ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース高橋李依、大原ゆい子らが高木神社でヒット祈願!TVアニメ「からかい上手の高木さん」2018年1月放送開始!

高橋李依、大原ゆい子らが高木神社でヒット祈願!TVアニメ「からかい上手の高木さん」2018年1月放送開始! 2017年12月28日 19:00


「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中で、コミックス累計300万部突破の青春コメディ「からかい上手の高木さん」が2018年1月よりTVアニメの放送を開始する。本作は男子中学生・西片と隣の席に座る高木さんの全力“からかい”青春バトルが描かれている。

今回、高木さん役を演じる高橋李依さん、OPテーマ『言わないけどね。』を歌う大原ゆい子さん、赤城博昭監督を始めとしたスタッフ一同が、東京都墨田区にある高木神社にてヒット祈願を行った。

厳かな雰囲気の中、緊張の面持ちで拝殿に着席した参加者一同。神主さんと巫女さんによる祝詞の奏上から、高橋さん、赤城監督、大原さんらが神様に玉串を捧げ、最後に全員でお神酒をいただきヒット祈願を終えた。ヒット祈願後にはこの3人による囲み取材も行われた。



●TVアニメ「からかい上手の高木さん」

――ヒット祈願を終えた感想をお願いします。

赤城:まるで必然だったかのような高木神社でのヒット祈願でした。(このヒット祈願が)制作スタッフの助けになるんじゃないかと思います。

高橋:1月からTVアニメが始まるということで、これから意気込んでいきたいといったタイミングで高木神社と巡り合えたことが嬉しかったです。このヒット祈願があったことで「高木さん」を見るきっかけになったり、アニメを見てくださった方が高木神社に行ってみようって思っていただいたりと、全国の高木さんが幸せになってくれたら嬉しいです。

大原:ヒット祈願には初めて参加させていただき、願いを込めてお参りさせていただきました。高木神社のモチーフに使われているおむすびがとても可愛かったのでまた来たいと思います。



――原作コミックを初めて読んだ時の印象や、高木さんの印象をお願いします。

赤城:初めて読んだのはお掃除当番の話だったんですが、ラストの方でちょっと空気感変わる高木さんのセリフに魅了されました。そこからこの作品の世界観を見ていきたいと思って漫画を読み続けました。

高橋:初めて作品を読ませてもらった時に一瞬で世界観に引き込まれました。自分たちがアニメとして作らせていただけることが嬉しく、なんとか原作の空気をそのまま皆さんに届けられたらいいなと思う程、素敵な空気感の作品です。
高木さんの魅力を引き出しているのは西片だと思うので、作品の魅力は西片なのかなと思っています。

大原:もともと原作を読んでいて、とても好きな作品だったんです。自分が主題歌を歌わせてもらえると思わなかったので嬉しかったです。一視聴者としてもアニメをとても楽しみにしています。


――本作を制作するにあたり、特にこだわっている部分はありますか?

赤城:西片が高木さんを愛でる形で描いています。物語は西片の視点で進むんですが、こちらとしては高木さんの目線も意識して作っています。あとはクラスメイトの男子3人が面白く絡むことで楽しい作品になっていると思います。



――アフレコ現場の雰囲気をお聞かせください。

高橋:現場は皆仲が良いんです。一パートのテストが終わるごとに皆ニコニコの笑顔になっています。田辺先生役の田所陽向さんがよく「羨ましい、先生も参加したい」とおっしゃるぐらい、西片くんと高木さんだけの空気感になっていて、それを皆で楽しんでいる感じです。
アニメの中ではふたりだけでも、アフレコ現場には皆いるわけで、皆さんにはいつも見守ってもらっています。


――高木さんと自分の重なる部分や、逆にまったく自分にはないところはありますか?

高橋:ほとんど高木さんとは真逆なんですが、重なる部分といえば「笑うところは笑う」という点です。面白いことへの沸点が人と違うので西片のリアクションで他の人が笑わなくても高木さんだったら大爆笑しちゃうみたいなことあるので、そこが似ているかもしれません。
自分はからかう側ではないので、そこはキャラクター性が違うと思います(笑)



――中学生の時に相手をからかったり、逆にからかわれたことはありましたか?

高橋:自覚はないんですが、バレンタインのチョコをクラス全員にあげていたので、今思うと「いけない子だったな」って思います(笑)

大原:どちらかというとからかわれて喜ぶタイプだったので、アニメも西片くんの気持ちで見たいと思います。


――OPテーマ『言わないけどね。』を作詞・作曲する際に意識した点はどこでしょうか?

