ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース寺島拓篤、岡本信彦、柿原徹也、斉藤壮馬からコメント到着!PS Vita「DYNAMIC CHORDCHORD feat.Liar-S V edition」

寺島拓篤、岡本信彦、柿原徹也、斉藤壮馬からコメント到着!PS Vita「DYNAMIC CHORDCHORD feat.Liar-S V edition」 2016年12月21日 18:15

「honeybee black」よりバンドをテーマに展開中の「DYNAMIC CHORD(ダイナミックコード)」シリーズから、PCゲームとして発売中の「DYNAMIC CHORDCHORD feat.Liar-S Append Disc」。本作のPS Vita版として12月22日(木)に発売される「DYNAMIC CHORDCHORD feat.Liar-S V edition」の出演者よりコメントが届いたので紹介する。

今回コメントを寄せてくれたのは、檜山朔良役の寺島拓篤さん、珠洲乃千哉役の岡本信彦さん、結崎芹役の柿原徹也さん、榛名宗太郎役の斉藤壮馬さんだ。なお本作では、彼と恋人になった後のアンコールシナリオも収録されているので、ぜひ手に入れよう。



■PS Vita「DYNAMIC CHORDCHORD feat.Liar-S V edition」キャストコメント

<質問>
Q1:収録のご感想をお願いします。
Q2:ご自身の演じられたキャラクターの魅力と欠点を教えてください。
Q3:発売を待っている読者へメッセージをお願いします。



●寺島拓篤さん(檜山朔良役)

A1:久しぶりに朔良の収録だったので、とても楽しみにしていました。まさか彼の誕生日に収録することになるとは思っていなかったので、運命的なものを感じています。今回の追加シナリオでは、メインストーリーから派生していろんな状況や、各キャラクターのいろんな表情が見られるようになっているので、とても楽しかったですし、新鮮でした。主人公とは最初から付き合っている状態なので、今までとは少し違ったLiar-Sの面々が見られると思います。
朔良は表現的なところではあまり変わらないのですが、そんな中でも気持ちの作り方など、ものすごく細かいところまで気を使って表現しているので、そこが伝わって彼のことを可愛いなと思っていただければ嬉しいです。

A2:魅力も欠点もマイペースなところです(笑)。彼のマイペースさは基本的にはどのような時でも崩れないので、それを貫くところは彼の魅力だと思います。ですが、人の話を聞かなかったり、やりたくないと思ったらやらなかったりするので、そういう悪い意味でもマイペースなところがありますね。
彼のストーリーにはよく猫が出てくるのですが、彼自身もすごく猫みたいな人だなとは思いました。Liar-Sの魅力はまず、曲がかっこいいところですね。見た目は全員かっこいいですし、何よりバランスがいいと思います。でも中身はオネェもいるしガキもいるし、クズもいればバカもいて、という(笑)。年齢にピッタリな描き方をしているなと思います。
僕は大学に行っていないので、サークルのチーム感みたいなものは想像でしかないのですが、きっとLiar-Sみたいな感じなんでしょうね。変にベタベタするわけではなく程よくドライで、大人になる過程を経ながら、人としての付き合い方を知る中で絆を作っている、というのが大学生らしいなと思いました。

A3:12月と言えば恋人の季節と言っても過言ではない時期に、このゲームが発売となります。PS Vitaということで、いつでもどこでもクリスマスツリーの下でも、イルミネーションの中でもプレイすることができます。ちょっと苦くて、最後はちょっと甘いLiar-Sそれぞれのメンバーとの恋愛を楽しんでいただければ嬉しいです。よろしくお願いします。



●岡本信彦さん(珠洲乃千哉役)

A1:久しぶりに千哉を演じましたが、千哉ルートと他のルートでは千哉の周囲に対する態度も違った一面を見ることが出来たなと思いました。一旦期間が空いての収録だったので、千哉のことを冷静に見ることが出来た気がします。

