ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース三瓶由布子、名塚佳織ら登壇!「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」完成披露試写会レポート!

三瓶由布子、名塚佳織ら登壇!「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」完成披露試写会レポート! 2017年9月 7日 12:20


9月16日(土)より公開される映画「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」。本作の完成披露試写会が、9月5日(火)に新宿バルト9にて開催された。

試写会では、主人公・レントン役の三瓶由布子さんと、ヒロイン・エウレカ役の名塚佳織さんによる“交響詩篇コンビ”と、2005年のTVシリーズからのオリジナルスタッフである京田知己総監督が登壇。さらにスペシャルゲストとして、レントンの境遇と同じく伝説の父を持ち、本作で初の映画主題歌を担当した尾崎裕哉さんが登壇した。

イベント中は本作の苦労や12年のテレビシリーズを経た今の心境など、様々なことを語った。主題歌を担当した尾崎さんも主題歌『Glory Days』についての思いを語り、会場は大いに盛り上がった。今回、この試写会よりオフィシャルコメントが到着したので紹介する。


◆尾崎裕哉『Glory Days』アニメ版(Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=TCsl7AcmUd4



■「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」完成披露試写会コメント

――完成披露上映を迎えて

レントン役・三瓶由布子:テレビシリーズから12年経って、またエウレカセブンに携わることができてとても幸せです。収録が終わりこれから皆さんがどんな感想を持つのか楽しみです。

エウレカ役・名塚佳織:皆さん集まっていただきありがとうございます。新たなエウレカを皆さんはどう受け止めてくださるのか、昨日は珍しく緊張してしまって、何だか眠れませんでした!

京田知己総監督:ここに至るまで、本当に色々ありまして、今回はもうダメかな、、と思ってしまったこともありました、キャストやスタッフの方に支えられ何とか今日にたどり着くことができました。感無量という思いと、同時に舞台挨拶に緊張するな、という思いがあってなんだか複雑な気持ちです。


――久しぶりに交響詩篇のキャラクターを演じて

三瓶:12年前のテレビシリーズから、ゲームやアニメなど様々なものでレントンを演じさせて頂く機会がありましたが、劇場版ということで1話から12年前に演じたシーンなどを演じ直すという事に様々な思いがありました。当時19~20歳の時に演じていた私はどうだったか、2017年の今様々なことを考え、楽しみでもありつつ、かなり緊張しました。ですが、現場に入りアフレコ自体はスムーズに行うことができ、収録を無事終えることができました。本当に長い1日でした!

名塚:他の現場などで、皆さんキャストの方とお会いすることがあっても、エウレカセブンという作品で12年ぶりに皆で集まるということに、どんな思いなのかと思っていたら。現場ではスッと役に入ることができて、それがすごく印象的でした。ブースの奥でクスクス笑っている人もいて、懐かしいなと思っていました。演じる上では、当時私は若くてただがむしゃらに演じていれば出来ていた中学生という年齢の役柄が、今、大人になって様々な経験をして、色々なことを知ってしまっているので、中学生時代や過去のことを思い出しながら、役作りをしていき演技をしていきました。長い一日でした。


――今回映画で古谷さんが演じたレントンの父アドロックについて

三瓶:一緒に録った名塚さんが羨ましいです!私はアフレコをやっている現場は見れていないんですけど、試写で古谷さんのシーンを観させていただいて、一言目から“アドロックだ”と思って、何だか映画を観ていて涙が流れてきて、レントンとして泣いているのか、私個人として泣いているのかは分からなかったですが、感動してしまいました。レジェンドの古谷さんにアドロックというキャラを演じていただき、さらに、映画では一人の人間として描かれている本作。これだけで観る価値のあるものだと思います。

名塚:一緒アフレコをさせていただいたんですけど、レジェンドと呼ばれる大御所の方と一緒にやれて本当に良かったです。ご本人もおっしゃられていたんですけど、映画を観る前でネタバレになってしまうので詳しいことは言えませんが、凄いシーンになっています!冒頭の新しい映像はエウレカファンも納得の物になっていると思います。


――映画でこだわった部分について

京田総監督:手書きでのアクションシーンを作る、ということにこだわっていきました。村木靖さんを筆頭に様々なスタッフに頑張っていただき、当初目標にしていた30分間ロボットの戦闘シーンを作るここに関しては苦労もしましたし、成功しているかなと思っています。


