ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース内田彩の全てが詰まった全曲ライブ『AYA UCHIDA Complete LIVE ~COLORS~』が開催!1stシングル発売も決定!

内田彩の全てが詰まった全曲ライブ『AYA UCHIDA Complete LIVE ~COLORS~』が開催!1stシングル発売も決定! 2016年8月13日 22:00


声優だけでなく2014年11月よりアーティストとしても活動をスタートさせた内田彩さんが、数々のCDリリース、ライブを経て、8月13日(土)に持ち歌全曲を披露するライブ『AYA UCHIDA Complete LIVE ~COLORS~』を日本武道館で開催した。ライブでは内田さんが全34曲を熱唱。3時間に及ぶライブは終始盛り上がりを見せた。




ゆっくりと歩みを進め花道に姿を現した内田さんは『妄想ストーリーテラー』からライブをスタート。無数のピンクのペンライトの光に囲まれ優しい歌声を会場に響かせる。続く『Floating Heart』では、内田さんが「武道館、カラフルに染めていくよ!」が叫ぶと、ステージの幕が取り払われ、ステージ奥まで続く階段のセットが姿を現す。



『Party Hour Surprise!』『スニーカーフューチャーガール』とハイテンションなナンバーが連続し、会場のボルテージはさらにアップ。ステージの端まで駆け出した内田さんは客席の間近で歌声を届ける。『泣きべそパンダはどこへ行った』では内田さんがワルツのリズムに乗せて歌うとスクリーンの中ではパンダが可愛らしく動きまわる。パンダのぬいぐるみを手にすると歓声が上がる一幕も。『キックとパンチどっちがいい?』では歌詞の内容に合わせて怒った様子を見せる内田さんのキックとパンチが炸裂した。




最初のMCでは全曲コンプリートライブということで長丁場になることを語り、観客を心配しつつ、今回のライブタイトルの『COLORS』の通り、バリエーション豊富で色とりどりなライブにしていきたいと意気込む。「よりカラフルな世界へ招待します」と呼びかけ『Let it shine』へ。ヒマワリの花で満たされたステージに観客も黄色のペンライトで会場を鮮やかに彩ったかと思うと、『オレンジ』であっという間にオレンジ色に変化した。



黄色、オレンジと来て『Sweet Rain』では会場全体が青に包まれ、内田さんは傘を手にして透き通る声を響かせる。切なげな歌声と疾走感溢れるリズムが印象的な『最後の花火』では赤く染め上げられた。ここまで夏らしい楽曲をお送りして来たと話した内田さんは今夏が「武道館の夏」になったと笑う。

内田さんは4枚のアルバムをリリースしたもののシングル曲をリリースしていないのに武道館に立ってしまって良いのかと笑いつつ、アーティストデビューしてから駆け抜けて来たことを振り返り、ファンに向けて感謝の言葉を送った。また、武道館の上にある“もの”が球根に見えるという内田さんは何かが芽吹いていく予感がすると話し、まだ見たことのない景色を見せていきたいと意気込んだ。




ゆっくりと再び花道に歩みを進めた内田さんは感情を込めて『ONE WAY』を熱唱。曲中で花道がせり上がると内田さんの姿ははるか高い位置へ。さらにセクシーな囁きを交えてを『afraid...』を披露した。『シリアス』ではなんとステージに生バンドが出現。ますます勢いを増したボーカルで観客を圧倒した。



『Like a Bird』『MELODY』とスピーディーな楽曲に力強い歌声を乗せられた観客のボルテージは上がり続ける。ここまでで既にライブを1本やったような気になると笑う内田さんは5月から行なって来たライブの話題や、先日30歳の誕生日を迎えたことなど、初めてのことだらけだったと振り返り、今年は熱いだけでなく記憶に残る汗をかきたいと語った。

<歌を通して皆と新たな絆を結べていきたいと話し『ハルカカナタ』へ。様々なことへの感謝の気持ちを込めて届けられたこの歌が観客の心へと沁み渡っていく。優しいメロディをバンドメンバーが響かせる中、内田さんはステージを一旦退場。




時を刻む時計と鐘の音が響き渡りると新たにピンクのドレスに着替えた内田さんが姿を見せる。スクリーンを使った幻想的な光の演出とともに『Daydream』を歌い上げた。続けて『ピンク・マゼンダ』をタイトル通りの色に包まれながら歌声を観客へ届ける。



