ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース津田健次郎、土屋神葉が登壇の劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」Episode 2 舞台挨拶レポート!

津田健次郎、土屋神葉が登壇の劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」Episode 2 舞台挨拶レポート! 2018年8月13日 12:00


2018年7月より6か月連続で公開される劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」。8月5日(日)にシネマサンシャイン池袋にて、劇場アニメーション第2作目・Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」の舞台挨拶付き上映会が行われ、上映終了後にキャスト登壇による舞台挨拶が行われた。

上映終了後には、善条剛毅役の津田健次郎さん、楠原剛役の土屋神葉さん登壇による舞台挨拶が行われた。今回、このイベントのオフィシャルレポートが到着したので紹介する。



■劇場アニメーションK SEVEN STORIES Episode1「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」舞台挨拶オフィシャルレポート

2018年7月より6か月連続で順次公開される、人気アニメ作品「K」シリーズの新作となる劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」。

8月5日(日)シネマサンシャイン池袋にて、その第2作目となったEpisode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」の舞台挨拶付き上映会が行われ、上映終了後にキャスト登壇による舞台挨拶が行われた。

今回の舞台挨拶は「納涼・浴衣スペシャル!」と題してあり、劇場内に善条剛毅 役の津田健次郎さん、楠原 剛 役の土屋神葉さんが艶やかな浴衣姿で登場すると、わあっと拍手と歓声が起こった。


ご挨拶の後、あらためて司会より「納涼・浴衣スペシャル!」であることが説明されると津田さん、土屋さんは舞台の両端までファッションショーのランウェイのように手を振りながら練り歩き、お客さんを沸かせた。

あらためてEpisode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」作品内容についてのお話に移り、上映後の舞台挨拶ということでネタバレを気にせずにお気に入りのシーン、ご自身が演じるキャラクターの魅力について語っていただいた。


そして前回のEpisode 1舞台挨拶でも実施されたお客さんを巻き込んだ「クランズマンコール」コーナーへ!今回は《王》が不在のためお客さんに《青の王》となって号令をかけもらい、善条と楠原が”抜刀”するという企画。実際の映画を観たお客さんにしかわからないスペシャルな内容に、会場からは大きな歓声が!!ぜひその意味を確かめに劇場へ足を運んでみてほしい!

惜しまれつつもあっという間に終了時間。最後にお二人よりメッセージが贈られ、舞台挨拶は幕を閉じた。

「もう終わりだと思うととても名残惜しいですが、楠原の”抜刀”がこの舞台挨拶で言えたことはとても嬉しく、皆様に聞いていただけてよかったなと思っております。この作品はとても切ない物語ですが、その中でも勇気をもらえる作品だとも思います。(作品を観て)こうやって前向きに考えることもできるんだな、と思っていただけたら、そして作品のメッセージとして受けとってもらえたら嬉しいです。『K』の作品、そして『K』のこの世界で、これからも楠原を皆様の心の中で親しんでいただけたらと思います。」(土屋)

「TVシリーズ1期からこうして様々な展開があり、今回なんと劇場7作品という『K』の世界にまで来ることができました。『SIDE:BLUE』も始まったばかり、そして今後色々なタイプの作品がまだまだ待っていますから、ぜひ全部観ていただけたらと思います。こうして皆様に舞台挨拶などでお会いできるのはありがたいかぎりです。それも皆様がずっと『K』を応援してくださったおかげだと思っております。これからも『K』への思いを”抜刀”し続けていただければ嬉しいです。引き続き全力応援お願いいたします。」(津田)


TVアニメ第2期の放送が終了してから3年。ファンが熱く待ち焦がれ続けた「K」シリーズの新作は、全7部作で構成される劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」として世に送り出された。7月に劇場公開が始まり、その第2作目となるEpisode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」が現在公開中。

未曾有の被害をもたらした「迦具都事件」から十数年後、新《青の王》となった宗像礼司率いる《セプター4》の物語。TVアニメ第1期よりも過去の《セプター4》を、ぜひ劇場に足を運んで観てほしい。

そして、6か月にわたって毎月異なるエピソードが公開されていく本作品の第3作目であるEpisode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」は、9月1日(土)より劇場公開がスタートする。次々明らかになるそれぞれの《王》や各クランたちの物語は、これまで「K」シリーズを応援してきたファンにとってはさらに深く楽しむことができ、新しく「K」を知った方にはきっかけとなり「K」の世界の魅力へ惹きこまれることだろう。

2018年12月まで毎月、月替わりで劇場公開する作品すべてをどうぞお見逃しなく。



■劇場版アニメ「K SEVEN STORIES」

【公開情報】
2018年7月7日(土) Episode 1「R:B ~BLAZE~」
2018年8月4日(土) Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」公開中!
2018年9月1日(土) Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」
2018年10月6日(土) Episode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」
2018年11月3日(土) Episode 5「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」
2018年12月1日(土) Episode 6「Circle Vision ~Nameless Song~」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

【メインスタッフ】
原作:GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾
シリーズ構成・脚本:GoRA
音楽:遠藤幹雄
主題歌:angela
アニメーション制作:GoHands
製作:k-7project

【Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」メインキャスト】
宗像礼司:杉田智和
善条剛毅:津田健次郎
楠原剛:土屋神葉
羽張迅:神谷浩史
塩津元:前野智昭
淡島世理:沢城みゆき
伏見猿比古:宮野真守


<イントロダクション>
解けるキズナ、そして…。
2012年にテレビアニメ第1期「K」、2014年に劇場版「K MISSING KINGS」、2015年にテレビアニメ第2期「K RETURN OF KINGS」が放送された、オリジナルアニメーション「K」シリーズ。
独特の世界観、繊細で華麗なビジュアル、洗練されたアクション、個性豊かなキャラクターたちとその関係性、緻密でありながらも大胆に組み上げられたストーリーなどあらゆる要素が組み合わさった本作は今なお多くのファンを魅了し続けてやまない。
そして2018年…「K」の濃密なクロニクルを描く7つの物語がついに幕を開ける……「劇場アニメーション K SEVEN STORIES」、2018年7月より全国劇場にて順次公開。


<Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」あらすじ>
《赤の王》と《青の王》の激突の果て、南関東に未曾有の被害をもたらした「迦具都事件」から十数年。事件を生き延びた男・善条剛毅は、新《青の王》宗像礼司率いる《セプター4》の片隅に所属している。自らの主に成り代わった男に対する不信を捨てきれない善条に対し、宗像は新入隊員・楠原剛に剣術の稽古をつけるよう依頼する。宗像は急増する異能者事件に対応するため、選抜部隊「特務隊」の新設を計画していた――


©GoRA・GoHands/k-7project


K SIDE:BLUE (講談社BOX)

4062838176 K -Lost Small World- (講談社BOX)

4062838664 K R:B (講談社BOX)

4062838869 K SIDE:GREEN (講談社BOX)

4062838958 K -メモリー・オブ・レッド-(1) (KCx)

4063805964

▲ PAGETOP