ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2018】キャスト陣がいろいろな意味で熱い絆を見せつけた『「弱虫ペダル GLORY LINE」第2クール直前スペシャルステージ』をレポート

【AnimeJapan 2018】キャスト陣がいろいろな意味で熱い絆を見せつけた『「弱虫ペダル GLORY LINE」第2クール直前スペシャルステージ』をレポート 2018年3月25日 15:53


3月24日(土)、25日(日)に東京ビッグサイトにて、記念すべき5周年を迎えた『AnimeJapan 2018』が開催。REDステージ、GREENステージ、WHITEステージ、YELLOWステージ、BLUEステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中から、3月25日(日)・GREENステージ『「弱虫ペダル GLORY LINE」第2クール直前スペシャルステージ』の模様をお伝えする。



●開幕直後から破天荒なステージに

本ステージには、小野田坂道役の山下大輝さん、鏑木一差役の下野紘さん、葦木場拓斗役の宮野真守さん、新開悠人役の内田雄馬さん、岸神小鞠役の福山潤さん、MCの鷲崎健さんが登壇。宮野さんがノシノシと歩いてきて心が太っていることをアピールするなど、開幕から観客のハートを掴んでいた。また、福山さんが匍匐前進で入場して総ツッコミを受けて、「あんな入場の仕方されたらこうするしかないじゃないですか!」と笑いながら逆ギレする場面も。

さらにキャスト紹介では誰が先に紹介するか手を上げて競うなど、最初からテンションが高くキャスト陣の仲の良さを見せつけていた。紹介後に山下さんがキャストを代表して作品について語ると、その内容を聞いた他の4人が「流石最古参!」「パイセン!」と声をかけ、山下さんが照れる一幕もあった。


その後の名場面紹介では、葦木場のインターハイIH初日優勝の場面にスポット当たり、宮野さんが「自分も弱い時期があったから、強くなって初日を取るっていうのはカッコいいと思う」とコメント。

次にスポットが当たったのは青八木と鏑木のヒメヒメクライム。下野さんがコメントし、実際のアフレコで松岡さんが喉が枯れるほど気合を入れていたことや、ヒメヒメクライムの演じ方が下野さんが事前にイメージしていたものと違ったことが明かされた。すかさず「どんなイメージだったの?」という質問が他のキャスト陣から飛び、下野さんが可愛らしい声でヒメヒメクライムを歌って宮野さんがダンスを躍るというカオスな展開となった。

また、小野田坂道VS新開悠人の場面では、内田さんと山下さんがその場で劇中の様子を再現して会場を沸かせた。

最後の場面紹介で登場したのは小鞠。福山さんがアフレコ時のことを語り、「視聴した方は放送が深夜帯でよかったと思うと思います」とコメントして会場の笑いを誘った。その後に公開された新PVで小鞠が叫ぶシーンがあったが、キャスト・観客ともに大爆笑するなど、小鞠の人気ぶりが目立つ形となった。



●秘密の関係が明らかに……!?

2クール目の魅力を語る場面では、“スプリントバトル“と“先輩・後輩の絆”についてキャスト陣が熱くコメント。キャスト陣が“スプリントバトル”について語る中で宮野さんが暴走し、鷲崎さんに「昔の「弱ペダ」のイベントってこんなんじゃなかったよね!?」と突っ込んでいた。

「先輩・後輩の絆」では、下野さんが松岡さん(青八木)に今後もついて行くことを宣言。息の合った演技をするために松岡さんの演技をよく観察していることを明かした。なお、「先輩・後輩の絆」の流れから、鷲崎さんが内田さんに「宮野さんのこと好きなんですよね?どこが好きなの?」と質問。内田さんが照れながら「まず顔ですね」と答えてキャスト陣から「ガチなやつじゃん!」というツッコミが入り、観客からも黄色い悲鳴が上がった。


その後に5人並んでのフォトセッションが行なわれ、ステージはエンディングへ。キャスト陣から一言ずつコメントが述べられて、客席からの名残を惜しむ声とともに閉幕を迎えた。




■TVアニメ「弱虫ペダル GLORY LINE」

【放送情報】
テレビ東京:毎週月曜26:05~
テレビ大阪:毎週月曜26:05~
テレビ愛知:毎週月曜27:05~
テレビせとうち:毎週水曜26:10~
テレビ北海道:毎週火曜26:35~
TVQ九州放送:毎週月曜27:00~
NBC長崎放送:毎週日曜25:20~
AT-X:毎週金曜20:00~20:30~
  (リピート放送:毎週日曜6:30~/毎週月曜12:00~/毎週水曜28:00)

【スタッフ】
原作:渡辺航(週刊少年チャンピオン)
監督:鍋島修
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:番由紀子
音楽:沢田完
音響監督:高寺たけし
編集:坂本久美子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

【キャスト】
山下大輝、鳥海浩輔、福島潤、岸尾だいすけ、松岡禎丞、下野紘、宮田幸季、羽多野渉、中村悠一、代永翼、阿部敦、野島健児、宮野真守、小野大輔、内田雄馬、遊佐浩二、福山潤、安元洋貴、森久保祥太郎、伊藤健太郎、他

【主題歌】
オープニングテーマ:『僕の声』Rhythmic Toy World
エンディングテーマ:『Carry the Hope』THE HIGH CADENCE(小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉、手嶋純太、青八木一、鏑木一差)


<ストーリー>
前年の全国大会<インターハイ>を制した主人公・小野田坂道が所属する総北高校。チームを引っ張った先輩たちが卒業・引退し、新たな世代のチームとして始動した彼らは、互いに刺激し合い、支え合い、高め合いながら、連覇を目指してインターハイの切符を勝ち取った。そして迎えた決戦の時。
ライバルであり王座奪還を狙う箱根学園、怪物レーサー御堂筋を擁する京都伏見、そして全国の強豪たちが一堂に集い、優勝を目指して激しくぶつかり合う!選手全員が各々に秘める想い。直線を疾走するスプリンターとして、山を制すクライマーとして、そしてチームを勝利に導くエースとして…
栄光へのそれぞれのゴールライン=“GLORY LINE”を最初に駆け抜けるのは、果たして誰なのか―!?


©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会


弱虫ペダル GLORY LINE Blu-ray BOX Vol.1(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き)

B078YJWKTP 弱虫ペダル GLORY LINE DVD BOX Vol.1(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き)

B078Y71PG1 弱虫ペダル GLORY LINE DVD BOX Vol.2(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き)

B078Y49YJ3 弱虫ペダル GLORY LINE Blu-ray BOX Vol.2(初回生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き)

B078Y3F9SB

▲ PAGETOP