ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース全21曲を通してぐんまちゃんを大捜索!!『内田彩 LIVE TOUR 2018 〜So Happy!!!!!〜』初日をレポート

全21曲を通してぐんまちゃんを大捜索!!『内田彩 LIVE TOUR 2018 〜So Happy!!!!!〜』初日をレポート 2018年6月20日 19:00


6月16日(土)、声優・アーティストとして活躍する内田彩さんが、2度目となるソロライブツアー『内田彩 LIVE TOUR 2018 〜So Happy!!!!!〜』をスタート。同日、公演初日となるパシフィコ横浜 国立大ホールを“Happy”な笑顔で埋め尽くした。



●会場のみんなで“じゃんけんぽん!”

ライブが始まると、ステージ中央の扉からキュートでドーリーなワンピース姿で登場した内田さん。オープニングを飾った楽曲は本ライブの名前にもなっている『So Happy』で、5月9日(水)に発売したシングルの表題曲。自身初のアニメ主題歌となった1曲でもある。

リズミカルかつ最新の楽曲で会場を温めつつ、間奏には「横浜にお越しのみなさんようこそ!手始めにじゃんけんしませんか?」と、リズムに合わせてじゃんけんぽん。その結果に「負けた人はSo Happy!勝った人は超Happy!!」と叫んで、観客の心をガッチリと掴んだ。

そのまま2曲目『Holiday』ではノリノリの観客から楽曲に合わせてクラップ音が響き、内田さんの「So Happy?」という言葉に「YHE!」というコールアンドレスポンスもくり広げられるなど大盛り上がりである。



●楽曲に合わせてぐんまちゃん大捜索!?

1stアルバム表題曲「アップルミント」で会場を緑色に染め上げるとMCへ。大勢の観客にあらためて挨拶を済ませると「久々のライブで緊張していましたが、最初から走り回りまわったら、なんだかどうでもよくなっちゃった!」と笑顔で心境を明かす内田さん。

『So Happy』がアニメ「お前はまだグンマを知らない」のテーマソングになってることに触れると「今日ぐんまちゃんが来るって聞いていたんだけど、まだ来てないの……」「今日群馬から来た人は居る?」など、自身が観光大使を務める群馬トークも展開。

そんなトークの中で「ぐんまちゃんは何処だろう?」という言葉から流れるように4曲目『泣きべそパンダはどこへ行った』が始まると観客も驚き。さらに今回は「私のぐんまちゃんは何処?」「私のぐんまちゃんをー!?誰か見つけてー!」と本来は“パンダ”の歌詞を“ぐんまちゃん”に変更した特別バージョン。いつもはパンダのパペットを使うパートも“ぐんまちゃん”に変更するこだわりっぷりで、アドリブまじりに歌い会場でぐんまちゃんを探す内田さんは観客の笑いを生んだ。

ただし、彼女の“ぐんまちゃん探し”はこれだけで終わらない。「こうなったら、この足でぐんまちゃんを探さなきゃ!」という言葉で曲は「いざゆけ!ペガサス号」に進み大捜索を開始。曲の合間には「ぐんまちゃんこっちで見た?」「2階のみんなは見なかった?」など観客との交流も楽しんでいく。

「陸地にはいないから海に行くぞ!海を渡って横浜だ!」と宣言すると、お次は『Go! My Cruising!』でクルージングがスタート。ここではバンドメンバーにもぐんまちゃん捜索協力を要請するも、その報告に翻弄されるコントのような一幕もあった。



●休むことを知らない怒涛のパフォーマンス

ぐんまちゃんを探しつつ『Merry GO』『ピンク・マゼンダ』の披露を終えると、2度目のMCへ。約40分であっという間に8曲もの披露を終えた内田さんは、自身がこれまで発表してきた曲の多さを振り返り「こんなに曲があるとセットリストを組むのも大変!」と笑みを見せる。また、「今日は一番乗りだった」というライブ当日のエピソードや、今回の為に制作された“ぐんまちゃんパペット”の裏話なども飛び出していく。

