ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースアルバム制作&全国ツアー開催発表!寺島拓篤ライブ『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE』レポート

アルバム制作&全国ツアー開催発表!寺島拓篤ライブ『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE』レポート 2016年7月 7日 18:30


6月11日(土)、12日(日)の二日間にわたり東京国際フォーラム ホールAで『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE』が行われた。今回のライブは寺島さんの音楽活動5周年のスタートを飾る記念すべき公演。副題には『~STARTING RED~』(11日)『~RISING BLACK~』(12日)と付けられており、別テーマの二日間をそれぞれに楽しめる内容となっていた。今回は12日の『~RISING BLACK~』のステージレポートをお届けする。



オープニングは往年のゲームのようなスタート画面から、プレイヤー選択、二日目のタイトルロゴなどが次々と現れ、寺島さんらしい遊び心で飾られたムービーで幕を開けた。


続いて体を揺さぶるビートサウンドとまばゆいレーザーが会場中に反響反射する。始まりを今かと待つファンの気持ちをますます昂らせて、いよいよ寺島さんがステージへと登場。会場は一気に割れんばかりの大歓声に包まれた。

1曲目は『border-line』。黒いハードスタイルな衣装に身を包んだ寺島さんはダンサーと息の合ったダンスを披露し早くも本領発揮。2曲目『silent stride』のダンサブルナンバーへと続くと、さらに『INNER STAR』へ。冒頭から「ウェルカム、国際フォーラム!今日は最高に楽しもうぜ!」とファンヘ檄を飛ばして一気に駆け抜けた。



最初のMCタイムでは、挨拶に続き前回のライブから約1年半ぶりということで、かなりテンションが上がっていると話す寺島さん。「ここは今日のためだけの、集まったみなさんのためだけの秘密の場所(=秘密基地)です」。その言葉にファンも歓声で応える。それは来場できなかったファンを締め出すような意味では決してなく、ワクワク感を共有するこの日だけの特別な場所、ともにこの時間を楽しみたいという想いが込められていた。


4曲目はガラリと雰囲気を変えて『JUMBLE TOWN』。出だしから両手を大きく左右に振るハッピーなナンバーだ。ダンサーとともに寺島さん自身もお茶目な姿を見せる振り付けで会場を楽しませてくれる。続いては『hazy』へ。テンポ感の良さと重すぎないビート音が先とは違う高揚感をくれるとともに、モニター映像やレーザー演出でも飽きさせることはない。


再び簡単なMCを挟み、『blue moon』『magic words』『colors of love』の3曲が披露される。ミラーボールで青いライトがキラキラとステージへと反射するムーディーな空間。その中で響く寺島さんの歌声に酔いしれたバラードに続き、シングルカット曲では再び拳を突き上げてヒートアップ。最後はデジタルサウンドの心地よい一曲でまとめ上げた。


8曲目までを終了し、ここで趣向を変えたお楽しみタイムへ。クラブさながらの『DJ TIME』とダンサーチームの技が光る『DANCE TRACK』だ。しばしの間サウンドとパフォーマンスでそれぞれに観客を楽しませてくれると、衣装チェンジをし終えた寺島さんも終盤でダンスに加わりそのままライブへ突入、『Special Day』から再スタートを切った。軽やかな曲に乗せステップを踏む寺島さん、まだまだ疲れは見せない。

と、ここで再びのMCへ。実は続いての曲が今回のライブならではの選曲となっており、それについて寺島さんから熱く思いが語られた。

声優という仕事を通してキャラクターと出会い、ファンと出会い、キャラクターソングという奥深さを知り、寺島さん自身も音楽を始めることとなる。まさにそのきっかけとなったのが「うたの☆プリンスさまっ♪」の一十木音也だったこと。

「音也からは演じること、歌うことの素晴らしさを教えてくれた。まぶしいなって思ってた」と当時の思いを語ってくれた寺島さん。『~STARTING RED~』のサブタイトルはそんな音也にちなんだものであり、前日は『BRAND NEW MELODY』が披露されていた。キャラクターソングカバーはファンにとってはまさかの選曲。おそらくかなりの盛り上がりを見せたことだろう。


しかし、12日だってファンの熱は負けていなかったはず。音也と並ぶものとして寺島さんがチョイスしたのは「アイドルマスター」天ヶ瀬冬馬のキャラクターソング『BANG x BANG』。タイトルが伝えられた瞬間から、観客は大興奮。曲のカッコ良さに加え、振り付けに入れられた発砲と硝煙を吹く一連の仕草、一瞬一瞬の表情はキャラクターを連想させ、大歓声を沸かせた。

ちなみに今回の振り付けは、アイドルマスターの振付師さんによる「公式」のものとのこと。曲明けではその難しさに苦笑いしていたものの、仕上がりは会場の盛り上がり具合が物語っていた。

さらに、「表現者としてこんなに尊敬できる役を出来るのはとても嬉しい。歌うこととか表現することに一本芯を持っている役は、自分も頑張らなきゃと思わせてくれる」とキャラクターと向き合う姿勢を熱く語ってくれた寺島さん。

冬馬についても「冬馬はいつも自分の境界線を飛び越えていく」と、そんな彼から付けたのが今回の『~RISING BLACK~』というサブタイトル。5周年を迎える今回、そしてこれから先へと羽ばたくこの日にまさにふさわしい言葉となっていた。



