ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース浪川大輔よりコメント到着!キャラクターCD「RUNLIMIT」の第6弾が6月28日発売!

浪川大輔よりコメント到着!キャラクターCD「RUNLIMIT」の第6弾が6月28日発売! 2017年6月28日 18:50


オトメイトとティームエンタテインメントによる女性向けレーベル「オトメイトレコード」。本レーベルより、キャラクターCD「RUNLIMIT」シリーズの第6弾「CASE6 御門頼」が、本日6月28日(水)に発売された。今回、本作に出演する御門頼役・浪川大輔さんよりオフィシャルコメントが到着したので紹介する。

なおシリーズ公式サイトでは、発売記念イラストや、店舗特典情報、各キャラクターの設定、サンプルボイスなどが掲載されているので合わせてチェックしよう!



●御門頼役・浪川大輔コメント

――収録後のご感想をお願いいたします。

御門頼役・浪川大輔:すごくボリューム満点でした。自分が想像していたよりもエキセントリックなキャラクターだったので、演じる際、とてもエネルギーが必要でした!見た目とのギャップがかなり激しいので、聞いて頂いたときに、みなさん大丈夫かな?と心配になってしまうくらいでした(笑)ですが、非常にやりがいのあるキャラクターを演じさせて頂いたと思っていますし、なによりも楽しかったです。


――演じられたキャラクターの魅力についてお聞かせ下さい。

浪川:とても優しいですよね。彼女の事を真剣に想っているところとか、特に。なので、想われたい人には、ぴったりな男の子だと思います。ただその愛は結構重いので、面倒くさかったりするんですけど(笑)、頼くんの愛を受け止めきれる人なら大丈夫だと思います!


――キャラクターは主人公を守りたかったがゆえに被験体となりました。ご自身の中で「絶対に守りたいと思うもの」はございますか?

浪川:ドライヤーかな……。くるくるドライヤーですね。最初買った時のドライヤーって、ものすごい使いづらいじゃないですか。今使っているドライヤーは、少し使い古してきたのもあり、僕の中でベストな状態なんです。なので、現在のドライヤーの状態を守りたいです!


――ファンの方へのメッセージをお願いします。

浪川:すごく聴きごたえのある作品ですし、(第6巻は)このシリーズの集大成ともいえる1枚が出来上がったのではないかと思います。とにかく濃いです。つけ麺で言うならば、スープ割を頼んで「切れちゃいました」と断られた時の気持ちになるくらい濃いです。右脳をフル回転させられます。その反面、左脳を使って作品を分析していただくと、頼くんの裏の裏側が見られるんじゃないかなと思います。是非、右脳と左脳両方を使って、このCDを楽しんでいただけると嬉しいです。演じていても、感情移入が出来ましたし本当に楽しい作品でした。皆さんも『RUNLIMIT』の世界を、全身全霊で感じていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。



■キャラクターCD「RUNLIMIT ―CASE6 御門頼―」

【発売日】2017年6月28日(水)好評発売中!
【価格】2,000円(税抜)
【品番】KDSD-00952
【発売元】ティームエンタテインメント
【販売元】ソニー・ミュージックマーケティング

【キャスト】
御門頼:浪川大輔

【トラックリスト】
01 − Past memories
02 − 待ち望んだ再会
03 − 君との思い出を
04 − 凶暴化する身体
05 − 五年前の真実
06 − 生まれ変わっても
07 − In the future
08 −RUN-LIMIT(shortver.)/歌:織田かおり


<あらすじ>
——収容施設内。
御門頼は、自分が過去に書いた日記を読み上げていた。
「六月二日、図書館で彼女と一緒に勉強をしたあと、
輪廻について話をした……」
しかし頼は、そのことを少しも思い出せない。
彼はこの数年、日を追うごとに、脳内から記憶が失くなっていく症状に
苦しみ続けているのだ。
このままではいずれ、なにもかも思い出せなくなってしまうのではないか……。
頼はその事に、酷く恐怖心を抱いている。
五年前、日本政府が行った実験「RUNLIMIT」の被験体となった頼。
実験失敗の代償として、その身体に致命的な欠陥を負ってしまった彼は、
夜になると、実験が与えた右脳・左脳への影響で理性を喪失し、
凶暴化する体質へと成り果ててしまったのだ。
19歳の彼に残されたタイムリミットは、あと僅か……。
そんな中、頼の元に新しい監察官が現れる。
それは、彼が幼少期から恋心を抱いていた、幼馴染の少女だった。
「……おかえり。ずっと待ってたよ」
頼はまるで、最初からこうなる事を知っていたかのような発言をするが……?
この再会によって、実験の裏に隠された悲しき愛の物語が、ふたたび動きはじめる——


©IDEA FACTORY/axcell


RUNLIMIT -CASE6 御門頼-

B01MTLA9HZ RUNLIMIT -CASE1 片桐連-

B01N0BHDIO RUNLIMIT -CASE2 滝郁人-

B01MTLA9H2 RUNLIMIT -CASE3 倉島律-

B01N8U13OQ RUNLIMIT -CASE4 柴景斗-

B01MSJTBWP RUNLIMIT -CASE5 有馬春-

B01N3YG83Y

▲ PAGETOP