ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース笹翼、堀江瞬のインタビュー到着!「VAZZROCK」bi-colorシリーズ第5弾「大山直助-citrine-」発売中!

笹翼、堀江瞬のインタビュー到着!「VAZZROCK」bi-colorシリーズ第5弾「大山直助-citrine-」発売中! 2018年7月 3日 18:25


2.5次元の芸能プロダクション、ツキノ芸能プロダクションからデビューした個性と魅力がいっぱいの噂の男(原石)たち“VAZZY(ヴァジー)”と“ROCK DOWN(ロックダウン)”が活躍する「VAZZROCK(バズロック)」。「VAZZROCK」bi-colorシリーズの第5弾「大山直助-citrine-」が、6月29日(金)より発売中だ。

「VAZZROCK」初のCDシリーズとして2018年2月から好評展開中の「bi-colorシリーズ」は、各キャラクターのソロ曲、他、キャラとの掛け合いドラマ、同キャラとのデュエット曲という3つの要素で構成。キャラクターの魅力がたっぷり詰まった1枚となっている。

シリーズ第5弾「大山直助-citrine-」には、大山直助役・笹翼さん、白瀬優馬役・堀江瞬さんが出演。今回、笹さん、堀江さんよりインタビューが到着したので紹介する。



■「VAZZROCK」bi-colorシリーズ⑤「大山直助-citrine-」キャストインタビュー

――bi-colorシリーズでは、ふたりのキャラクターのやり取りをじっくり聞けるドラマがポイントになっていますが、お相手のキャラクターについて、印象や感想などをお聞かせください。

大山直助役・笹翼:優馬くんは、見た目どおりの爽やか王子様・優等生なんですけど、本人としてはそう言われることを窮屈に感じている意外と普通の男の子です。直助くんとはいい意味で差があるキャラクターだなと思います。今回のドラマの中で直助くんと一緒にゲームをするシーンがあるんですけど、ゲームってその人の性格が出ますよね。僕は性格がせっかちなのでせっかちなプレイになるんですけど(笑)、優馬くんはサポートに徹する武器を使っていて、きっと空気を読む子なんだろうなと思いました。

白瀬優馬役・堀江瞬:「賑やかし担当おバカキャラ」というのが最初に台本をいただいたときの率直な感想です。でも、優馬として掛け合いをしているうちに、人懐っこいところ……例えば一紗に突っかかっていったりするのが生意気にも見えるんですけど、それだけ心を許しているのかなと思うと可愛らしく見えてくる……犬みたいな男の子だなと思いました。友だちになったらきっと楽しいだろうなと思います。


――ふたりの関係を一言で表すと、どんな関係でしょうか?

笹:一言で表すのが難しいですよね……う~ん……「光と闇」! スペックだけを見ると、進学校に通っていて、背も高くてカッコいい優馬くんが直助くんをリードする感じに見えるんですけど、気持ちのすごく内側の部分では直助くんの輝きが、ちょっと暗いところもある優馬くんの心を引っ張っていっているところがあるんじゃないかなと思います。

堀江:不思議な関係ですよね。こんなにタイプがまったく違うふたりが親友同士としてやっていけている関係を現実ではなかなか見たことがないので……。一言で表すと「不可侵」な関係でしょうか。他の人たちは、ふたりの空気の中に入っちゃいけないというか、入りたくないというか、自分が入っていってふたりの関係を邪魔したくないと思ってしまうほど、強い絆で結ばれていると思います。お互いがお互いのコンプレックスを笑い飛ばすような勢いで、まったく気にしないから一緒にいられる、そんなふたりだと思います。


――続いて、楽曲についてお聞かせください。まずは笹さん、ソロ曲『ヒル・イナ・BABY』の感想や、収録時のエピソードがあれば教えてください。

笹:デモ曲をもらったときから、直助くんっぽさ、元気な男の子っぽさがすごく出ていて聴いていて元気が出る曲だなと思いました。直助くんの「カッコよくありたい自分」を前面に出して、可愛い男の子過ぎないというか「これからカッコよくなっていく成長過程の男の子」っていう感じを表現できればと思って歌いました。歌っていても元気が出てくる曲なので、収録はとても楽しかったです。


――それでは、おふたりにお聞きしますが、デュエット曲『Rose Gambler』についてはいかがでしたか?

