ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースNOW ON AIRの田中有紀、飯野美紗子が参加!映画「きみの声をとどけたい」『花火大会翌朝の街の大掃除』レポート

NOW ON AIRの田中有紀、飯野美紗子が参加!映画「きみの声をとどけたい」『花火大会翌朝の街の大掃除』レポート 2017年7月21日 18:20


8月25日(金)に全国ロードショーとなる劇場用オリジナルアニメ「きみの声をとどけたい」。本作は湘南・鎌倉を舞台になっている。7月19日(水)に開催された「第69 回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~」との連動企画として、『花火大会翌朝の街の大掃除』が実施された。

この『花火大会翌朝の街の大掃除』は、鎌倉花火大会が市民の“声の力”で実現した経緯と、映画『きみの声をとどけたい』の「“声の力”が起こすキセキ」というストーリーが合致したことによる連動企画の一つとして実施された。

ごみ拾いには、映画のキャストでもあるNOW ON AIRの飯野美紗子さんと田中有紀さんも、高校生のみんなと一緒に参加。今回、この大掃除のレポートが到着したので紹介する。

また、本日7月21日(金)より本作の公開を記念して「コミックNewtype」で活躍中の人気作家6人による応援イラストが公開された。この応援イラストは毎週金曜に6回に渡って「コミックNewtype」公式サイトにて公開されるので合わせて確認しよう!


◆映画「きみの声をとどけたい」本予告
https://www.youtube.com/watch?v=HH019Ly77uk



■鎌倉花火大会 連動企画『花火大会翌朝の街の大掃除』オフィシャルレポート

この度、湘南・鎌倉を舞台にした、劇場長編アニメーション映画「きみの声をとどけたい」は、7月19日(水)に開催された『第69回鎌倉花火大会~みんなでつくる花火大会~』との連動企画として、『花火大会翌朝の街の大掃除』を実施した。

この『花火大会翌朝の街の大掃除』は、鎌倉花火大会が市民の“声の力”で実現した経緯と、映画「きみの声をとどけたい」の「“声の力”が起こすキセキ」というストーリーが合致したことによる連動企画の一つとして実施された。


市民の声の中には、「花火のあとも街が綺麗であって欲しい」という声もあり、映画製作にあたり、たくさんのご協力をいただいた鎌倉を応援したい、“声の力”で実現した鎌倉花火大会を応援したいという想いから『花火大会翌朝の街の大掃除』を鎌倉市とともに実施した。

『花火大会翌朝の街の大掃除』は、映画「きみの声をとどけたい」が鎌倉FMで放送している、地元高校生と共同制作の地域密着地元応援ラジオ番組「コトダマラジオ」(毎週水曜23:00~23:30)などで参加呼びかけを行った。この呼びかけに応じるように当日は、総勢約200名のボランティアの方々が参加!なんと昨年の10倍という参加人数で、スタッフの皆さんも大忙し!

また、「いつも自分たちを応援してくれる街の人たちに恩返しがしたい」との想いから、地元の神奈川県立七里ガ浜高校も野球部の皆さんを中心に25名の生徒も参加し、昨年の10倍という参加人数で、スタッフの皆さんも大忙し!嬉しい悲鳴となった。

大掃除は、鎌倉市長の松尾崇氏の挨拶によりスタート!自らもごみ拾いに参加した松尾市長は「昨夜の花火大会も、市民の皆さんのご協力で、事故なく実施できました。本当にありがとうございました!そして、本日の大掃除もどうぞ宜しくお願いします!」と語った。由比ガ浜海岸から若宮大路沿いに鎌倉駅周辺までゴミ拾いを行った。

強い日差しの中でのゴミ拾いとなりましたが、地元のボランティアの皆さんは、慣れたチームワークで道に落ちたゴミをみるみる回収、ゴミ袋が膨らんでいく。

七里ガ浜高校の生徒の皆さんは、今回特別に用意した「きみの声をとどけたい」Tシャツを着て、先陣を切ってローラー作戦を行い大活躍。通学前にもかかわらず元気に参加してくれた。

