ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース石川界人よりコメント到着!キャラクターCD「RUNLIMIT」の第1弾が1月25日に発売!

石川界人よりコメント到着!キャラクターCD「RUNLIMIT」の第1弾が1月25日に発売! 2017年1月25日 18:45


オトメイトとティームエンタテインメントによる女性向けレーベル「オトメイトレコード」。本レーベルより、キャラクターCD「RUNLIMIT」シリーズの第1弾「CASE1 片桐 連」が、本日1月25日(水)に発売された。今回、本作に出演する片桐連役・石川界人さんよりオフィシャルコメントが到着したので紹介する。

また、織田かおりさんが歌う本作の主題歌『RUN-LIMIT』も、本日1月25日(水)より各音楽配信サイトにて配信開始となった。高音質のハイレゾ配信も同時リリースされているので、こちらも是非手に入れてほしい。

なお、シリーズ公式サイトでは、発売記念イラストや、店舗特典情報、各キャラクターの設定、サンプルボイスなどが掲載されているので合わせてチェックしよう!



●片桐連役・石川界人コメント

――収録後のご感想をお願い致します。

片桐連役・石川界人:「RUNLIMIT」は(キャラクターが)暴走する設定があり、息を切らす表現が多かったので、演じる際全身の筋肉を沢山使い身体がとても疲れました!(笑)収録では何回か休憩を取っていただいたので助かりました。ですが、連のように誠実で真面目な人間がそうでなくなる葛藤や暴走してしまうシーンは、大変だからこそ役者としては非常に演じがいがあるシーンだったので、終始楽しみながら演じさせていただきました。


――演じられたキャラクターの魅力についてお聞かせ下さい。

石川:王道な幼馴染でありつつも、時折見せる彼の幼い部分は可愛いなと思いましたね。また、幼少期から主人公に対し恋心を抱いてきた変わらない部分と、時間を経て変わってしまった部分の両方が彼の魅力だと思ったので、そこを感じて頂けるように演じました。


――キャラクターは主人公を守りたかったがゆえに被験体となりました。ご自身の中で「絶対に守りたいと思うもの」はございますか?

石川:お芝居する気持ちですね。お仕事をさせていただく中で、悩んだり苦しんだりすることも勿論あるのですが、どんなときも「自分は芝居が好きで、だからこのお仕事をしているんだ」という気持ちは、これからも失わずに守っていきたいです。


――ファンの方へのメッセージをお願いします。

石川:今回演じさせていただいた連は、すごく真っ直ぐで、大人な面と子供な面を併せ持っている男の子です。僕自身も連を可愛らしいと思う部分があったので、そんな彼の幼さや内面の熱い部分を感じて頂けたら嬉しいですね。物語の設定と舞台にSF要素があって興味深く、お話も大変面白いので、お聴き頂いた皆様もこの作品で深く考える世界が広がると思います。CASE1以降もお聴き頂き、「RUNLIMIT」の物語を最後まで見届けて頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。



■キャラクターCD「RUNLIMIT ―CASE1 片桐 連―」

【発売日】2017年1月25日(水)好評発売中!
【価格】2,000円(税抜)
【品番】KDSD-00947
【発売元】ティームエンタテインメント
【販売元】ソニー・ミュージックマーケティング

【キャスト】
片桐連:石川界人

【トラックリスト】
トラック1:01-Past memories
トラック2:02-再会という名の始まり
トラック3:03-右脳≒左脳
トラック4:04-外のセカイ
トラック5:05-希望の音
トラック6:06-犠牲の裏に隠された真実
トラック7:07-In the future
トラック8:08-RUN-LIMIT(short ver.)/歌:織田かおり


<あらすじ>
―――西暦2045年。時代と共に進化していく科学技術により、日本政府は人間の開発を行う時代を迎えていた。人口が減少し続ける国内では、少しでも多くの労働力を必要としていた為、政府は「休息を取る必要が無い人間」の開発に着手する事を決定。実験名は―RUNLIMIT(ランリミット)―
無作為に選出された国民は「被験体」として政府が独自開発した薬を投与されることに……。
そんな中、実験の「被験体」に選ばれた一人の少女がいた。だが、少女の幼馴染である6人の少年達は、彼女を守りたいが為、自らが身代わりとして「被験体」となった。それから、5年後――。「RUNLIMIT」は、史上最悪の実験と呼ばれることに……。被験体は夜になると理性を失い「凶暴化」する体質と変わり果て、やがて死を迎える。彼らはその命にタイムリミットをつけられたのである。そんなある日、少年たちが守りぬいた少女が「RUNLIMIT」プロジェクトの監察官となって彼らの前へ現れる。その手に被験体の「凶暴化」を止める為に開発された新薬を手にして……。残酷にも彼女の中に、彼らと過ごした記憶はない。果たして彼女は、被験体の命を救うことができるのか。少年たちを待ち受ける結末は死か――。それとも――。


©IDEA FACTORY/axcell


RUNLIMIT -CASE1 片桐連-

B01N0BHDIO RUNLIMIT -CASE2 滝郁人-

B01MTLA9H2 RUNLIMIT -CASE3 倉島律-

B01N8U13OQ RUNLIMIT -CASE4 柴景斗-

B01MSJTBWP RUNLIMIT -CASE5 有馬春-

B01N3YG83Y RUNLIMIT -CASE6 御門頼-

B01MTLA9HZ

▲ PAGETOP