピソードがあればお聞かせください。
Q3:「ジョジョ」シリーズを観たことのない皆さまへ向けて、本作の魅力を簡単にお聞かせください。
Q4:放送を楽しみにしている皆さまへ、意気込みのコメントをお願いします。


●小野賢章さん(ジョルノ・ジョバァーナ役)

A1:ジョルノは、冷静沈着で言葉も丁寧なのでクールなキャラクターの印象がありますが、内に秘めた強い意志と正義感があり、歴代ジョジョ達に負けない熱さがあると思います。

A2:アフレコ現場では基本的にずっとジョジョの話をしていますね。初回の収録の時に広瀬康一役の梶さんと一緒に収録出来たのは、ジョジョシリーズの雰囲気を掴みやすかったのでありがたかったです。

A3:本作「黄金の風」は、長いジョジョシリーズの中でもわりと独立しているので、知らない事があっても楽しめる作品になっていると思います。夢に向かってひたすら進む男たちの意志の強さ、格好良さを見てもらいたいです。

A4:ジョジョシリーズの中で受け継がれてきたものをしっかり受け継ぎつつ、チーム一丸となって新たな冒険に出ます。僕自身もですがチームとしても気合いは十分です。(毎週ご飯に行っています笑)放送を是非楽しみにしていただけたらと思います。応援よろしくお願いします。



●中村悠一さん(ブローノ・ブチャラティ役)

A1:主人公のジョルノとはまた違った成長、というか変化をしていくキャラクターです。その信念と行動力には、原作を初めて見た時から強く惹かれています。5部においてもうひとりの主人公だと思っています。

A2:良い緊張感でスピーディに進行している印象です。これから先過酷な展開になっていくのを楽しみなようなどこまで頑張れるのか不安な様な、様々な感情で毎週収録に向かっています。アフレコ終了後行けるときにはチームメンバー+αで食事にいったりしています。これも現場チームワークを組み上げていくのに一役買っていると思います。

A3:予想がつかない展開、味方だけでなく敵もとても魅力的なキャラクター揃い、きっとどんな方にもお気に入りになるポイントがある作品です。アニメから初めて観る方には是非とも原作に手を伸ばしていただけると嬉しいです。アニメはアニメでしか出来ない表現、漫画は漫画の、と各メディアそれぞれで楽しめるはずです。

A4:個人的に、ジョジョシリーズの中でもひとつのターニングポイントと思っている5部。これまでシリーズ通しで応援してくださっている皆様の期待以上の作品にしていきたいですし、ここから見始める方達には『ジョジョ』を大好きになって頂けるよう精一杯作品作りをさせて頂きます。少し長めの期間になりますがよろしくお願いいたします。



●諏訪部順一さん(レオーネ・アバッキオ役)

A1:気にくわない新入りに、挨拶代わりの特製茶をご馳走することに定評のあるベリッシモ。他人をあまり信用しないが、己が認めた相手には絶対的な信頼を置くタイプ。犬に例えるならドーベルマンのような感じの男ですね。

A2:熱量がスゴイです。ジョジョラーは声優業界にも本当に多いので、我々レギュラー陣はもちろん、ゲストとしていらっしゃる敵スタンド使い役の皆さんも、それはそれは気合い入った感じでスタジオにいらっしゃっています。

A3:奇妙な形をしているが、なぜだかどうしても被ってみたくなる衝動を抑えることが出来ない石仮面のような作品です。「なぜ好きか?」なんてことを考えるのをやめるくらい、永遠に広がる宇宙のごとし。底なしの「沼」です!

A4:持ちうるパッションを全力で注ぎ込みながら収録を行っております。ブチャラティチームの戦いを、生き様を、ぜひアニメでも御堪能い ただければと思います。どうぞ御期待下さい!!



