ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小澤亜李、静野監督、瀬下監督が登壇!「GODZILLA 決戦機動増殖都市」『マチ★アソビ vol.20』イベントレポート!

小澤亜李、静野監督、瀬下監督が登壇!「GODZILLA 決戦機動増殖都市」『マチ★アソビ vol.20』イベントレポート! 2018年5月 8日 18:30


ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画「GODZILLA」三部作の第二章で、5月18日(金)全国公開の「GODZILLA 決戦機動増殖都市」。本作のイベントが、5月5日(土)に徳島にて実施された『マチ★アソビ vol.20』で開催された。

このイベントにはミアナ役の小澤亜李さん、静野監督、瀬下監督が登壇。今回、このイベントのオフィシャルレポートが到着したので紹介する。

また、このイベント内で公開された「GODZILLA 怪獣惑星」ハイテンション解説動画が、YouTubeにて公開された。上田麗奈さん&小澤さんによるコミカルかつハイテンションな解説は必見となっているので、ぜひチェックしよう!

◆【ネタバレご注意】アニゴジ第二章公開記念!上田麗奈×小澤亜李による「GODZILLA 怪獣惑星」ハイテンションおさらい動画
https://youtu.be/704tqlkpVJg



■『アニゴジin マチ★アソビ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」公開直前SP イベント』オフィシャルレポート

この度、先週5月5日(土)に徳島にて実施された『マチ★アソビ vol.20』のイベントレポートを公開!

初夏の香りがする晴天の中でイベントはスタートし、つい先日完成したばかりの映画本編を観たミアナ役の小澤亜李さんは、「皆さんぜひ映画館で、早い者勝ちだと思うんですけど、最前列どセンターで観て欲しいです!」と、完成した作品の迫力を、静野監督&瀬下監督は、初めての『マチ★アソビ』ということで、徳島を満喫中の中でのイベント登壇となりテンション高め! 映画の完成を受けて「感無量!」とふたりで制作の苦労を超えた想いを分かちあいイベントはスタートした。

イベントの途中には、『決戦機動増殖都市』の新キャラクターである、マイナ&ミアナを演じた、上田麗奈さんと小澤亜李さんによる、<「GODZILLA 怪獣惑星」ハイテンション解説動画>も初公開され、赤面しながらも監督陣のツッコミに応える小澤さんが奮闘!

プレゼント大会、フォトセッションも行われ、最後には、両監督から「『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は前作も見ていなくても、ゴジラを知らなくても、楽しめる作品になっていると思います。アニメからゴジラを知ってほしい、と思って制作した作品ですので、今日初めてアニゴジを知った方も是非劇場でご覧ください!」と熱いメッセージが、そして小澤さんからも、「人間ドラマが面白くって、メカアクションも凄いカッコいいし、もちろんゴジラの迫力も、ものすごくて、音響も素晴らしいので、ホント映画館で観て欲しい! なんかもう観終わった後、女子ですけど凄い余韻に浸りました。」と作品への想いが溢れるコメントを頂き、イベントは幕を閉じました。

そして、この度イベント内で公開された、「GODZILLA 怪獣惑星」ハイテンション解説動画を一般公開!!

この動画を見れば、前作を観ていなくても第二章に追いつけること間違いない。

上田さんがおじいちゃんに?ハルオに?? 上田麗奈&小澤亜李による、コミカルかつハイテンションな解説は必見!!

さらにさらに、こちらも『マチ★アソビ』会場限定で配布されていた、「メカゴジラ開発提案書」の拡大配布も決定した。新宿にある「ゴジラ・ストア Tokyo」と全国のアニメイト(一部店舗に限る)で、瀬下寛之監督全面監修のスぺシャルアイテムを多く方に楽しんで頂ける。映画本編では、異星人ビルサルドで地球連合の[中佐]である、ガルグがまだ[大尉]だった頃に上層部に提案した極秘資料の中身とは―――?


――冒頭ご挨拶

小澤:ミアナ役の小澤亜李です。宜しくお願い致します。

静野:監督の静野です。宜しくお願い致します。

瀬下:こんなにお暑い中、お越し頂き、ありがとうございました。監督の瀬下です。宜しくお願い致します。



――つい先日、映画が完成し初号試写が行われましたが、いまのお気持ちは?

静野:感無量です。

瀬下:徳島最高です!感無量です!!