笹:ソロ曲とはうって変わってセクシーな雰囲気もあって、直助くんにしては大人っぽくてカッコいい曲になっていると思います。優馬くんの方がちょっと大人っぽい雰囲気があるので、どちらかいうと優馬くん寄りの曲なのかな?というぐらい素敵な世界観の曲で、直助くんなりにどう歌おうかと悩みながら収録に臨みました。2曲のギャップも楽しんでいただけたら嬉しいです。

堀江:『VAZZROCK』の中で、デュエット曲を歌うのは初めてだったんですが、僕の方が先に収録したので「あとは頼んだ、直助!」という気持ちです(笑)。音の高低差とか、難易度がとても高い曲で、その分ふたりの声が合わさって完成したらめちゃくちゃイイ曲になると思ったので、どうすればもっと良くできるかを考えながら歌いました。ちょっと厨二ゴコロをくすぐられるというか、『VAZZROCK』シリーズを応援してくれている皆さんにきっと刺さるカッコいい歌詞や曲調になっていると思うのでぜひ楽しんでいただきたいです。


――最後にファンへのメッセージをお願いします。

笹:今回のCDには直助くんにとって初のソロ曲が収録されていて、ソロ曲の直助くんっぽい要素がこれまでの『VAZZROCK』シリーズには無かった新しい風になっているんじゃないかと思います。直助くんと優馬くんはデビュー前からの友だちということで、ドラマの内容はデビュー前の様子なんかも垣間見えるような内容になっています。他のメンバーはユニットで初対面だったり、兄弟だったりなんですけど、友だちだからこその距離感……友だち同士で遊んでいるときの和やかな雰囲気が出せていると思います。食卓でごはんを食べながら聴けるようなCDになっていますのでぜひ楽しんでください!

堀江:今回は切っても切り離せない親友同士のふたりにスポットを当てていただいて、メンバー全員でいるときとは空気感が変わって、ふたりだとこういう会話をするんだなとすごく面白かったですし、親友感が出せればいいなと思いながら演じました。曲の方もすごくカッコいい曲で、僕が試行錯誤しながら表現しようとがんばったモノを感じとっていただければと思います。次は優馬のCD(bi-color⑥)が出るのでシリーズから目を離さず、楽しみに応援していただけたら嬉しいです。



■「VAZZROCK」bi-colorシリーズ⑤「大山直助-citrine-」

【発売日】2018年6月29日(金)好評発売中!
【価格】1,800円(税抜)

【キャスト】
大山直助:笹翼
白瀬優馬:堀江瞬



■『VAZZROCK LIVE 2018』

【開催日時】2018年10月27日(土)開場18:00/開演19:00
【会場】大宮ソニックシティ 大ホール
【出演】
VAZZY:新垣樽助、小林裕介、山中真尋、白井悠介、笹翼、堀江瞬
ROCK DOWN:菊池幸利、長谷川芳明、佐藤拓也、坂泰斗、増元拓也、河本啓佑

【参加方法】
『VAZZROCK』ユニットソングCDシリーズ(全2巻)を、アニメイト・ステラワース・ツキプロオフィシャルオンラインショップ(ムービック通信販売)の同一店舗でお買い上げの方に本イベントのチケット最速先行抽選販売申込券をお渡し。
<対象商品>
2018年4月27日発売予定・ユニットソング①『VAZZY vol.1 -始動-』(品番:TKPR-114)
2018年8月17日発売予定・ユニットソング②『ROCK DOWN vol.1 -始動-』(品番:TKPR-115)
※チケット価格などの詳細はお申込みページにてご確認ください。おひとり様2枚までお申込みいただけます。
※連動特典のお受け渡し方法の詳細は各店舗にてご確認ください。
※開催概要・出演者等は予告なく変更となる可能性がございます。

詳細は、公式サイトにてご確認下さい。


©TSUKIPRO


「VAZZROCK」bi-colorシリーズ5「大山直助-citrine-」

B07CLP4ZNG 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ4「築 一紗-ruby-」

B07CXZ9DJN 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ3「築二葉-topaz-」

B07B12HRZ3 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ(2)「吉良凰香-pearl-」

B0798LFXPR 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ(1)「眞宮孝明-amethyst-」

B07895VGLN 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ6「白瀬優馬-peridot-」

B07D52YSRX 「VAZZROCK」bi-colorシリーズ7「小野田翔-diamond-」

B07D4ZX1VB 「VAZZROCK」ユニットソング1「VAZZY vol.1 -始動-」

B079ZV4H88 「VAZZROCK」ユニットソング2「ROCK DOWN vol.1 -始動-」

B07B12HY3B

▲ PAGETOP