ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース小野大輔、M・A・O、郭智博ら登壇の劇場アニメ「GANTZ:O」初日舞台挨拶の出演者がコメント到着!

小野大輔、M・A・O、郭智博ら登壇の劇場アニメ「GANTZ:O」初日舞台挨拶の出演者がコメント到着! 2016年10月17日 18:15


10月14日(金)より全国ロードショーが始まったフル3DCG長編アニメーション映画「GANTZ:O」。本作の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿にて行われた。

この舞台挨拶には、小野大輔さん(加藤勝役)、M・A・Oさん(山咲杏役)、郭智博さん(西丈一郎役)、池田秀一さん(鈴木良一役)、川村泰監督、さとうけいいち総監督、スペシャルゲストとして橋本マナミさん、GENKINGさん、リオ五輪レスリング女子48キロ級 金メダリストの登坂絵莉さんが登場した。今回、イベント出演者からコメントが届いたので紹介する。

また、10月29日(土)に東京国際映画祭にてプレミア英語吹き替え版上映&舞台挨拶も決定した。この舞台挨拶には、女優の河北麻友子さん(山咲杏役)、女優の英里子(レイカ役)、声優の梶裕貴さん(玄野計役)、川村泰監督が登壇予定だ。詳しくはGANTZポータルサイトを確認して、是非参加しよう。



■フル3DCG長編アニメーション映画「GANTZ:O」初日舞台挨拶出演者コメント

●小野大輔さん(加藤勝役)

(完成した映画を見て)一役者としてはもちろん、一GANTZファンとして、『ありがとう』と思いました。どんな作品になるのか?完成品を見るまで実感がわかなかったんですが、最終的に完成した映画を見て「あぁ、これは『GANTZ』だ!」と思いました。俺たちが好きな『GANTZ』がこれだけのクオリティでここにあるってことが嬉しかったです。
(アフレコは)フル3DCGアニメーションということで、モーションキャプチャで撮影されたキャラクターが映像の中で生きて、命を吹き込まれ、息をしてるんです。息づかいひとつとっても違うし、演者さんがつばを飲み込んだりしてるんです。それを集中して、表現し、さらに熱量を上乗せできるように頑張りました。
(加藤役との共通点は)加藤はカッコよすぎてないです(苦笑)!でも、臆病なところですかね?守る人がいるから、臆病になれるんだと思います。



●M・A・Oさん(山咲杏役)

(完成作品を)見終わって「はぁぁぁ…」って感じで言葉が出てこなかったです。出させていただいて、自分で言うのは恥ずかしいけど素敵な作品ができたと胸を張れる作品になったと思います。一役者として携わらせていただいて幸せです。
(役との共通点は)年が近いところと大阪出身のところ…(笑)?あと、自分から助けに行ったり、前に出ていったりしないところ(笑)。静まってから安全確認して、そーっと出ていく…安全第一です!



●郭智博さん(西丈一郎役)

連載が始まってからずっとファンだったので最高な形でかかわることができて幸せに思います。
(役との共通点は)性格が屈折しているところが似ているんじゃないかと…(笑)。



●池田秀一さん(鈴木良一役)

普段、わりと頼もしい役を演じることが多いので、今回久しぶりに普通の、それもハゲたおじさんの役で、勉強になりました!頑張ったつもりです。最初にDVDを見て、どの役だ…?え?これ?ってびっくりしたけど、小市民なところは僕にもあって、普段は無理して違う役をやってるんで(笑)、身近に感じました。



●川村泰監督

企画が始まったのが2011年の夏で、かれこれ5年…その間、子どもが生まれたり、人生をかけていたので、こうしてみなさんに見ていただけて感無量です!Zガンの描写はすごくこだわりました!



●さとうけいいち総監督

スタッフの「GANTZ』愛がすごくて、恐ろしいくらいでした。ここまでのアクションムービーに仕上げてもらってうれしく思います。(大阪編の描写について)道頓堀の明るさ、冬の感じが出るといいねと話していました。



●橋本マナミさん

(映画を見て)最初からものすごく面白くて、興奮しっぱなしでした!レイカがグラビアアイドルという設定なので身近に感じていたんですが、3DCGがすごくリアルで完璧なんですよね。目がどうしても胸に行っちゃう(笑)!キレイでボディラインも素晴らしかったです。今日はレイカに負けないように出してきました!(胸元も)隠すと負けちゃうかなと思って出してます!



●GENKINGさん

何よりも加藤がかっこよすぎて、そこだけ見てました!加藤推しです!僕も加藤のような彼氏を作りたいです!



●登坂絵莉さん

私は戦うことが好きなので、ぬらりひょんと戦ってみたいです。棒立ちのことが多いので、私のタックルなら簡単に倒せると思います。どこが弱いのか?考えながら見てて「こうやって動けばいいのに」「私なら横に行くな」とか思いながら見ていました。



■ラジオ「あんさんぶるスターズ!~夜闇の魔物に怯える子猫~」DJCDコレクション発売記念イベント

【日時】2016年10月29日(土)開場20:30/開演21:00
【会場】TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
【出演】河北麻友子(山咲杏役)、英里子(レイカ役)、梶裕貴(玄野計役)、川村泰監督
【内容】舞台挨拶、吹き替え版上映、Q&A
【チケット】一般:1,800円/学生:1,500円/学生当日:500円(上映当日0:00~)

※詳しくは劇場ページにてご確認ください。



■フル3DCG長編アニメーション映画「GANTZ:O」

2016年10月14日(金)より全国上映中!

【スタッフ】
原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
制作:デジタル・フロンティア
配給:東宝映像事業部
製作:「GANTZ:O」製作委員会

【キャスト】
加藤勝:小野大輔
山咲杏:M・A・O
西丈一郎:郭智博
レイカ:早見沙織
鈴木良一:池田秀一
ぬらりひょん:津嘉山正種
木村進:小野坂昌也
平参平:津田健次郎
原哲男:小川輝晃
玄野計:梶裕貴


<ストーリー>
地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。
次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。
曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。
シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。
さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ帰るため、死線を潜り抜けていく。
やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!


©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会


GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

4088761057 GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

B00AMVFQLA GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス)

4088796276 GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

B00ECWZWLO GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

B00ECL3TF6

▲ PAGETOP