小澤:感無量です(笑)。本当に迫力が凄くて、試写室の最前列のどセンターで観させて頂いたんですけど、感動しました。皆さんぜひ映画館で、早い者勝ちだと思うんですけど、最前列どセンターで観て欲しいです。ゴジラの迫力が凄すぎて、普段なかなかアクション映画は観ないんですが、めちゃくちゃ面白かったです。話の展開は凄くて、前半から飽きることなく、リップサービスじゃなくて、ホント凄いんです。

静野:ストーリーは虚淵さんが、フィルムは瀬下さんが、僕も初号を観て感動しました(笑)。

瀬下:静野さんも、僕も、虚淵さんも、本当に「ゴジラを観たことがない方がどう思うか」考えて、頑張りました。だから、小澤さんが喜んでくれたのは、本当に嬉しいことなんです。

MC:ある種小澤さんは、メインキャスト陣の中では、これまでゴジラに触れてこなかった方々代表のような存在ですよね。

小澤:最後怒涛の展開なんですよ!第二章は。4DX でもないのにアトラクション乗っているような気分になりました。

瀬下:ミキサーの山口さん、音響の小山さん、爆音系のスペシャリストが終結して、音響作業を行いました。

小澤:ほんとよく爆発するんですよ!凄かったです。

瀬下:体が揺れるでしょ(笑)?



――小澤さんゴジラの印象は、オーディションの時と今とで、変わりましたか?

小澤:最初は、新宿のゴジラヘッドしか知らなくて、「怪獣」というイメージでした、アニゴジを観てからは、「怪獣」から「ゴジラ」へ。映画を通して考えさせられるものがある作品なんだと思いました。『シン・ゴジラ』も観ていろいろ感じましたが、それともまた全然違うゴジラの新たな一面をアニゴジには感じましたし、そもそも“ゴジラ”ってなんだろう?って考えさせられました。

瀬下:すごい深い話ですね。


――アニゴジ解説動画のマチアソビ先行解禁を受けて

瀬下:これは、いつ録ったんですか?

小澤:麗奈ちゃんと、2週間くらい前です!楽屋のお弁当も美味しかったです!!

MC:監督陣、映像をご覧になっていかがでしたか?小澤さんの頑張りはいかがでしたか?

瀬下:映像すぐにyoutube にアップしてほしいです。

MC:実は、この映像はマチ★アソビ会場限定先行公開でして、後日公式HPにもアップされます。

瀬下:制作陣が行うストーリーの企画会議よりも分かりやすかったですね(笑)。

小澤:ストーリーをかみ砕いて、紹介してますからね!

瀬下:静野さん、これ編集もしっかりしてますよね?

静野:はい、よかったですね(笑)。


――第二章『決戦機動増殖都市』のお話を伺ってまいります

MC:第二章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は“メカゴジラ”がキーワードです。直近では、『レディ・プレイヤ―1』というスティーヴン・スピルバーグ監督の作品にも登場したことでも話題になっていますが、その“メカゴジラ”がどんな形でアニゴジに登場するのか、気になるところですよね。まずは、予告篇をご覧いただきましょう。



――予告編を受けて

MC:監督、この“メカゴジラ”をアニゴジ全三部作の中に登場させようと思った経緯は何だったんでしょうか?

瀬下:これは、静野さんどこまで言っていいんですかね(笑)。まあ、“メカゴジラ”が好きだから出したんですよ。

MC:そのメカゴジラが、今回アニメーションの表現として、どう落とし込まれているのか注目ですよね。静野監督は、いかがでしょうか?

静野:今回のメカゴジラ、カッコいいんですよ(笑)。

瀬下:大事なこといいます。僕と静野さんと虚淵さんの3人で2014年からこのアニゴジシリーズをやってきましたが、プロジェクト開始当時に決めたことがあるんです!僕と虚淵さんは、ゴジラいっぱい観てきたので、ついついゴジラファンになってしまうんです。ただ、静野さんは当時レジェンダリー・ピクチャーズ制作の『GODZILLA ゴジラ』(2014)しか観たことがなかったんです。その後に『シン・ゴジラ』をご覧になっていますが、「ゴジラを知らない、ゴジラに触れてこなかった方々に観てもらいたい」というコンセプトが映画にはあったので、あえて、静野さんには「ゴジラの旧作は観ないでください」とお願いしたんです。

MC:静野監督は、「ゴジラを知らない」という感覚を持って頂きながら、制作に臨まれたわけですね。

瀬下:だから、3人でシナリオ会議している時、僕と虚淵さんが盛り上がってしまった時に、静野さんをチラッと見て「ポカーン」とされていたら、そのアイデアはボツにしてました(笑)。

MC:アニゴジ2には、“メカゴジラ”以外にも大きな要素がありますよね。予告編の中には、「卵」という気になる台詞も出てきましたが、これはあるものをモチーフにしている としか思えないですね、監督??