A2:千哉との恋愛はとても純愛なので、そこが魅力だと思います。Liar-Sの中だけでも様々な恋愛模様があり、僕はLiar-Sしか知らなかったのですが、以前イベントで他のバンドのキャストさんとお話をした時にそれぞれのルートのお話を聞き、かなりスパイシーな要素が散りばめられていると知りました。
DYNAMIC CHORD全体の中でも、千哉は王道の恋愛が描かれているんですね。主人公との清純な関係も、千哉の魅力ではないでしょうか。主人公に対する最初の態度が冷たく、生意気にも感じられるので欠点を挙げるとすればそこかもしれません。出会った時と仲良くなってからのギャップのふり幅が大きいので、昔の千哉には戻ってほしくないなと僕は思っています。

A3:PS Vitaへの移植ということで、僕個人的にもPS Vitaは映像美や扱いやすさの点でとても好きな機体です。スマホでのゲームも普及してきていますが、やっぱり僕はPS Vitaの環境が好きなので、すでに所持している方はぜひ移植版をプレイしていただきたいです。持ってない方もまだまだいると聞いていますので、この機会に綺麗な画面でDYNAMIC CHORDを遊んでいただけたら嬉しいです!



●柿原徹也さん(結崎芹役)

A1:またLiar-Sのメンバーで集まって、そして芹を演じられるということで非常に楽しみにしておりました。芹は自分に近いところがあると感じられるキャラクターですし、飄々とした雰囲気や、彼の中にある闇など、そういったことのバランスを表現するのがとても楽しかったです。大学祭のお話しではまた芹らしい一面が出ているシーンもありますので、そこも楽しみにして頂きたいです。

A2:芹の欠点は嫉妬深いところでしょうか。彼の嫉妬深さは一歩間違えると、ちょっと引いてしまうかもしれませんが、そこを受け入れてもらえれば、こんなに可愛いやつはいないと思います。ムードメーカーで人に対して思いやりがあって、みんなの面倒をみてあげる彼が、なぜそういう行動ができるのか、実はその裏で……というところが段々愛おしくなるので、全ての欠点が彼の魅力ではないでしょうか。
そして彼は欠点を人に絶対見せないので、その一面を見せられたということは、ある意味、見初められたということなんですね。そして心を許されたということは……これから大変なことも待っていますよ。

A3:以前はPC版のゲームとして収録させて頂きましたが、それが今回より一層手に取っていただきやすいようにPS Vitaで復活するということですので、非常に嬉しく思っています。さらに追加されるシナリオでは今まで僕らも見たことがない、演じたことがないシチュエーションを演じることが出来たので、楽しかったです。
あと以前の収録から多少時間は経っていますが、それでもすんなり芹になれたのは、僕の深いところにちゃんと息づいているからなんだな、というのを感じました。本当に作らずにストレートに演じているので、そんな芹をぜひお手元のPS Vitaというパソコンより身近に感じられる媒体でプレイして欲しいなと思っております。
今までプレイしたことがある人も、これが初めてだよという人も、みなさんに楽しんでもらえる作品になっていますので、ぜひお手に取ってみてくださいませ。



●斉藤壮馬さん(榛名宗太郎役)

A1:弱みといいますか、普段はなかなか見せてくれない一面を見せられてしまうと男女関係なくキュンとしてしまうなと思いましたね。恋人になった後もいろんなキュンキュン要素があることを改めて認識しました。あとハルちゃんを演じ始めてから僕の収録の時間がほぼ全て朝なんですよね。
朝の一発目からだいぶパワーを使うキャラクターだなということを昨日チェックしながら思ったと同時に、「(ハルちゃんの声で)よし明日も朝からいっちゃうわよ!」と気合を入れて来ました。そういう意味ではハルちゃんはすごいなと思いますね。朝からの仕事に行くにはきっちり整えて行くわけじゃないですか。それが出来ないと今回のシナリオみたいになるわけなんですけど(笑)。普段のハルちゃんみたいに振る舞うには相当な努力をしているんだなということを改めて感じました。

