ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース立花慎之介、前野智昭よりコメント到着!ドラマCD「和奇伝愛 永恋詩」第4巻が11月29日発売!

立花慎之介、前野智昭よりコメント到着!ドラマCD「和奇伝愛 永恋詩」第4巻が11月29日発売! 2017年12月 1日 12:20


オトメイトとティームエンタテインメントによる女性向けレーベル「オトメイトレコード」より、2016年に発売されたキャラクターCD「和奇伝愛」シリーズ。本シリーズの新作「和奇伝愛 永恋詩」シリーズ第4巻が、11月29日(水)に発売された。

本シリーズでは1枚のCDにキャラクター2名ずつが登場し、一人の少女(主人公)を巡るキャラクター同士の恋のバトルが描かれる。第4巻には立花慎之介さん&前野智昭さんが出演。今回、立花さん、前野さんよりコメントが到着したので紹介する。

また、2017年12月にはキャスト総出演のドラマCDが発売。杉田智和さん演じる新キャラクター「命(みこと)」が登場するので、ぜひチェックしよう!



●ドラマCD「和奇伝愛 永恋詩 〜四ノ巻 桐生・寿〜」キャストコメント

――収録を終えてのご感想をお願いいたします。

桐生役・立花慎之介:桐生は、前回のドラマCD(巫ノ物語 後編)から登場させていただいたのですが、その時は、腕っ節に物を言わせるクールな仕事人というイメージでした。今回の物語は桐生・寿編ということで、二人の関係性や、桐生の過去、彼の意外な一面が描かれており、家で台本を読んだ時に「あれ?こいつこんなお茶目な部分があったんだ!」と思いました(笑)。

寿役・前野智昭:前回までは、顔見せ程度だった彼らの関係だったり、バックボーンだったりが垣間見れる物語だったので、キャラクターが大きく成長したなという印象です。寿にとって、桐生はかけがえのない存在だったんだなというのがわかりましたし、心がとても温まるお話でした。


――本作は、和奇伝愛の続編シリーズとなります。演じられたキャラクターの魅力(もしくは今回初めて発見した一面など)はありましたか?

立花:女性に対してとてもウブだったり、今までの桐生とは違う一面ばかりだったので、キャラクターとして深みが出たように感じますし、彼に対して人間的に面白いと思わさせてくれる回だったと思います。

前野:桐生への思いもそうですけど、飄々としている裏で、思慮深い考えを持って行動しているんだなという部分が、かっこいいなと思いました。決してそれを人には見せないけど、確固たる信念が裏にはあって。能ある鷹は爪を隠すというタイプの人間ですね。


――もしも登場したキャラクター(2人)が、現実に居たとしたらご自身と、どんな関係になりそうでしょうか?

立花:寿とは表面上では仲良くなれそうですが腹の底がわからない人なので、クラスメイトや同僚では居られると思います。それ以上の関係となると難しいかな(笑)。
桐生は逆に、最初がすごくとっつきにくいと思います。喋っていくと、芯のあるまっすぐな人という部分が見えてくるので、信頼出来る相手になれるんじゃないかなと。心を開いて親友になれるのは桐生だと思いますね。

前野:桐生とはビジネスの関係になると思います(笑)。僕もどちらかというと桐生と似ていて、自分から率先して相手のテリトリーに踏み込むタイプではないので、そういう牽制の仕合になると思います。
寿のように自分から踏み込んできてくれて、自分も心を開いてもいいと思える相手だったら仲良くなれるので、もしかしたら寿とは仲良くなれるチャンスがあるかもしれません(笑)。


――ファンの方へメッセージをお願いいたします。

立花:桐生・寿編ということで、皆さんが今まで知りえなかった桐生の過去、寿との関係性、桐生の意外な一面が垣間見れますので、良い意味で桐生のイメージが変わる物語になっていると思います。本当に楽しんで頂ける物語になっていると思いますので、ぜひ、そのお耳で、一度直接お聴きいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

前野:今までは顔見せ程度だった彼らについて、こういう人たちなんだ、こういう素敵な関係性なんだ、と皆様に初めて知って頂けるお話だと思います。我々は古薫の皆さんとは敵側の立ち位置ではあるのですが、その敵側にも様々なバックボーンがあって、こういうキャラクターも居るんだという事を、今回の物語で知って、楽しんでいただけたらうれしいです。是非ご購入いただき、お聴きいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。



■ドラマCD「和奇伝愛 永恋詩 〜四ノ巻 桐生・寿〜」

【発売日】2017年11月29日(水)好評発売中!
【価格】2,500円(税抜)
【品番】XFCD-0026
【発売元】ティームエンタテインメント

【キャスト】
桐生:立花慎之介
寿:前野智昭

【トラックリスト】
トラック1:序章
トラック2:壱章 ― 桐生と寿
トラック3:弐章 ― 純心の愛
トラック4:参章 ― 遊戯の愛
トラック5:四章 ― 人と心
トラック6:伍章 ― 宝物
トラック7:六章 ― 愛する少女
トラック8:主題歌『永恋詩(short ver.)』歌:吉岡亜衣加


<あらすじ>
『術師』の存在を忌み嫌い、殲滅させようとする幕府。
そんな幕府には『影の役人』と呼ばれる男たちが居た。
人斬りの天才と呼ばれる桐生、そして彼と共に術師の討伐を行う寿。
二人は上司と部下の関係だが、幼馴染でもある。

冷静沈着で、己にも他人にも厳しい桐生は、
いい加減で口が上手く、締まりの無い寿に手を焼いていた。

そんなある日、二人は街を偵察している途中で一人の少女に出会う。
少女が術師達が住む里『古薫(こくん)』で暮らしていると知るや否や、
二人は少女を、悪行を働く術師の一味と判断し、問答無用で幕府へと連行するが――。


©IDEA FACTORY/axcell


和奇伝愛 永恋詩 ~四ノ巻 桐生・寿~

B072KGL8ND 和奇伝愛 永恋詩 ~萬ノ刻~

B071K82XV2和奇伝愛 永恋詩 ~壱ノ巻 柳・楽埜~

B071GMZ4DK 和奇伝愛 永恋詩 ~弐ノ巻 赤翅・白十~

B071X64SVJ 和奇伝愛 永恋詩 ~参ノ巻 雅・巫~

B072KGLBJC

▲ PAGETOP