ピアノの軽快なリズムからスタートした『いざゆけ!ペガサス号』では、白と黒のストライブのドレスに早替えし、ステージ上を軽やかに歩き回る。次々と色を変えるライトを浴びながら披露した『color station』。花道を歩きながら全方向に笑顔を届け、『Merry Go』ではより一層カラフルな光が会場を包み込んだ。

武道館がどれだけとてつもないステージか分からなかったという内田さんは、観客の顔がひとりひとり見えることに喜びつつ、『ピンク・マゼンダ』や『Merry Go』をいつもと違うバンドアレンジで歌ったことを告白した。今回のライブグッズに内田さんが独断で作ったというウサミミカチューシャに触れつつ、衣装の早替えなど様々なことに挑戦したことも明かす。




まだまだ楽曲が半分近く残っていると話した内田さんは『リードを外して』『笑わないで』『Sweet Dreamer』『Ruby eclipse』を続けて披露。『Sweet Dreamer』では内田さんの左右に振られる手の動きに合わせて観客も一緒に手を振り一体となり、『Ruby eclipse』では情熱的な歌声で魅了した。



『絶望アンバランス』でさらに勢いを加速。フロントに飛び出したふたりのギターとともにステージを盛り上げる。パワフルな歌声が心地よい『キリステロ』では、間奏で観客も一緒に声を合わせ、より強い一体感を感じさせてくれた。今までで一番の盛り上がりに喜びつつ内田さんがバンドメンバーを紹介。メンバーからの温かい言葉を受けたところでラストスパートへ。





ミント色の衣装に早替えした内田さんはタオルを振り回して『Growing Going』をハイテンションに熱唱。会場内に出現したトロッコに飛び乗った内田さんは客席の真ん中を移動しながら『ドーナツ』を歌い上げる。

盛り上がりはとどまる所を知らず『Go! My Cruising!』では先ほどの倍の高さとなったせり出しの遥か高みから内田さんが声を響かせる。そして、「日本武道館に笑顔の花を咲かせてください」と呼びかけ『Blooming!』を溢れんばかりの笑顔で熱唱した。



『Breezin'』ではスクリーンに次々と歌詞が浮かび上がり、観客の盛り上がりを加速させる。楽しくなり過ぎて途中で歌詞がめちゃめちゃになってしまったと笑う内田さんから、ここで驚きのお知らせとして、ついに1stシングル「すみれ smile」を出すことが発表された。

ソロデビューする時は不安もあったけれどここまで来れたのは皆のおかげだと語り、初めてのシングルは皆の笑顔が詰め込んだものにしたいとコメント。改めてこのライブで皆からもらった笑顔をシングル制作に取り込みたいと話した。



最後はアーティスト活動の始まりの曲で終わりたいと語った内田さんは、会場の熱い熱い空気を背に受けて『アップルミント』を歌い上げた。これで終わりと思いきや、全曲をコンプリートするにはまだ1曲足りてないことを告白。武道館でライブをするという素敵な機会に巡り会えたことと、ファンひとりひとりへの感謝を述べた。

いつも付いてきてくれることの感謝の気持ちを込めて、ラストは『with you』を披露。この曲を持って34曲、3時間にも及んだ全曲ライブの幕を下ろされた。



<セットリスト>
01.妄想ストーリーテラー
02.Floating Heart
03.Party Hour Surprise!
04.スニーカーフューチャーガール
05.泣きべそパンダはどこへ行った
06.キックとパンチどっちがいい?
07.Let it shine
08.オレンジ
09.Sweet Rain
10.最後の花火
11.ONE WAY
12.afraid...
13.シリアス
14.Like a Bird
15.MELODY
16.ハルカカナタ
17.Daydream
18.ピンク・マゼンダ
19.いざゆけ!ペガサス号
20.color station
21.Merry Go
22.リードを外して
23.笑わないで
24.Sweet Dreamer
25.Ruby eclipse
26.絶望アンバランス
27.キリステロ
28.Growing Going
29.ドーナツ
30.Go! My Cruising!
31.Blooming!
32.Breezin'
33.アップルミント
34.with you



2nd LIVE Blooming! ~咲き誇れみんな~ [Blu-ray]

B01CCP2E9U Sweet Tears

B018ZNL548 Bitter Kiss

B018ZNL5BQ 内田彩1st写真集 patina(書籍扱い)

4253010911 Blooming! 初回限定盤A(CD+Blu-ray)

B00YW79EXG

▲ PAGETOP