大原:作る前に打ち合わせをさせていただき、青春感のあるスキップしたくなるような楽曲イメージで作らせていただきました。作中で高木さんが西片くんに「好き」とは言わない曖昧な感じを大切にして、若い人から年配の方まで口ずさめるようなキャッチーな歌詞を意識して書きました。



――来年の抱負をお聞かせいただけますか?

赤城:我々の作るものが、日本いや、全世界と縁を結べるものになるようにしたいなと思っています。

高橋:順調にアフレコが進んでいて、一話一話後悔がないようにしていますが、最後まで無事に終わるように願っています。そして、最終話まで無事に放送されて、たくさんの人をからかえたらいいなと思います。

大原:本当に大好きな作品に関わらせていただいたので、いろんな方に歌でアプローチ出来るように頑張りたいと思います。


――最後にメッセージをお願いします。

赤城:楽しいフィルムを作っています。高木さん、西片を面白く描き、笑える作品しますのでどうぞよろしくお願いします。

高橋:「からかい上手の高木さん」という作品を成功させるためにたくさんの方にこのヒット祈願にお集まりいただきました。この場にはいないスタッフさんとも高木さんがどうやったらからかい上手になるのか練りに練っています。それが30分に凝縮されて1クール走り続けます。毎週毎週楽しめる自信がある作品に出来上がると思うので、見守っていただき、たくさんからかわれてもらえたら嬉しいです。

大原:一ファンとしても視聴者の皆さんと一緒に楽しみつつ、OP曲を歌うことで作品を広めていけたらと思います。


なお、縁が結ぶ「高木」コラボとして「高木神社xからかい上手の高木さん」からかい成就コラボが開始!

「高木」という名前の共通点だけでなく、縁結びの神様が祀られていることから「ラブコメ」作品である本作とのコラボが実現。「からかい成就コラボ」では、巫女姿の描きおろしの高木さんパネルの展示や、「からかい成就おみくじ」の展開などを行います。今後も授与品(グッズ)の販売なども予定しておりますので、ぜひチェックしてみてください!



■高木神社xからかい上手の高木さん」からかい成就コラボ

【開始日】2017年12月30日(土)
【会場】高木神社(東京都墨田区押上2-37-9)

【コラボ内容】
・描き下ろし等身大パネルの展示
設置時間:9:00~17:00(都合により変更になる場合がございます)
設置場所:境内地

・キャスト・スタッフの直筆むすび絵馬の展示
社務所横の掲示板にて、高木さん役の高橋李依さんや、原作者・山本崇一朗先生、赤城博昭監督らの直筆メッセージが書かれた、おむすび型の「むすび絵馬」を掲示。

・「からかい成就おみくじ」の販売
金額:1回100円
※一度お並びにいただいた際に引ける回数は、お一人様最大5回までとさせていただきます。
※おみくじは、なくなり次第販売終了となります。
※おみくじの返品・交換は致しません。
※混雑時は、係員の指示に従ってお並びくださいませ。

・『からかい上手の高木さん×高木神社』オリジナル御朱印帖
金額:3,000円
オリジナルのご朱印と間紙が付きます
※こちらの御朱印帖の最初の箇所のみに御朱印をお書きいたします。その他の御朱印帖、及び書置きでの対応はしておりません。
※1度のご購入につき、お一人様最大3点までとさせていただきます。



■TVアニメ「からかい上手の高木さん」

【放送情報】
TOKYO MX:2018年1月8日より毎週月曜23:00〜
読売テレビ:2018年1月8日より毎週月曜25:59〜
BS11:2018年1月9日より毎週火曜25:30〜

【スタッフ】
原作:山本崇一朗『からかい上手の高木さん』(小学館「ゲッサン」連載中)
監督:赤城博昭
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:髙野綾
サブキャラクターデザイン・総作画監督:茂木琢次、近藤奈都子
音楽:堤博明
オープニングテーマ:『言わないけどね。』歌:大原ゆい子
アニメーション制作:シンエイ動画

【キャスト】
高木さん:高橋李依
西片:梶裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
田辺先生:田所陽向


©2018 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん製作委員会


からかい上手の高木さん(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

B00N2QXHRW からかい上手の高木さん(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

B00SKK9FWQ からかい上手の高木さん(3) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

B0196RT7V0 からかい上手の高木さん(7): ゲッサン少年サンデーコミックス (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

4091280625 からかい上手の高木さん 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

4091281524

▲ PAGETOP