●鳥海浩輔さん(グイード・ミスタ役)

A1:チーム内で言うと、ムードメーカー的なカンジですかね。うるさかったり、カッコ悪かったり、カッコ良かったり…割と急がしい人です(笑)。

A2:収録が終わるのが非常に早いですね。短い収録時間でビッと集中している印象です。その中で笑いあり、大量の汗あり、みたいな。

A3:言葉で表すのは非常に難しいのですが…独特の世界観や会話劇だったり…とにかく原作含め観て下さい!としか言えないです…。

A4:私自身も楽しみにしていますが、皆さまにも大いに期待していただける作品だと思います。もうしばらくの間、皆さまのお好みのポーズで待っていて下さいませ。



●山下大輝さん(ナランチャ・ギルガ役)

A1:17 歳だけど小学生並みの知能、そして誰よりも熱い気持ちをを持った男の子です。やんちゃで純粋な子で可愛い印象もあると思いますが、やるときはやる熱い漢!!っていう所が素敵な所だと思います。

A2:原作の台詞をとても大切にしている現場だなぁと思いました。台本の「っ」「ッ」とかも漫画から丁寧に抜き出している台本でした。え~~とここはカタカナの「ッ」ね。みたいな 笑 ジョジョらしさを感じました!

A3:色々な作品を観ている方もそうでない方も、一度味わってしまうとまた食べたくなってしまうような癖になる世界観だと思います。漫画自体は結構前かもしれないけれど、どんな時代でもオンリーワンの個性を放つ作品を感じて欲しいです!

A4:オーディションの時から叫びまくっていたこの作品、ナランチャというキャラクター。彼と共に最後まで叫び続けたいと思います。自分の事をボラボラ追い込んでいきます。



●榎木淳弥さん(パンナコッタ・フーゴ役)

A1:言葉遣いも丁寧で上品な雰囲気を纏っていますが、いつもブチ切れるギリギリ手前に心がある人という印象です。同時にそこが魅力的な部分でもあるなのかなとも思います。

A2:現場の雰囲気は非常に和やかですが、収録が始まると一転ピリッとした真剣な空気になりますね。収録後には ほぼ毎回ご飯を食べに行って、チームの結束を高めています。

A3:とにかくアツく、濃い作品です!!!!!!

A4:「ジョジョ」は多くのファンの方々に愛されている作品ですので、皆さんの期待に応えられるよう頑張りたいと思います。是非、楽しみにご覧下さい!



■TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」

【放送情報】
TOKYO MX:10月5日より毎週金曜25:05~
毎日放送:10月5日より毎週金曜26:55~
BS11:10月5日より毎週金曜25:30~
AbemaTV:10月7日より毎週日曜24:00~

【スタッフ】
原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
総監督:津田尚克
監督:木村泰大、髙橋秀弥
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:石本峻一
スタンドデザイン・アクション作画監督:片山貴仁
プロップデザイン:宝谷幸稔
美術設定:滝れーき、長澤順子、青木薫
色彩設計:佐藤裕子
美術監督:吉原俊一郎、加藤恵
撮影監督:山田和弘
編集:廣瀬清志
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:david production

【キャスト】
ジョルノ・ジョバァーナ:小野賢章
ブローノ・ブチャラティ:中村悠一
レオーネ・アバッキオ:諏訪部順一
グイード・ミスタ:鳥海浩輔
ナランチャ・ギルガ:山下大輝
パンナコッタ・フーゴ:榎木淳弥


【主題歌】
オープニングテーマ:『Fighting Gold』Coda


<あらすじ>
イタリア、ネアポリスに住む少年ジョルノ・ジョバァーナは、ジョースター家の宿敵・DIOの血を継ぐ息子である。幼少時代に迫害を受けて荒んでいた彼は、一人のギャングの男を救った事をきっかけに「人を信じる」ことを学ぶ。奇妙なことに、恩義を忘れず、敬意を持って自分に接するギャングが、彼の心をまっすぐにしたのだ。そうして、ジョルノは「ギャングスター」にあこがれるなった。15歳になったジョルノは、イタリアの裏社会を牛耳るギャング組織「パッショーネ」とトラブルを起こし、狙われることとなり…。


©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会


Coda/Fighting Gold

B07GKJQ7Q7

▲ PAGETOP