ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース雨宮天、羽多野渉よりコメント&アフレコ集合写真到着!TVアニメ「キリングバイツ」

雨宮天、羽多野渉よりコメント&アフレコ集合写真到着!TVアニメ「キリングバイツ」 2018年1月15日 12:10


MBS他「アニメイズム」にて放送中のTVアニメ「キリングバイツ」。本作のキャスト陣を代表して、宇崎瞳役の雨宮天さんと野本裕也役の羽多野渉さんよりコメントと、アフレコ集合写真が到着したので紹介する(※大川透さんのご療養前に行われたアフレコで撮影された写真です)。

また、第1話「1st Bite『牙の鋭い方が勝つ』」の場面カットとあらすじが到着したので合わせて紹介。この他、公式サイトでは原作者・村田真哉先生と雨宮さん、羽多野さんのオンエア直前鼎談が掲載中なので、ぜひチェックしよう!



■キャストコメント

<質問>
Q1:いよいよアニメが放送となります。見どころや注目してほしいシーンを教えてください。
Q2:自身のキャラクターについて一言お願い致します。
Q3:放送を間近に控えた視聴者へのメッセージをお願い致します。


●雨宮天さん(宇崎瞳役)

A1:キリングバイツはやはり戦闘が見所で、キリングバイツならではの獣人の個性を生かした戦闘は一話から是非注目していただきたいです!
また、一話はヒトミの格好良いだけじゃない多面的な魅力を知っていただける回だと思いますので、そんなところもしっかり見てください!

A2:様々な状況下で放つ「牙の鋭い方が勝つ。それが『キリングバイツ』だ。」という毎回の決め台詞があるのですが、それひとつとっても色々な表情をしているので、ヒトミの代わる代わるの表情にはかなり意識を注いで演じました!
ヒトミの持つ様々なギャップもとても魅力だと思います!


A3:原作ファンの方もアニメからの方もどちらもとても新鮮に楽しんでいただけると思います。
私がとにかく驚いたのは戦闘シーンの迫力!次々と切り替わるカメラワークに、息つく間もなく繰り出される攻撃とそこから溢れ出す獣人の個性に、目が離せませんでした!
ストーリーが進むにつれてどんどん個性の魅力的なキャラクターが増えていきますので、お見逃しなく!



●羽多野渉さん(野本裕也役)

A1:平凡な大学生の野本が瞳と出会うところから始まります。その出会い方が衝撃的なのでお楽しみに!流されるままとんでもない世界へ足を踏み入れてしまう野本の翻弄されっぷりも是非楽しんで観て頂きたいです。
そして、なんといっても迫力のアクションシーンをお見逃しなく!
また、一話はヒトミの格好良いだけじゃない多面的な魅力を知っていただける回だと思いますので、そんなところもしっかり見てください!

A2:野本というキャラクターは、自然・野生を目の前にして、その冷酷な恐ろしさに対して驚く「ヒト」そのもの。
自然界において、ヒトとはいかに脆弱なものか…。
腰が抜けるほど驚いたり情けなく悲鳴をあげたりしているのですが、なるべく誇張せず自然体で向き合わせて頂きました。

A3:格闘アクションが好きな方にオススメな『キリングバイツ』ですが、音楽にもかなりこだわっているようです!もうアフレコは全て終わっておりますので、僕も一視聴者として皆さんと一緒にオンエアを楽しもうと思っております。
作品の熱さを一緒に体感してください!
“牙の鋭い方が勝つ…それが、キリングバイツだ!!”



■TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット
TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット
TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット TVアニメ「キリングバイツ」第1話場面カット

<第1話あらすじ>
平凡な大学生・野本裕也は、とある事件に巻き込まれ、謎の女子高生・ヒトミと出会う。ひと気のない廃棄場で、彼女が獣の姿に変貌し、獅子の怪物と死闘を繰り広げる様を目撃する。
彼らの正体は、人間の頭脳と獣の牙を持った獣人。そしてヒトミは、最強の闘争本能を秘めた獣闘士(ブルート)「蜜獾(ラーテル)だった。野本はヒトミと出会ったことで、この獣人たちによる熾烈な戦い「牙闘(キリングバイツ)」に巻き込まれていく――。



■TVアニメ「キリングバイツ」

【放送情報】
MBS:毎週金曜26:25~
TBS:毎週金曜26:25~
BS-TBS:毎週土曜24:30~
SBS:1月16日より毎週火曜26:28~

【スタッフ】
原作:村田真哉/作画:隅田かずあさ(月刊ヒーローズ連載)
監督:西片康人
シリーズ構成:朱白あおい(ミームミーム)
キャラクターデザイン:渡邊和夫
美術監督:横松紀彦
美術設定:池田祐二
背景:スタジオワイエス
色彩設計:篠原愛子
CG ディレクター:後藤泰輔
モデリングスーパーバイザー:金忠男
3DCGI:しいたけデジタル
2D デザイン/モニターグラフィックス:佐藤菜津子
撮影監督:増元由紀大
撮影:グラフィニカ
編集:長谷川舞
音響監督:明田川仁
音響効果:小山恭正
音響制作:マジックカプセル
音楽:高梨康治
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:キリングバイツ製作委員会

【キャスト】
宇崎瞳(ラーテル):雨宮天
野本裕也:羽多野渉
中西獲座(チータ):内田真礼
稲葉初(ラビ):上坂すみれ
祠堂零一:小山力也
篠崎舞:赤﨑千夏
岡島壱之助:大川透
三門陽湖:潘めぐみ
中西大河(ティガ):中村悠一
乃塒押絵:原田彩楓
六条香織:浅川悠
城戸剛:小柳良寛
矢部正太:小林裕介
ジェロム本郷:武虎
大沼電:吉野裕行
椎名竜次:小西克幸
谷優牛:小野友樹
尊聖羅:南條愛乃
三門陽参:柴田秀勝
粗科涼子:原奈津子
岸本朱美・紅里:岩佐夏芽
ナレーション:諏訪部順一


【主題歌】
オープニングテーマ:『killing bites』fripSide
エンディングテーマ:『ケダモノダモノ』キツネツキ


<イントロダクション>
平凡な大学生・野本裕也(のもとゆうや)は、謎の少女・ヒトミと出会う。
ひと気のない廃棄場にて、野本は彼女が獣の姿に変貌し、獅子の怪物と死闘を繰り広げる様を目撃する。
彼らの正体は、人類の頭脳と獣の牙を併せ持った「獣闘士(ブルート)」。
そしてヒトミは、最強の闘争本能を秘めた獣闘士「蜜獾(ラーテル)」だった。
獣闘士たちは、古来より日本経済を支配してきた4大財閥、三門・八菱・角供・石田に抱えられ、その代理人として決闘を行い、覇権を争ってきたのである。
そして野本もまたヒトミと出会ったことで、この獣闘士たちの熾烈な戦い
「牙闘(キリングバイツ)」に飲み込まれていく――。


©村田真哉・隅田かずあさ・HERO'S/キリングバイツ製作委員会


【Amazon.co.jp限定】killing bites<初回限定盤CD+DVD>TVアニメ「キリングバイツ」オープニングテーマ (ブロマイド付き)

B078H7BWS9 killing bites<初回限定盤CD+DVD>TVアニメ「キリングバイツ」オープニングテーマ

B078GWXVH9 killing bites<通常盤>TVアニメ「キリングバイツ」オープニングテーマ

B078H7WSC4 【Amazon.co.jp限定】ケダモノダモノ TVアニメ「キリングバイツ」エンディングテーマ (ポスターE付き)

B078H3DFSV ケダモノダモノ TVアニメ「キリングバイツ」エンディングテーマ

B078H2L4ML

▲ PAGETOP