ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース松岡禎丞、柏田プロデューサーが登壇!劇場版「ソードアート・オンライン」舞台挨拶付き先行上映会レポート!

松岡禎丞、柏田プロデューサーが登壇!劇場版「ソードアート・オンライン」舞台挨拶付き先行上映会レポート! 2017年2月16日 12:10

2月18日(土)より全国ロードショーとなる劇場版「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」。本作の豪華ゲスト登壇舞台挨拶付きの公開直前先行上映会が、2月14日(火)に新宿バルト9にて実施された。

この上映会には、主人公・キリトを演じた松岡禎丞さん、アニプレックスから本作のプロデューサーの柏田真一郎さんが登壇。映画を観終わったばかりで大興奮の観客を前に、はじめてネタバレを気にせずトークできる環境で声優と製作という異なる視点から本作の魅力を語り尽くした。今回、このイベントのレポートが到着したので紹介する。

◆「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」本予告 2017年2月18日公開
https://www.youtube.com/watch?v=4slt_lQ8fPc



■「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」公開直前先行上映イベントレポート

2月14日(火)に新宿バルト9にて豪華ゲスト登壇舞台挨拶付きの公開直前先行上映会を実施した。今回の舞台挨拶は新宿バルト9の開業10周年を記念したもので、本作の主人公・キリトを演じている松岡禎丞と、アニプレックスから本作のプロデューサーの柏田真一郎が登壇!

映画を観終わったばかりで大興奮の観客を前に、はじめてネタバレを気にせずトークできる環境で声優と製作という異なる視点から本作の魅力を語り尽くした。

トークイベントでは、2月14日ということからバレンタインデーの話題になり、アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」が2月13日に更新した読者が選ぶ「バレンタインにチョコを渡したい男性キャラ」で、本作の主人公で作中でも一番の“モテ男”であるキリトが堂々の第1位に輝いたことをMCが発表!観客席からキリトへの愛のこもった拍手が起こった。

このニュースを聞いた松岡は、男性読者のうちの2割がキリトに投票するという男子人気の高さに対し「僕自身は一個でももらえれば十分なのですが、僕も男性のファンの方々から結構もらいました。」とコメント。会場内の笑いを誘った。

また先日2月12日(日)に開催された『SAO杯 スポーツチャンバラ大会』の未経験者の部で、見事準優勝を果たした柏田プロデューサーがその大会について「経験者の人の中には生身のままソードスキルを使ったような動きをする人もいて、まさにヒースクリフのようでしたよ、本当に!」と語ると、会場内からは大きな笑い声が上がった!

映画についてのトークが始まると、ネタバレの心配のないふたりは思う存分本作の見どころや好きなシーンについて語りまくり、終始和やかな雰囲気のまま舞台挨拶は幕を閉じた。


――バレンタインデーについて

MC:アニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」で読者が選ぶ「バレンタインにチョコを渡したい男性キャラ」にキリトが一位になりました。男女合わせた全体でも一位ですが、男性読者の投票結果でもぶっちぎりの一位です!松岡さんは今年のバレンタインの目標はいくつですか?

松岡禎丞:ちょっとキリトくん、男子に狙われているんでしょうかね?(笑)僕は、一個もらえれば十分です。実際には男性ファンの方々から結構な数を頂いたんですが。(笑)


――スポーツチャンバラ大会について

MC:2月12日(日)に開催した『SAO杯スポーツチャンバラ大会』で柏田プロデューサーは見事、未経験者の部で準優勝を果たしましたが、いかがでしたか?

柏田真一郎P:周りは20代の若い人たちが溢れる中、僕は40歳ですからね。次の日足が動かなくて大変でした。大人気なく本気で試合相手にぶつかっていきました!経験者の方の中にはソードスキルを使える人がいて、楯で受けてその瞬間に剣で刺す、まさにヒースクリフのような動きをする人もいました!

