ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース山下大輝、三宅健太、岡本信彦ら出演!「僕のヒーローアカデミア」スペシャルイベント昼の部レポート

山下大輝、三宅健太、岡本信彦ら出演!「僕のヒーローアカデミア」スペシャルイベント昼の部レポート 2016年9月 6日 18:50


2016年4月から6月まで放送され、第2期シリーズが制作中のTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」。本作のスペシャルイベント『僕のヒーローアカデミア 雄英高校ヒーロー科 1年A組公開授業』が、9月4日(日)に有楽町よみうりホールにて開催された。

このイベントには、山下大輝さん(緑谷出久役)、三宅健太さん(オールマイト役)、岡本信彦さん(爆豪勝己役)、佐倉綾音さん(麗日お茶子役)、石川界人さん(飯田天哉役)、梶裕貴さん(轟焦凍役)、悠木碧さん(蛙吹梅雨役)、諏訪部順一さん(相澤消太役)が登場。今回、このイベントの昼の部のレポートが到着したので紹介する。



■『僕のヒーローアカデミア 雄英高校ヒーロー科 1年A組公開授業』オフィシャルレポート

イベントが始まると、スクリーンには各キャラクターの名シーン映像が流れ、それにあわせた決め台詞とともにキャスト陣がひとりずつステージに登場。集まったファンより大歓声で迎えられた。

最初に始まったコーナーは「第1期総復習」。スタッフが選んだ名場面を発表し、そのシーンを元に本編を振り返るトークを展開するコーナー。「“すべてのはじまり”な名場面」として選ばれたのは、出久がオールマイトから「君はヒーローになれる」という言葉を投げかけられる名シーン。

山下さんは、「原作でも大好きなシーンの一つ。崩れ落ちて泣いてしまうシーンで、実際に涙が出てきてしまった。」とコメント。その収録時はまだメインキャストの少ない回だったため、より緊張しながら何度もテイクを重ねて丁寧に収録に臨んだことが明かされた。


続いての「“反撃の決意”な名場面」では、が初めての挫折を味わった爆豪が再起するシーンを発表。岡本さんは、普段は気性が激しい爆豪が初めて泣く姿を見せるこのシーンを演じる難しさについて語った。

「“ふさわしい”名場面」では、真面目で実直な飯田が学級委員長にふさわしい行動を見せた場面をセレクト。さらに「“ネビル”な名場面」では、作中で抜群の存在感を見せつける青山優雅のシーン。青山が大好きな佐倉さんや悠木さんから、熱烈な「青山くん」コールが送られていた。


その後、「チーム対抗!実技訓練!」と称し、2チームに分かれての協調力・知力・体力を競う3つのゲームコーナーがスタート。本編のキャラクターの中から、お茶子、青山優雅、峰田実それぞれの個性を思わせる3つのゲームで競い合った。

勝利したのは諏訪部順一さん率いるイレイザーヘッドチーム。勝利チームに豪華賞品を渡すため、本作の“宣伝ヒーロー”オールマイトくんが登場し、会場を沸かせた。そしてさらに、イベント当日が誕生日近くだった山下さんと梶さんに、サプライズとしてバースデーケーキのプレゼント。会場の観客全員で2人の誕生日を祝った。


その後は、朗読劇「ヒーローはつらいよ」を披露。1年A組の公開授業で演劇を行うことになり、様々な役を演じる生徒達の様子を描いたオリジナルストーリー。罪を犯したヴィランを捕まえるために活躍するヒーローを出久が演じ、人質になる一般人を飯田が、そして登場後、すぐに死んでしまう警察官を轟が演じるなど、キャラクターの個性があふれるコミカルな展開に、会場が笑いに包まれた。


そして、イベントは終盤を迎え、ここで、11月・12月に開催のアニメ上映イベント『ジャンプスペシャルアニメフェスタ 2016(主催:集英社)』で上映される、“ヒロアカ”の完全新作アニメーションのPVが解禁となった。この新作は、原作者の堀越耕平氏がストーリー原案を手掛け、物語の時期としてはTVアニメ第1期と第2期の間に位置するオリジナルストーリー。今まで見たことのないシーンの数々に、会場から大きな歓声が沸き起こり、新作アニメへの期待感が高まっていた。


最後に、本日登壇したキャスト陣ひとりひとりからファンへの感謝の言葉が伝えられ、山下さんからは、「このメンバーで揃う機会は久しぶりなので、非常に嬉しいです。これから2期に向けて走っていきたいので、皆さんもついて来てくださいね!」と2期への期待が込められたメッセージが贈られた。

そして、雄英高校の校訓「プルス・ウルトラ」の掛け声を会場全員で大きな声で叫び、イベントは大興奮のうちに終了した。

アニメ「僕のヒーローアカデミア」は、TVアニメ第2期の放送に向けて、第1期がBS11で10月より再放送されることが決定。また、『ジャンプスペシャルアニメフェスタ 2016(主催:集英社)』で完全新作アニメーションの上映のほか、今後も様々な展開を予定している。



■TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」

TVアニメ第2期制作中!

【スタッフ】
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
シリーズ構成:黒田洋介(スタジオオルフェ)
キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦
美術監督:池田繁美・丸山由紀子(アトリエ ムサ)
色彩設計:菊地和子(Wish)
撮影監督:池上真崇
編集:坂本久美子
音響監督:三間雅文
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
製作:僕のヒーローアカデミア製作委員会

【キャスト】
緑谷出久:山下大輝
オールマイト:三宅健太
爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
轟焦凍:梶裕貴
蛙吹梅雨:悠木碧
峰田実:広橋涼
八百万百:井上麻里奈
常闇踏陰:細谷佳正
切島鋭児郎:増田俊樹
上鳴電気:畠中祐
相澤消太:諏訪部順一
プレゼント・マイク:吉野裕行
リカバリーガール:小桜エツコ
死柄木弔:内山昂輝


<あらすじ>
ことの始まりは中国・軽慶市から発信された「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる―。世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく“個性”を持つ者たちが“ヒーロー”として敵(ヴィラン)や災害に立ち向かい、人々を救ける社会が確立されていた。
かつて誰もが空想し憧れた“ヒーロー”。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷出久(みどりやいずく/通称デク)もヒーローになることを目標に、名立たるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだった…。ある日、デクは自身が憧れてやまないNo.1ヒーローのオールマイトと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵(ヴィラン)…。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。

新世代の熱きヒーローストーリーが、始まる!


©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS


【Amazon.co.jp限定】僕のヒーローアカデミア Vol.5(初回生産限定版)(各巻購入特典:場面写ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

B01DPASS14 【Amazon.co.jp限定】僕のヒーローアカデミア Vol.5(初回生産限定版)(各巻購入特典:場面写ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [DVD]

B01DPASQ9S 僕のヒーローアカデミア Vol.5(初回生産限定版) [Blu-ray]

B01DPAFRM2 僕のヒーローアカデミア Vol.5(初回生産限定版) [DVD]

B01DPAFRSQ 【Amazon.co.jp限定】僕のヒーローアカデミア Vol.4(初回生産限定版)(各巻購入特典:場面写ブロマイド付)(全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付) [Blu-ray]

B01DPASQCU

▲ PAGETOP