ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース楽しみながら健康になれる、新感覚美容系コンテンツ「BBB」プロジェクト始動!土岐隼一、濱野大輝、野上翔のインタビューが到着!

楽しみながら健康になれる、新感覚美容系コンテンツ「BBB」プロジェクト始動!土岐隼一、濱野大輝、野上翔のインタビューが到着! 2017年12月19日 19:00


自分の趣味を第一に、時間とお金をかける事を惜しまない女性達を『年貢系女子』と称した、女子力向上プロジェクトが始動。

ただ漫画を読んだり、アニメを見たり、ゲームをするだけではなく、ユーザーが楽しみながら実践できる新感覚のフィットネスコンテンツを展開予定。

本プロジェクトはバランスボールに転生した伝説のイケメンアイドルたちが、人間に戻るために年貢系女子の女子力向上に力を貸してくれるという内容だ。

今回は、そんなプロジェクトでバランスボールに転生したアイドルこと“BBB(バランス・ボール・ボーイズ)”に出演するキャストから土岐隼一さん(澪役)、濱野大輝さん(郁役)、野上翔さん(大地役)のインタビューをお届け。



●バランスボールの擬人化に一同困惑!

――まずはご自身が演じるキャラクターについてお願いします。

野上:大地は“不憫な熱血ヤンキー”というコンセプトが面白いキャラクターです(笑)。ポジションとしては、頑張っている人がめげそうな時に「おい、大丈夫か?」とメンタルケアをさせていただく立ち位置ですね。ほかのふたりと違い、直接的な言葉を相手にぶつけることが多いものの、それは相手を想っているがゆえのはずなので、演じていて楽しそうだなと思っています。
僕自身、最近いろいろなヤンキーキャラを担当しているので、不安はあまりなく、演じていて楽しそうだなと思っています

土岐:澪は、コンセプトカラーの“青”から連想する通り、クールで優しい物腰ながら、腹黒くてドSなキャラクターです。それでいて、口が上手く、アドバイスも的確なので、彼がトレーナーになったら、モチベーションをすごく高められると思います。ポテンシャルが高いので、どんな魅力的なキャラクターになっていくのか、僕自身も楽しみです。

濱野:郁は“天才型の脱力系男子”という、相反した要素が合わさっているキャラクターです。頑張ることが苦手な人でも共感できる性格なので、「そんな感じでいいんじゃない?」というように、相手に寄り添ったトレーニングになると思います。……アメとムチの、アメ要素だけみたいな(笑)。そんななかでも天才肌な一面も持っているので、どうなっていくのか期待しています。



――キャラクターとご自身の共通点はありますか?

野上:幼少期ではないですが、僕も過去に太っていたことがあり、その反動でダイエットを果たしました。そのあたりは共感というか完全に一致しています(笑)。ほかにも、どことなく共感できるポイントがキャラクターです。

土岐:口が上手くて美意識が高いという点は、僕よりも姉のほうに近いかもしれないです。姉がクラッシクバレエをやっていたおかげで、筋トレや柔軟に付き合わされていました。ただ、嫌々やっていたわけじゃなくて、姉が僕をノセるのが上手くて……。「めちゃくちゃ柔らかいじゃん!才能あるかもよ?」みたいな感じで。もしかしたら、その経験が澪の表現をする上で役に立つかもしれないですね。

濱野:僕は美味しいものが食べたいところや、適当なところ、マイペースな部分が似ているのかなと思います。



――「年貢系女子」という言葉を聞いたときの印象はいかがでしたか?

野上:僕も「好きなことに集中しちゃう!」点がすごく共感できるので、面白い言葉だと思いました。みんなの女子力向上に、僕らのキャラクターが協力できるのは嬉しいです。

土岐:自分の「ここだ!」と思うことをどこまでも集中しちゃうことは、大なり小なりみなさんある事だと思います。そのなかで「プラスアルファとして、自分の健康面を見つめ直す機会はあってもいいのかな?」と感じるので、「BBB」というコンテンツを通してどんどん健康になり、さらに好きなことへの集中力や体力も上がっていく、という好循環を作っていきたいです。

濱野:美容やダイエットに興味はあるものの、趣味に走るがゆえに注意散漫になりがちで、手を出しても三日坊主になってしまう……というのはすごく共感できました。ただ、そういう人って、ドンピシャで自分にハマるものを待っていると思うんです。「BBB」がそんな想いに応えられるコンテンツになれたらいいですね。あと、老後も好きなことを楽しむためにも、早いうちから健康に気を遣う入口として、趣味の延長として頑張っていただけたらなと。



――自分自身が趣味にとことん費やした経験は?