MC:松岡さんはかつてスポーツチャンバラをやっていて、大会での優勝経験もあるそうですね?

松岡:僕がやっていたのは「型」の方で、動きの美しさや正確さを競う競技だったので、基本的に戦闘力は関係しないと思っていたのですが、まさかこんな形で昔の経験が活かされるとは思いませんでした。


――是非とも拡散してほしい本作の見どころ

MC:今回の舞台挨拶は皆さん鑑賞直後なので、ネタバレは全然大丈夫なのですが、まだ観ていない人のために、拡散しても良いレベルでの見どころはどのシーンですか?

松岡:何と言ってもアクションシーンです。完成披露試写会の舞台挨拶でも言ったのですが、まさに『ソードアート・オンライン』の集大成ともいうべき作品に仕上がっています。ラストバトルのシーンからは、高揚感がとんでもないことになってきて、アフレコ時には台詞を言いながら唇が震え続けていました。

柏田P:松岡さんを前にして言うのもなんですが、アスナが可愛い。アスナが最高。ただそれに尽きます。ピンチに陥っても最後は男前なアスナが本当に素敵で、制作段階の時も宣伝する時も、もっとアスナを押していこうと言い続けていました。(笑)


――TVアニメ版のVRから劇場版のARに変わったことで意識したこと

MC:本作の見どころの一つに、TVアニメ版のVRとは違って、劇場版はARがメインになっています。声優として製作としてそれぞれ意識したことは?

松岡:ARとして生身の体の限界を超えないことです。体の重さが伝わる声の出し方に気を付けました。

柏田P:VRではキリト無双になってしまっていたので、ARではそうなりすぎないようにしました。


――締めの一言

MC:本日お越し頂いている観客のファンの皆様、そして公開へ向けてメッセージをお願いします。

柏田P:もうすでに10回以上、この『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』を観ていますが、毎回アスナのシーンでキュンキュンします。(笑)皆さんも何回でも劇場に観に来てください。

松岡:本作は「ソードアート・オンライン」を劇場版として、キャストもスタッフも全ての人々が心血を注いで、全力を出して作った作品です。何度も何度も観て頂きたいです。観るたびにいろんな人の視点で観ることが出来て、新たな発見があります。初日以降にもまた劇場でお会いしましょう!



■劇場版「ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-」

2017年2月18日(土)より全国ロードショー!

【スタッフ】
原作:川原礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:伊藤智彦
脚本:川原礫・伊藤智彦
キャラクターデザイン・総作画監督:足立慎吾
モンスターデザイン:柳隆太
プロップデザイン:西口智也
UIデザイン:ワツジサトシ
美術監督:長島孝幸
美術監修:竹田悠介
美術設定:塩澤良憲
色彩設計:橋本賢
コンセプトアート:堀壮太郎
撮影監督:脇顯太朗
CG監督:雲藤隆太
編集:西山茂
音響監督:岩浪美和
音楽:梶浦由記
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO MOVIE Project

【キャスト】
キリト(桐ヶ谷和人):松岡禎丞
アスナ(結城明日奈):戸松遥
ユイ:伊藤かな恵
リーファ(桐ヶ谷直葉):竹達彩奈
シリカ(綾野珪子):日高里菜
リズベット(篠崎里香):高垣彩陽
シノン(朝田詩乃):沢城みゆき
クライン(壷井遼太郎):平田広明
エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ):安元洋貴
茅場晶彦:山寺宏一
ユナ:神田沙也加
エイジ:井上芳雄
重村:鹿賀丈史

【主題歌】
LiSA『Catch the Moment』


<ストーリー>
2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。
その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが……。


©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project


【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX (メーカー特典:「A3クリアポスター」付)(完全生産限定版)

B01LTHN0D6 ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

B01LYP8KWU 【Amazon.co.jp限定】劇場版「ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール- 」B2布ポスター付通常前売券

B01LTHN0F4

▲ PAGETOP