ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースfhánaが『星間飛行』、i☆Risが『太陽曰く燃えよカオス』をカバー!『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』ライブレポート!

fhánaが『星間飛行』、i☆Risが『太陽曰く燃えよカオス』をカバー!『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』ライブレポート! 2018年6月26日 19:10


定額の音楽配信サービスの中で“アニソン”に注視し、多くのアニメファン・アニソンファンから支持を集めている、「AniUTa(アニュータ)」。そんな「アニュータ」が主催する、大規模アニソンライブ『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』が、5月13日(日)に千葉県の幕張メッセイベントホールにて行われた。

昨年の開催でも、出演アーティストの豪華さで注目を集めた『あにゅパ!!』は、今年もfhána、i☆Ris、内田真礼さん、ワルキューレと、流石の面々が参加。さらに、大原ゆい子さん、オーイシマサヨシさんのおふたりもスペシャルゲストトとして登場した。



●ライブ開始前から高まる会場のボルテージ

開演前にはDJ・後藤王様さんによるアニソンメドレーも披露された本イベント。アニソンファンのツボを押さえた選曲とノリのいいMCで、本番を前に高まった観客のテンションは上昇していき、開演前とは思えないほどのサイリウムの光や、コールで包まれる。

そして、開演時間を迎えると会場のテンションは爆発。トップバッターとして登場したfhánaが大歓声で迎え入れられ、深紅の衣装に身を包んだボーカルのtowanaさんと青一色に染まるサイリウムで会場は一体となる。

また、towanaさんからは、開演前の盛り上がりを受けて「大丈夫ですか? 疲れていませんか?」と、観客の疲れを気遣うひとことも。もちろんその問いに対して会場は、疲れを一切感じさせない大きな歓声で返答した。

以降もfhánaの代表的な楽曲が続き、一番の盛り上がりを見せたのは『青空のラプソディ』。楽曲としての高い人気はもちろん、ノリやすい曲調や、kevinさんのステージギリギリまで乗り出してのダンスで、大いに会場を沸かせた。


続いて、『ドリームパレード』とともにi☆Risが登場。2曲目も『Shining Star』で明るい雰囲気の曲が続いたが、3曲目ではクールな雰囲気が漂う『Changing point』を披露。同楽曲はTVアニメ「魔法少女サイト」のOP主題歌で、話題を集めている本TVアニメの独特な作風について触れる一幕も。また、限られた時間の中でもコールアンドレスポンスを行うなど、“ライブらしさ”を感じられる内容となった。



●自称アニソン界の“おしゃべりクソメガネ”がジャパリパークへ導く

ここからはスペシャルゲストのふたりが続けて登場。まず大原ゆい子さんが『言わないけどね。』と『星を辿れば』と、会場の高まり続けたテンションを少し緩めてくれる落ち着いた雰囲気を持つ楽曲を披露。『星を辿れば』の演奏前には、観客に向けて「今夜よく眠れるように魔法をかけます」とひとこと。



そして、少し落ち着いた会場の雰囲気の中登場したのは、自称アニソン界の“おしゃべりクソメガネ”オーイシマサヨシさん。さすがのトーク力で一瞬にして場の空気をつかみ取ると、自虐も交えたユーモアが光る“オーイシ節”が炸裂。

披露する楽曲も、1曲目から『ようこそジャパリパークへ』というフルスロットぶりで、歌唱中にも歌詞を一部改変し笑いやコールを誘った。続いて披露した『君じゃなきゃダメみたい』でも同様の盛り上がりをみせ、5月23日にリリースされた『オトモダチフィルム』では、自信がないと前置きしつつ、バックダンサーとともに見事なダンスを披露してくれた。



ラストとなる4曲目を、というタイミングでオーイシさんから「楽曲を提供している人が会場に来ている」という前フリが。その真意をすぐに受け取った会場からは大きな歓声が上がり、演奏が開始されたのは、オーイシさんが内田真礼さんに提供した楽曲『モラトリアムダンスフロア』。歌い出しから少しすると、内田さんがステージに登場し、デュエットがスタート!貴重なコラボを楽しむことができた。

このコラボを皮切りに、楽曲カバーコーナーに突入。fhánaによる『星間飛行』と、i☆Risによる『太陽曰く燃えよカオス』が披露された。どちらも楽曲自体の力強さと、アーティストとの相性の高さで、非常に魅力的な楽曲に仕上がっていた。




●ライブ後半戦を彩るのは内田真礼&ワルキューレ

内田さんがステージに再登場し、演奏される楽曲は『創傷イノセンス』から始まり、どれも人気の高いものが揃い踏み。さらに、4曲目の『take you take me BANDWAGON』を終えると、「みなさんカバーを披露しているので、私もセルフカバーを」と予告して『華蕾夢ミル狂詩曲 ~魂ノ導~』をゴシックな雰囲気の舞台演出とともに披露!

「アイドルマスター シンデレラガールズ」にて、内田さんが演じる、神崎蘭子の楽曲のセルフカバーということで、その予想外の展開に会場からも驚きと喜びが入り混じった歓声が上がった。その後、内田さんは『ギミー!レボリューション』で自らのターンを締めくくり、最後のアーティストへバトンタッチ。



そのバトンを受け取り、今回のライブのトリを努めたアーティストは、TVアニメ「マクロスΔ」から生まれ、キャラクターとしてだけでなく、アーティストとしても高い人気を誇る戦術音楽ユニット“ワルキューレ”。『Dancing in the Moonlight』、『いけないボーダーライン』、『一度だけの恋なら』と、人気楽曲を見事に統率のとれたダンスと共に披露していき、会場の熱気を加速させていく。

そして、『ワルキューレがとまらない』の一曲で本ライブの楽曲すべての演奏が終了。アニソン尽くしのライブはフィナーレを迎えた。エンディングには「アニュータ」の魅力を伝える生放送番組「アニュータ Presents 高槻かなこ 芹澤優の パーティー!パーティー!パーティー!」のパーソナリティーを務める、高槻かなこさんがサプライズで登場。i☆Risとしてライブにも参加していた、同じくパーソナリティーである芹澤優さんとともに“裏切らない”ライブを締めくくった。



©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©Project Revue Starlight


Changing point ※CD+DVD

B07B4D999C LIVE2017“ワルキューレがとまらない"at横浜アリーナ [Blu-ray]

B06XN5NG5V World Atlas (特典なし)

B079FLYRY6 Magic Hour【BD付限定盤】(CD+BD+PHOTOBOOK)

B07B11WNKH TVアニメ「 多田くんは恋をしない 」オープニングテーマ「オトモダチフィルム」

B079T9NRQL

▲ PAGETOP