さて、ここからはいよいよラストスパート。一気に4曲を熱唱して駆け抜ける。まずは『a blank map』。サビでジャンプを繰り返し元気いっぱいに弾けたあとは、『existence』のロックスタイルに大きなコールがこだまする。さらに観客を煽って『スターテイル』『Architect』と続き、疾走感あふれるサウンドで走りきった。

いよいよ次がラストの曲、その直前には寺島さんも終わりを実感した様子で、終わりたくない、と本音をこぼす姿も。それでも「終わってさみしいってことは、終わるまでが超楽しかったってことだよね?!」とファンを励ましながら「みんなの声をもっともっと聞かせてください!」とラストナンバー『0+1』へ。ライブの盛り上がり必須のテクノポップ、サビではコールも盛大にこだまし、最高のラストを迎えた。



アンコールでは、「これをやらずに終われないよねー!」と登場してすぐに曲が始まる。『ビビッドナイトフィーバー!」だ。ファンも振りを一緒に踊って楽しめる、ライブでは外せないまさにフィーバー曲。これ以上ない盛り上がりでアンコールステージが始まった。

改めてのMCでは重大発表が行われた。アルバム制作決定、そして全国ツアー開催が知らされたのだ。ツアーは2017年4月2日の仙台を皮切りに札幌、福岡、大阪、石川、東京の6都市7公演が予定されている。寺島さんにとってこれまでで最大のツアーとなる。中でも注目は、寺島さんの出身・石川県での公演だ。初となる地元開催に、寺島さん本人はもちろんファンも大歓声と拍手で喜びを分かち合った。



続いての曲はTVアニメ「SERVAMP-サーヴァンプ-」ED主題歌となっている『sunlight avenue』をお披露目。「すごく暖かく、明るく、楽しく、元気よく」。曲についてそう語ってくれた通り、心地よいサウンドでファンを魅了した。

今回も作詞を担当した寺島さんだが、タイアップは初めて。作品を背負っての制作は「責任感がすごかった」と振り返る。しかしそれは決して悪いものではなく、「責任感が力になって良いものが出来る」「責任感をポジティブに捉えられるようになった」と笑顔で話してくれた。

こうして本当のラストへ。最後は「残っている体力を全部ここにおいていってください」と声が掛けられ、始まったのは『HERO』。ファンもタオルや拳を回して思い思いに最後のステージに力いっぱい応え返していた。

「こんなにたくさんの笑顔に囲まれて、寺島、本当に嬉しいです」。ステージを降りる直前にファンヘと感謝の気持ちを込めてメッセージを残し、2日間にわたるライブが幕を下ろした。


『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE』東京国際フォーラムホールA
2016年6月12日(日)~RISING BLACK~セットリスト


M1 border-line
M2 silent stride
M3 INNER STAR
M4 JUMBLE TOWN
M5 hazy
M6 blue moon
M7 magic words
M8 colors of love
M9 Special Day
M10 BANG x BANG
M11 a blank map
M12 existence
M13 スターテイル
M14 Architect
M15 0+1(読み:ラブアンドピース)
EN1 ビビッドナイトフィーバー!
EN2 sunlight avenue
EN3 HERO



■ライブツアー『5th ANNIVERSARY TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2017 3rd STAGE』

【会場/開催日時】
宮城・仙台PIT/2017年4月2日(日)開場17:15/開演18:00
北海道・ペニーレーン24/2017年4月8日(土)開場17:30/開演18:00
福岡・スカラエスパシオ/2017年4月15日(土)開場17:30/開演18:00
大阪・Zepp Namba(OSAKA)/2017年4月23日(日)開場16:30/開演17:30
石川・金沢AZ/2017年4月29日(土・祝)開場17:30/開演18:00
東京・Zepp Tokyo/2017年5月6日(土)開場17:00/開演18:00
東京・Zepp Tokyo/2017年5月7日(日)開場16:00/開演17:00

【チケット】
<宮城・北海道・福岡・石川公演>
スタンディング:6,000円(税込、整理番号付、ドリンク代別)
<大阪公演>
スタンディング:6,000円(税込、整理番号付、ドリンク代別)
2F指定:6,500円(税込、ドリンク代別)
<東京公演>
1Fスタンディング:6,000円(税込、整理番号付、ドリンク代別)
2F指定:6,500円(税込、ドリンク代別)



■TVアニメ「SERVAMP-サーヴァンプ-」ED主題歌「sunlight avenue」/寺島拓篤

【発売日】2016年8月17日(水)
【価格/品番】
初回限定盤:1,800円(税抜)/LACM-34508
通常盤:1,300円(税抜)/LACM-14508
【発売元】ランティス


TVアニメ『SERVAMP-サーヴァンプ-』ED主題歌「sunlight avenue」(初回限定盤)(DVD付)

B01FFVTEAU TVアニメ『SERVAMP-サーヴァンプ-』ED主題歌「sunlight avenue」(通常盤)

B01FFVTEB4 0+1(初回限定盤)(DVD付)

B01AMGBCPI 0+1(通常盤)

B01AMGBCQM

▲ PAGETOP