野上:じつは、僕も洋服が大好きな「年貢系男子」です(笑)。そういう意味で、「BBB」では同志の皆さんのために役に立ちたいという想いが強いです。

土岐:リフレッシュのためにコーヒーを飲む時間がほしいので、1日に30分から1時間の休憩を入れたいというところが、僕にとっての年貢なのかもしれません。

濱野:海外サッカーを観戦するのが好きなので、どうしても夜ふかしをすることが多いですね。お金は年に1回ユニフォームを買うくらいで、あまりかからないです。いつか現地観戦もしてみたいですから、僕も「BBB」で健康になっていきたいです(笑)。



――健康を維持するために日頃からやっていることはありますか?

濱野:本当に簡単なことで、足りない栄養素をサプリメントで補ったりはしていますね。あとは食べることが好きなので、血の気が足りないときはお肉を多めにしたり、体がダルいときは野菜を多めにしています。最近だとジムに通って、体調の調整とウェイトアップのためにトレーニングを始めました。将来的にナイスミドルになりたいので、そこを目指して頑張っています。

土岐:代謝を維持することを意識しています。柔軟はクセとして続けていますが、代謝が落ちてくると体の機能も低下してくるので、体のコンディションを改善するためにお風呂にゆっくり浸かるようにしています。

野上:僕はとくにないです(笑)。強いて言うなら、よく寝るようになりました。もともと寝られなくて、「昼寝を少しすると良い」という話を聞いて続けていたら、調子が良くなったんですよ。



――バランスボールの擬人化ということで、どんな気持ちか考えたりはしましたか?

野上:「擬人化もついにここまで来たか」というのが正直な感想で、まったく予想ができなかったです!キャラクター像はしっかり作られていますが、バランスボールの気持ちというのは、まだ、ちょっとわかりません(笑)。

濱野:座っている人を落とそうとしているのか、それとも支えようとしているのか、みたいなことは考えました。「あえて難しくしたりもするのかな……」と(笑)。

土岐:「君はまだ腹筋が足りないな~」とか、上手になってきたら「もう下の支えはいらないかな」とか。バランスボールってフィットネス器具としては有名ですけど、家にはなかなかないですよね。だからこそ、“僕”をもっと見てほしいみたいに想っているのかもしれませんよね。



――バランスボールボーイズとしての野望と、年貢系女子へのメッセージをお願いします。

野上:僕は運動もあまり得意じゃないので、同志である年貢系女子のみなさんに、3人の中で一番寄り添っていけるんじゃないかなと思っています。とっつきにくいかもしれないけど、「そんなことないよ」と皆さんの支えになっていっしょに頑張れる企画にできたら素敵ですね!一緒に頑張りましょう!

土岐:何かひとつのことに集中している状況で、新しい分野に手を出すのは難しいことだと思います。それでも僕たちをきっかけとして、自分の体を改めて見つめる機会を作っていただけたら嬉しいです。最初は苦手意識があるかもしれないですけど、体の調子を良くしていくと自分をどんどん好きになれると思います。僕たちと一緒に体を動かして、みんなで健康になりましょう!

濱野:バランスボールはひとりでもできるので、コツコツと積み重ねていきながら大きな成果を手に入れていただきたいです。そのために、まずは家の中で聞いていただけるコンテンツから始まり、ゆくゆくは成果を報告し合えるようなイベントもできたらいいですね。皆さん、応援と努力をよろしくお願いします!!



©KING RECORD CO.,LTD.


WinLine バランスボール 65cm ポンプ付き オフィス ダイエット 姿勢矯正 セラピー エクササイズ ヨガ 筋トレ トレーニング 腰痛 腹筋 運動 椅子

B07517WXM8 PROMIC バランスボール 45/55/65/75/85cm 8色 プロフェッショナルグレード フットポンプ付き アンチバースト ヨガボール エクササイズボール

B076S2KZPZ PURE RISE(ピュアライズ) バランスボール フットポンプ付き

B01NCNJUWB

▲ PAGETOP