ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2017】森久保祥太郎、茅野愛衣が新キャストに決定!「劇場版マジンガーZ」(仮題)起動記念イベント

【AnimeJapan 2017】森久保祥太郎、茅野愛衣が新キャストに決定!「劇場版マジンガーZ」(仮題)起動記念イベント 2017年3月26日 12:42


3月25日(土)、26日(日)に東京ビッグサイトにて、日本を代表するアニメ関連企業・団体が集結した『AnimeJapan 2017』が開催。REDステージ、GREENステージ、BLUEステージ、オープンステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中から、3月25日(土)・BLUEステージ『「劇場版マジンガーZ」ステージ』の模様をお伝えする。

出演は、森久保祥太郎さん(兜甲児役)、茅野愛衣さん(弓さやか役)。MCを藤津亮太さんが務めた。本ステージ内では劇場版制作、キャストが発表となった。

◆『劇場版マジンガーZ』(仮題)超特報映像
https://www.youtube.com/watch?v=ciCw3Z6fUUI



MCを務める藤津さんが登場とともに「マジンガーZ」の歴史、作品としてのポイントを解説。森久保さんと茅野さんも加わり、ふたりはマジンガーZの新たな歴史に立ち会いに来たことを語り、曲やアニメ、原作の永井豪先生の作品の話題について語っていった。

ここで本作の当時の映像を見つつ、作品の歴史を振り返っていくことに。光子力研究所が何か、マジンガーZが超合金Zという素材で出来ていることなどを改めて知り、ふたりは理解を深めていく。ブレストファイヤーなどマジンガーZの多彩な技、兜甲児、弓さやか、アフロダイA、Dr.ヘル、あしゅら男爵といった登場キャラクターについても紹介があり、藤津さんがひとつひとつ丁寧に解説していった。

ここで超特報映像が解禁され、「ロボットアニメの原点にして頂点」「それは、神にも悪魔にもなれるーー」といったキャッチコピーに加え、ブレストファイヤー、パイルダー(操縦席)、そしてマジンガーZの顔も一瞬映し出され森久保さん、茅野さんを驚かせた。そして、スクリーンにキャスト情報が映し出され、森久保さんが兜甲児役を、茅野さんが弓さやか役を演じることが発表となった。

改めてここでキャストが発表となり、茅野さんはOPの挨拶で「弓さやか役の…」と言いそうになってしまったと笑う。オーディションの時の様子をふたりは語り、森久保さんは兜甲児を演じるにあたり、しっかりと過去の作品を見直して今までの声優キャリアをかけて演じたいと意気込む。また、茅野さんは弓さやかにスポットをあてて一話から作品を見直していることを明かした。

アフレコはまだ始まっていないということで、早く掛け合いをしてみたいとふたりは語り、今まで収録で共演をしたことがあったけれど、がっつり掛け合いをしたことはなかったので楽しみだと話した。

さらに「ONE PIECE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」の志水淳児が監督を務めるなどメインスタッフも発表され、今年画業50周年を迎えた、原作者・永井豪さんからビデオメッセージが贈られた。

メッセージの中に「世界の皆さんにもお届けします」というコメントがあり、本作が世界で公開されることが発表された。なお、公開地域は随時発表される予定だが、日本に先駆けての世界先行公開が決定しているとのこと。世界先行公開という情報に森久保さんと茅野さんは驚きつつ、永井豪さんからのメッセージを受けてやる気を見せた。

ステージが終了前にふたりから挨拶があり、これから一生懸命演じていくこと、このプロジェクトを盛り上げていく決意、歴史ある作品に関われる喜びが語られ、最後はフォトセッションへ。ここでスペシャルゲストとしてマジンガー課長が登場し茅野さんに花束を贈呈し会場を盛り上げた。



■『劇場版マジンガーZ』(仮題)

製作決定!

【スタッフ】
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術:氏家誠(GREEN)
助監督:なかの★陽
制作:東映アニメーション
配給:東映

【キャスト】
森久保祥太郎、茅野愛衣、他


©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会


MAZINGER THE MOVIE Blu-ray VOL.1

B00EV1DBUU MAZINGER THE MOVIE Blu-ray VOL.2<完>

B00EV1DBTQ MAZINGER THE MOVIE Blu-ray 1973-1976

B007JU4FYG

▲ PAGETOP