その後、みんなへの感謝の気持ちを歌にしたという『Close to you』の歌声にしっとりとした雰囲気で包まれた会場。

楽曲が終わると内田さんの姿がステージが消え、変わりに「ぐんまちゃんを探して北へ、南へ、東へ、西へ……。それでもぐんまちゃんはなかなか見つからない」という内田さんの声が会場に響く。

そのまま「ぐんまちゃーんどこ!?」という言葉でステージ中央の扉がバーンと開かれると、内田さんはチェック柄がキュートなピンクと赤のワンピースに衣装チェンジして再登場。インパクトある登場に大きな歓声が巻き起こる中、内田さんは流れるように『What you want!』『with you』を披露していく。

さらに、曲名に合わせイエローで会場が染まった『Yellow Sweet』ではリズミカルなダンスや投げキッスなどのパフォーマンスを繰り広げ、タンゴのような曲調の『カレイドスコープロンド』ではアダルトな雰囲気で観客を魅了する。



●新曲『Bright Way』を初披露!

クールな『Like a Bird』『キリステロ』の2曲を披露し終えると、6曲連続という怒涛の歌唱が終了。その後のMCも約2分というスピードで終えると「ラストスパート行くぞー!」と気合を入れて『Blooming!』、『SUMILE SMILE』で笑顔の花を会場いっぱいに咲かせた内田さん。

まさに息つく暇もないパフォーマンスに熱気立つ会場。挨拶の後、本編を締めくくったのはライブ初披露となる楽曲『Sweet Little Journey』だ。ここで“ぐんまちゃんパペット”を再び装着した内田さんは、リズムに合わせて一緒に手を横に振る振り付けで観客と一緒に“バイバイ”とお別れ。

そんな楽曲の終了すると、熱気冷めやらぬ会場にはすぐさまアンコールが響き渡り、それに答えた内田さんはライブTシャツ姿で登場して新曲『Bright Way』を初披露!

同楽曲はTVアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」オープニングテーマで、7月18日(水)発売のベストアルバム「AYA UCHIDA Complete Box〜50 Songs〜」で収録が予告されていた楽曲。会場に足を運んだ観客にとっては嬉しいサプライズとなった。

そして、ライブはいよいよエンディング。バンドメンバー紹介の後、内田さんは「横浜をもうちょっとだけ盛り上げて帰りたいと思います!」と観客を盛り上げ楽曲に突入!ライブ定番曲『Breezin'』で、ぴったり揃ったコールアンドレスポンスで文字通り“会場が一体”となり、最後は『Say Goodbye,Say Hello』でフィナーレ!

歌詞の「Say Goodbye!Say Hello!」という言葉で観客とお別れして、次のツアー会場である名古屋へと旅立った。

なお、本ライブツアーは7月8日に名古屋、7月15日に大阪、7月29日に福岡、8月12日に群馬での公演を控えているので、そちらも要チェックだ。



『内田彩 LIVE TOUR 2018 〜So Happy!!!!!〜』
2018年6月16日(土) パシフィコ横浜国立大ホール公演セットリスト


01.So Happy
02.Holiday
03.アップルミント
[MC]
04.泣きべそパンダはどこへ行った
05.いざゆけ!ペガサス号
06.Go! My Cruising!
07.Merry GO
08.ピンク・マゼンダ
[MC]
09.Close to you
10.What you want!
11.with you
12.Yellow Sweet
13.カレイドスコープロンド
14.Like a Bird
15.キリステロ
[MC]
16.Blooming!
17.SUMILE SMILE
18.Sweet Little Journey

EN1.Bright Way ※新曲
EN2.Breezin'
EN3.Say Goodbye,Say Hello


AYA UCHIDA Complete Box ~50Songs~【初回限定盤】

B07D4ZSQ54 AYA UCHIDA Complete Box ~50Songs~【通常盤】

B07D5155R5

▲ PAGETOP