そして、ごみ拾いには、「コトダマラジオ」のパーソナリティーであり、映画のキャストでもあるNOW ON AIRの飯野美紗子と田中有紀も、高校生のみんなと一緒に参加!前日の鎌倉花火大会のラジオでの呼び掛けもあり、県内外問わず様々な地域からファンの方もボランティアに参加、ゴミ拾いの合間に交流する一幕もあった。


炎天下の中、約1時間に渡って行われたイベント終了後には、参加された方々へ、NOW ON AIRふたりと松尾市長から、おつかれさまの朝ごはんが手渡しで配布された。

初めての地元ボランティアに参加したふたりは、「一度は中止になりましたが、地元の皆さんの声で開催が決まった鎌倉の花火大会、そして今日のゴミ拾いに、たくさんの人が参加されて、改めて鎌倉が愛されている街だなと実感しました。そして、そんなたくさんの人に愛されている街を舞台にした映画が、私たちのデビュー作となったのは、本当に幸せなことだと思いました」(飯野美紗子)、

「鎌倉花火大会は、毎年たくさんの人が参加することは聞いていたのですが、想像以上の人が、浜辺にずらーっと並んで花火を眺める光景は、本当に圧巻でした!そして今日、皆さんが、この街を綺麗に保とうという気持ちがひしひしと伝わってきました」(田中有紀)と、2日間にわたって参加したイベントについて、それぞれ感想を述べた。

また、今回使用したごみ袋は、映画「きみの声をとどけたい」のオリジナルのもので、花火大会にちなみ花火が描かれたもの。花火大会当日には約1万枚を配布し、ポイ捨て防止を呼びかけた。花火大会会場では、このごみ袋を使用している人の姿が多く見られた。

市民の皆さんの「街を綺麗にしたい」という“声の力”は、総勢約200名の方々を動かし、ゴミ袋に描かれた花火に形を変え、街を彩りました。映画「きみの声をとどけたい」は、今後も物語の舞台・鎌倉とのさまざまな取り組みを行っていく予定だ。

本作は、8月25日(金)よりTOHO シネマズ新宿をはじめとする全国の劇場にて公開される。物語の舞台・鎌倉とのさまざまな取り組みも予定しているので、ぜひ注目しよう。



<『花火大会翌朝の街の大掃除』実施概要>
開催日時:7月20日(木)7時00分から1時間程度
清掃場所:集合場所から若宮大路沿いに鎌倉駅周辺まで
参加人数:約200名
主催:鎌倉市
運営主体:鎌倉を愛する者がつくる花火大会実行委員会
協力:映画『きみの声をとどけたい』、市民玉プロジェクト(花火大会をささえる有志)



■映画「きみの声をとどけたい」

2017年8月25日(金)より全国公開!

【スタッフ】
監督:伊藤尚往
脚本:石川学
キャラクターデザイン:青木俊直
アニメーションキャラクターデザイン:髙野綾
音楽:松田彬人
制作:東北新社、マッドハウス
製作:「きみの声をとどけたい」製作委員会

【キャスト】
行合なぎさ:片平美那
龍ノ口かえで:田中有紀
土橋雫:岩淵桃音
浜須賀夕:飯野美紗子
中原あやめ:神戸光歩
琵琶小路乙葉:鈴木陽斗実
矢沢紫音:三森すずこ
梶裕貴、鈴木達央、野沢雅子、他

【主題歌】
エンディング主題歌『キボウノカケラ』NOW ON AIR
イメージソング:『この声が届きますように』NOW ON AIR


<ストーリー>
舞台は湘南。
高校生たちの友情、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”――。
海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。
「言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――」
小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさは信じていた。
ある日、古びたミニFMステーションに迷い込んだなぎさはDJの真似事をする。
「本気のコトバは、本気の願いは、いつか現実になるんです!」
すると、偶然にも放送されたコトバは 思いがけない人に届いていた――。


©2017「きみの声をとどけたい」製作委員会


【Amazon.co.jp限定】 2017年夏公開予定映画『きみの声をとどけたい』イメージソング 「この声が届きますように」 (発売記念イベント参加券付)

B06X9JYTLM 2017年夏公開予定映画『きみの声をとどけたい』イメージソング 「この声が届きますように」

B01N4BQDNZ

▲ PAGETOP