瀬下:世代にもよりますが、小柄な双子の美少女が出てきて、卵も出てきて、それを「何でしょう?」と言うのは、どんなんでしょうね(笑)。

MC:監督、今日はもう言ってしまってください!

瀬下:いや、言いませんよ!じゃあこうしましょう!今から、いっせいのせで、それが何なのか皆さん(ご来場のお客様)一緒に言ってもらってもいいですか?僕が「いっせいのせ」と言ったら、その単語を言ってください!いっせいのせ、はい!

お客様:モスラーーーー!!!!

MC:はい。モスラですね(笑)。ということで、モスラをモチーフにしているわけですが、モスラと言えば、先ほどもありましたが、「双子」の美少女の存在が有名ですが、小澤さんは、双子役はなかなかないかと思いますが、プレスコで難しかった点などありましたか?

小澤:とにかく、ユニゾンのセリフが多かったので、台本の時点では大変なのかなと思ってたんです。難しい言葉の台詞が何行も連続した箇所もあったので。でも、本番でやってみると意外に麗奈ちゃんとのタイミングも合って、やりやすかったんですよ!

瀬下:小澤さんと上田さんの演技を、静野さんと収録スタジオのサブで聞いていただんですが、ユニゾンの声が重ねてみると、独特な音にになっていて「これは!」と思って、「全員ユニゾンにしちゃおう」って話もあったんです。

小澤:マイナとミアナの声が合わさった音が面白くて(笑)。

MC:追加収録の時に、どっちがミアナでマイナか分からなくなったというお話もありましたが?

瀬下:区別の仕方は、「目つきがキツイ」のがマイナですね。一度、静野さんと二人で耳打ちして、「これどっちでしたっけ?」ってありました(笑)。

静野:確かに、ほんとに気持ちのいいシーンに仕上がったので、注目して欲しいですね。


――歴代最大ゴジラ「ゴジラ・アース」について

MC:先程のアニゴジ解説動画にもありましたが、アニゴジのゴジラは体高300 メートルなんですよね。東でいうと、「東京タワー」くらい、西で言うと「あべのハルカス」ぐらいですね(笑)。この300 メートルという数字はどこから出てきたんです。

瀬下:会議で話した時に、虚淵さんが「1000メートルくらい」って仰っていたんですが、

静野:いろいろ探っていきまして、大きすぎると、登場した時に笑いになっちゃうなと思い、ある種馴染みのある大きさ、想像し易さも鑑みて300という数字にしたんです。

MC:アニゴジ2の3つ目の見どころといえば、キャラクター同士のドラマも魅ですよね?人間、エクシフ、ビルサルド、フツアの4種族の思惑がどうなるのか?

小澤:すごい印象的だったのは、「支配者」の定義みたいなことを考えさせられたことです。

MC:深いですね~~。

瀬下:ネタばれぎりぎりですね(笑)。

静野:本当に「ドラマ」なんです、これにつきますよね。

瀬下:静野さんと話して、初期段階から主人公にずっとカメラが付いていく構造にしてました。第二章はアクションもパワーアップしてますが、ハルオを中心としたキャラクター同士の掛け合いも明らかにボリュームアップしてます。

MC:ありがとうございました。5月18日(金)から劇場で公開なので、ぜひ皆さんご注目してみて下さい!



――マチ★アソビにゴジラ初上陸記念!ということで、じゃんけんプレゼント大会が行われました

MC:以上じゃんけ大会でした!それでは、最後に皆様に締めのご挨拶を頂戴します。

瀬下:お暑い中、盛り上げて頂き、ありがとうございました。「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は前作も見ていなくても、ゴジラを知らなくても、楽しめる作品になっていると思います。アニメからゴジラを知ってほしい、と思って制作した作品ですので、今日初めてアニゴジを知った方も是非劇場でご覧ください!本日はありがとうございました。

