ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース花江夏樹が登壇!映画「フェリシーと夢のトウシューズ」公開記念舞台挨拶レポート!

花江夏樹が登壇!映画「フェリシーと夢のトウシューズ」公開記念舞台挨拶レポート! 2017年8月22日 12:30


8月12日(土)より全国公開中の映画「フェリシーと夢のトウシューズ」。本作の公開を記念して、8月19日(土)に新宿ピカデリーにて上映前の舞台挨拶が開催された。舞台挨拶には、日本語吹替版で声の出演をした花江夏樹さんが登壇。今回、この舞台挨拶のオフィシャルレポートが到着したので紹介する。



■「フェリシーと夢のトウシューズ」公開記念舞台挨拶オフィシャルレポート

日本語吹替版で主人公・フェリシーの幼馴染ヴィクター役を演じた花江夏樹が公開記念舞台挨拶に登壇した。会場には花江のファンが詰めかけ若い女性から子供まで花江の登場に顔をほころばせた。

はじめて作品を観た時の作品の印象について「僕はバレエをやったことがないのでなじみがなく、まず題材がバレエ?と驚いたのですが、観ていると夢を掴むために真っ直ぐに頑張る女の子のお話で気分が爽快になりました。夢に向かってがむしゃらに頑張っていた頃を思い出しました。」

劇場版洋画の吹替が初であったことについて「アフレコは一人ずつ録っていたので他の皆さんがどんな芝居をしているか分からない状態で、完成するまでどんな感じになるか分からなかったので不安でした。あと普段はラフの状態で声をあてることも多いので、完成した画を見ながらアフレコできるのは動きや表情があって分かり易かったです。」と振り返る。

洋画の吹替版をみるのが大好きだという花江は、今回の出演について「洋画ならではのおもしろさを感じることができたと思います。空気感が違い、テレビアニメはかなりデフォルメされた演技が多いですが(この作品は)ナチュラルな所も多くあり新鮮で楽しかったです。しかも思っていたよりもかなり出番が多くて幸せでした。僕にとってこの映画は『花江と夢の吹き替え』でした!(笑)」


土屋太鳳、熊川哲也その他キャストについての印象を聞くと、「どんなお芝居するのかなと気になっていました。ストーリーはすでに知っているけど新しい作品をまた観たような気分でした。ル・オー夫人役の夏木マリさんがやはり、すごくインパクトが強かった(笑)性格がきつそうな顔しているじゃないですか?その通りなんですよ!(笑)悪役感がすごく漂っていて、お芝居もぴったりでお会いしてみたいと思いました。」と会場の笑いを誘った。

お気に入りのキャラクターについて聞くと、「内山昂輝くんが演じていたルディ役(主人公・フェリシーを気に入るバレエが上手な美少年)がコミカルですごく面白かったです。フェリシーを取られちゃう、ヴィクターも負けてられないなという思いでした。あとは、やっぱりヴィクターの一見普通の好青年風だけどちょっとヘタレで抜けているところが愛嬌があって好きですね。フェリシーと一緒で夢に一途でいいなって思います。」

「フェリシーはひたむきにバレエの練習をする姿から、本当に踊るのが好きな気持ちが伝わってくる。でもその他にちょっと不良な部分があるんですよ。ネタバレになっちゃうから言えないけどあるものを盗むんですよ!結構強引なルートでバレエ学校に入りこもうとする!(笑)アニメーションなので非日常的なシーンも多いですがその画やダンスの美しさで違和感を感じさせないところがすごいですね。」

最後にこれから観る人へメッセージとして「フェリシーががんばっている姿が胸にジーンとくる、僕も夢に向かってがんばらなきゃな、と思わせてくれる作品です。フェリシーとヴィクター、彼女がヴィクターに振り向いてくれるのかな、という、そんな恋愛要素も少しありますし、今夢に向かってがんばっている人にぴったりだと思います。今日は本当にありがとうございました。」と締めくくった。



■映画「フェリシーと夢のトウシューズ」

8月12日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー中!

【スタッフ】
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール
原題:BALLERINA
日本語字幕:稲田嵯裕里
配給:キノフィルムズ

【キャスト】
エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン
<日本語吹替え>
土屋太鳳、黒木瞳、花江夏樹、熊川哲也、夏木マリ、他


<STORY>
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志している幼馴染のヴィクターに誘われ、エッフェル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか…!?


©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.


フェリーシと夢のトウシューズ

B071W1NFJV

▲ PAGETOP