――尾崎さんの起用について

京田総監督:主題歌をどうしようと、脚本の佐藤大さんと考えて悩んでいた時に、iTunesを開いてみようとなって、たまたまそこに尾崎さんが出てきて、直ぐにクリックして音楽を流してみたら、本当に声やその時流れてきた音楽がピッタリだなぁと“あ、ここにいた”思って尾崎さんにお願いしたい!と思ったのですが、そこから様々なハードルをスタッフの方にかなり頑張っていただき、実現していただきました。本当に良かったと思っています。


――最初のオファーについて

主題歌担当・尾崎裕哉:最初にお話しいただいて、“ついに、自分の時代が来たな!”と思いました(笑)。


――映画の主題歌『Glory Days』について

尾崎:主題歌を担当させていただくことが決まり、12年前のTVシリーズと、本作のコンテなど見させていただき、その中で主人公レントンが幼いころに亡くした父親・アドロックが言っているセリフで、“ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん”というものがあって、これが僕にとっても共感できる部分でした。偉大な父を持ちそれを乗り越えようとするレントンの気持ちと一生懸命な姿勢。そういったことを思って歌っています。


――最後に一言

三瓶:初心者には少し優しくない部分もある映画ではありますが、それがエウレカらしさでもあるので(笑)、声も音楽も体感する気持ちで、ぜひ、劇場にお越しください。本当にありがとうございました。

名塚:12年の時を経てこの作品をやれたことを嬉しく思っています。皆様の応援のおかげだと思っています。映画は少し優しくない部分もありますが、皆さん楽しんください。

京田総監督:冒頭にもお話しましたがここにたどり着くまで様々なものがあり、やっと皆さんにご覧いただけるという思いです。そして、もう頭の中は次の2で一杯です。スタッフ皆が2に向かって走っています。もちろん1だけでも楽しめる映画になっていますが、パート2.パート3と楽しんでいただければと思っています。まずは1を楽しんでください。

尾崎:こんな風に会場に皆さんお集まりいただき、ファンに支えられている作品に携われて光栄です。この、映画からは新世界と思っていただき、ぜひ楽しんでください!



■尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

【発売日】2017年10月4日(水)
【価格/品番】
初回盤(CD+DVD):1,667円/TFCC-89635
通常盤(CD):1,389円/TFCC-89636

【収録内容】
<CD>
『Glory Days』他、全4曲収録予定

<DVD>※初回盤限定
・ライブ映像@EX THEATER ROPPONGI
1.Stay by my Side
2.僕が僕であるために
3.27
4.サムデイ・スマイル
5.始まりの街



■劇場3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」

9月16日(土)より全国ロードショー!

【スタッフ】
原作:BONES
総監督:京田知己
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン:吉田健一
監督:清水久敏
メインメカニックデザイン:河森正治
コンセプチャルデザイン:宮武一貴
デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト
キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美
特技監督:村木靖
メカニック作画監督:阿部慎吾
メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織
美術監督:永井一男
美術監督補佐:本庄雄志
色彩設計:水田信子
編集:坂本久美子
撮影監督:木村俊也
音響監督:若林和弘
音楽:佐藤直紀
挿入曲:Hardfloor、HIROSHI WATANABE
アニメーション制作:ボンズ
製作:バンダイナムコエンターテインメント、バンダイビジュアル、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、毎日放送、ボンズ
配給:ショウゲート

【キャスト】
レントン:三瓶由布子
エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史
ホランド:森川智之
タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太
レイ:久川綾
アドロック:古谷徹

【主題歌】
『Glory Days』尾崎裕哉(TOY’S FACTORY)


<ストーリー>
地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。
その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。
英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。
そして10年の時が流れた。
アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。
14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。
そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。
レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまう。
彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは奔走する。
人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。自分はなぜ、家出をしたのか。 自分はなぜ今、この道を走っているのか。


©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE


SEIZE THE DAY (初回生産限定盤)(CD+DVD)

B074PXZRQB SEIZE THE DAY (通常盤)

B074PXL97T 交響詩篇エウレカセブン Blu-ray BOX 1 (アンコールプレス版)

B001KO4IWG 交響詩篇エウレカセブン Blu-ray BOX 2 (アンコールプレス版)

B001KPWF2U 交響詩篇エウレカセブン DVD-BOX 1 (期間限定生産)

B006FR3E1E 交響詩篇エウレカセブン DVD-BOX 2 (最終巻)

B006FR3E32

▲ PAGETOP