静野:言いたいことは瀬下さんが全部言ってくれたので安心です(笑)。皆さん、今日は本当にありがとうございました。

小澤:予備知識なく“ゴジラ”に関わらせて頂いたところからスタートしたんですけど、出演させて頂いた第二章の初号試写を拝見させて頂き、めちゃくちゃ楽しかったです!女性の方は、「小難しいのかな?」とか「専門用語とか出てきて難しそう・・」とかイメージが、もしかしたらあるのかもしれないんですが、全然そんなことなくて、人間ドラマが面白くって、メカアクションも凄いカッコいいし、もちろんゴジラの迫力も、ものすごくて、音響も素晴らしいので、ホント映画館で観て欲しい!
なんかもう観終わった後、女子ですけど凄い余韻に浸りました。何言ってんだかって感じのこと言いますが、いままでのゴジラ観たことないですけど、歴代最高の迫力だと思います!!!『シン・ゴジラ』は実写としての良さがありましたが、アニゴジもアニメーションならではの魅力ってホントにありますよね。前作「GODZILLA 怪獣惑星」はネットフリックスで無料で見れますし、今度パッケージも発売になりますので、予習してから観るのもよしですし、監督仰るように第二章から観ても大丈夫です!でもホント劇場で観て欲しい!!本日は、お暑い中イベントに来ていただき、ありがとうございました!

MC:ありがとうございました。 以上を持ちまして、「アニゴジin マチ★アソビ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」公開直前SP イベント」を終了とさせて頂きます。
そして、ここでお知らせです!
本日ご覧いただきました、小澤さん・上田さんによる「アニゴジ解説動画」第二弾も近日公開予定です!
さらに、XAI が歌う、主題歌「THE SKY FALLS」も5/9(水)発売!
さらにらに、前作「GODZILLA 怪獣惑星」のBlu-ray&DVD も5/16(水)に発売!!
最後に、公開前日の5/17(木)22:00 から、AbemaTV「Abema アニメチャンネル」にて、<映画が300 倍楽しめる! 「GODZILLA 決戦機動増殖都市」公開直前アベマSP 特番>がOA!
是非、チェックしてみて下さい!!
そして、本日のイベントで前作「怪獣惑星」を観たくなった方は、ネットフリックスにて、1か月トライアルとして、無料で見ることができますので、是非予習してみて下さい!
映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は今月18 日金曜日より全国ロードショーです。
ぜひ、劇場へお越しください。
本日はどうもありがとうございました!!!



■「映画が300倍楽しめる!『GODZILLA決戦機動増殖都市』公開直前アベマSP」

【放送日時】2018年5月17日(木)22:00~23:00(予定)
【出演】宮野真守、櫻井孝宏、上田麗奈、小澤亜李
【MC】鷲崎健
【配信URL】https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/F2KW68khPhU8ET



■「楽園追放-Expelled from Paradise-」

【配信日時】2018年5月10日(木)開演22:00~
【配信URL】https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/D7dZ7DhNzGvf3V



■「劇場版シドニアの騎士」

【配信日時】2018年5月24日(木)開演22:00~
【配信URL】https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/D7dZ93HSVPcCpw



■アニメ映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

2018年5月18日(金)全国公開!

【スタッフ】
監督:静野孔文、瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
脚本:村井さだゆき、山田哲弥、虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
音楽:服部隆之
副監督:安藤裕章、吉平“Tady”直弘
プロダクションデザイン:田中直哉、Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山哲
製作:東宝
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

【キャスト】
ハルオ・サカキ:宮野真守
メトフィエス:櫻井孝宏
ユウコ・タニ:花澤香菜
マーティン・ラッザリ:杉田智和
アダム・ビンデバルト:梶裕貴
ムルエル・ガルグ:諏訪部順一
マイナ:上田麗奈
ミアナ:小澤亜李
エリオット・リーランド:小野大輔
ベルべ:三宅健太
モーリ:堀内賢雄
ドルド:中井和哉
エンダルフ:山路和弘

【主題歌】
『THE SKY FALLS』XAI


<ストーリー>
21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。
しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。
そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命体で、ミアナには双子の姉<マイナ>もいた。彼女たちは人類の子孫なのか―――。「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。
一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。それは、21世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった―――。


©2018 TOHO CO.,LTD.


GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray コレクターズ・エディション

B079Z67QNF GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray スタンダード・エディション

B079YXX9TG 【Amazon.co.jp限定】GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray コレクターズ・エディション(Blu-ray2枚組)(オリジナル特典:開田裕治 描き下ろしA2ポスター&「GODZILLA 怪獣惑星」オリジナルスチールブック付き)

B079Z4WD2W 【Amazon.co.jp限定】GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray スタンダード・エディション(オリジナル特典:開田裕治 描き下ろしA2ポスター付き)

B079ZWTJK7 GODZILLA 怪獣惑星 DVD スタンダード・エディション

B079Z4WCYV

▲ PAGETOP