A2:榛名宗太郎は、Liar-Sというバンドに所属しているベーシストです。可愛いものが好きで、そして美しいものに目がない、という一面があります。話し言葉も「~よ」「~だわ」みたいな女性的な喋り方をしているんですけど、Liar-Sのメンバーの中では割とバランサーというか、常識人という感じですね。でも結構ノリも良く、複数人が集まっているチームだったら一番うまく舵取りをしているような人なのかなと思います。そして、そんな彼にもいろいろ抱えている過去や、秘めている気持ちがあるんですね。そこは移植される前の初めのゲームの段階ではあまり描かれていませんでした。
ですが、みなさんのご声援があり、ハルちゃんにもしっかり物語が与えられました。彼がなぜそういうライフスタイルのあり方を選択したのかということがその物語の中でわかっていくんじゃないかなと思います。欠点は……欠点ってあるのかな。Liar-Sというバンドのコンセプト自体にも関わってくることになりますが、そのバンド名の通り、表に見せている顔と本当に持っている一面がみんな違うんですね。ハルちゃんに限らず、その食い違いみたいなものがこのバンドのテーマであったりするので、そちらをぜひプレイして頂いて深めていただければなと思います。

A3:初めて榛名宗太郎という人に会ってから、だいぶ時間が経ちました。こうやってみなさまにご声援を頂きまして、ここまで続けることが出来てありがたく思っています。今回、PS Vitaに移植ということで、追加されたシナリオや追加されたセリフもたくさんありますので、そちらを余すことなく楽しんでいただきたいですし、ハルちゃんファンの方は「ハルちゃん」ではなく「宗太郎」の部分がまた増えていますので、そちらも堪能してほしいなと思います。
また、初めましての方にはDYNAMIC CHORDにはLiar-Sだけではなく、[reve parfait]、KYOHSO、apple-polisherの、Liar-Sと違ったカラーを持っている3バンドがいるので、全バンド・全キャラクターいろんなルートを見て、楽しんでいただきたいなと思います。よろしくお願いします。



■PlayStaition®Vita「DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition」

【発売日】2016年12月22日(木)
【価格/品番】
初回限定版:7,800円(税抜)/HONEY-022
通常版:5,800円(税抜)/VLJM-35373
【プラットフォーム】PlayStaition®Vita
【ジャンル】甘く激しく魂震えるバンド恋愛ADV
【CERO】D
【イラスト】冨士原良
【ブランド】honeybee black

【キャスト】
檜山朔良:寺島拓篤
珠洲乃千哉:岡本信彦
結崎芹:柿原徹也
榛名宗太郎:斉藤壮馬
加賀真実:工藤雅久


【初回限定版特典】
・ファンクラブ会報風小冊子「Liar-S NEWSLETTER OF THE FAN CLUB 特別号~Liar-S交換日記~」
  内容:インタビューから企画まで、メンバーがセルフプロデュースした、ファンクラブ会報の特別号。ありのままのLiar-Sをお届けします。
・初回限定版ドラマCD「voice letter for crew!」
  内容:Liar-Sメンバーが、ファンに向けてのメッセージを贈るCD


<STORY>
大学生の主人公・双海仁菜(※名前変更可能)。
過保護な両親に育てられた仁菜は、まともに恋もした事がない、世間知らずなお嬢様。
そんな彼女はある日、自分と同じ大学に通う生徒達が所属している「Liar-S」というバンドの存在を知る。
好奇心でLiar-Sの出演するライブを観に行った仁菜は、Liar-Sのヴォーカル・檜山朔良の歌唱力と、珠洲乃千哉の作曲した曲に魅了される。
興奮しきったライブの帰り際、仁菜の携帯に一件の着信が。
それは仁菜のかつての知人である、結崎芹からのもので……。
ロックバンドとは無縁の人生を送ってきたお嬢様と、バンドマン達の恋の行く末は……?


©honeybee black


【初回限定版】DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition

B006BLPLAQ 【通常版】DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition

B01M62B7MV 【初回限定版】DYNAMIC CHORD feat.Liar-S Append Disc

B01B29OJ7C

▲ PAGETOP