ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースここから始まる下野紘の新たな道——「下野紘バースデーライブイベント リアル-REAL-」東京公演1回目レポート

ここから始まる下野紘の新たな道——「下野紘バースデーライブイベント リアル-REAL-」東京公演1回目レポート 2016年4月25日 19:30


4月24日(日)、東京・山野ホールにて「下野紘バースデーライブイベント リアル-REAL-」が開催された。本イベントは、声優デビュー15周年を迎えた下野紘さんが、アーティストデビューの第一歩としてリリースしたFirst Single「リアル-REAL-」を引っさげたライブイベント。

ライブパートはもちろんのこと、4月21日に誕生日を迎えた下野さんならではのコーナーや、サプライズゲストからのVTRなど、盛りだくさんの内容で繰り広げられた。本稿では、そんなイベントの東京公演1回目の模様を、レポートとしてお届けする。



●下野さんが“今”欲しい5つのプレゼントとは

イベントは、ファンによる「下野さーん!」の呼び込みでスタートした。熱烈な声援に応えるように、下野さんが舞台袖からダッシュで登場。会場を埋め尽くす多くのファンを前に、嬉しさを隠しきれず、はにかみながら挨拶していった。

最初に行われたコーナーは『声優デビュー15周年!下野紘にプレゼントしたい15のこと!』。4月21日に迎えた誕生日と15周年にかけて、下野さんが3つのチャレンジに挑み、全てクリアすれば下野さんが欲しいプレゼントが送られるといった企画だ。全5公演ごとに毎回行われるため、デビュー15周年にかけて“15”のチャレンジとなる。そんな下野さんが今欲しい物は、以下の通り。


・ドラキュラ城(ルーマニア)に行きたい!
・温泉で雪見酒がしたい!
・PS4が欲しい!
・1週間の休み!
・サバゲーがやりたい!

クリアした場合、1公演につき、いずれか1つのプレゼントが送られるとのこと。ちなみに、大阪で行われた2公演は失敗に終わったため、下野さんもここで流れを変えたいところだ。

1つ目のチャレンジは、下野さんが大得意とする『即興ソング対決』。対戦相手は、大阪公演から引き続き司会を務める、下野さんの事務所の後輩・伊達忠智さん。そして、くじ引きで決まった即興ソングのテーマは“告白したら相手が同性だった歌”に決定。

思いがけないテーマに、2人とも表情を曇らせたが、意を決して先攻の伊達さんが挑戦する。そして“女だと思っていた相手が、告白してみたら男だった”という内容の即興ソングを披露すると、下野さんは「成長してるね!」と大絶賛。会場からも、多くの拍手が伊達さんへ送られた。

続いて、大阪公演で2連勝を果たした下野さんが挑戦。出だしをサビから歌い始め、Aメロ、Bメロ、そしてサビと、徐々に曲を盛り上げていく。また、歌詞の内容は“好きな相手が女の子だったけど、性別は気にしない”といったラブソング仕立てになっており、ファンからも黄色い声援が飛び交った。歌い終えた下野さんは「一瞬、BでLの方も考えたんだけどね(笑)」とコメント。判定は、完成度の高かった下野さんに軍配が上がり、1戦目は難なくクリアした。


2つ目のチャレンジは、箱に入っている“何か”を手探りで当てる『箱の中身は何でしょね下野さん!』。今回の中身は、いずれかの歯に触れるとワニに噛みつかれてしまう玩具“スーパーイタイワニー”が入っていた。ファンから「気を付けてー!」との声援が送られる中、慎重に探っていく下野さん。途中で噛まれて悲鳴を上げながらも“ワニワニパニック”と回答。しかし、正式名称で答えなければならないため、結果は不正解。チャレンジは失敗に終わってしまう。

残念ながらチャレンジ終了……と思いきや、ここで再びチャンス。3つ目のチャレンジに成功すれば、プレゼントがゲットできる特別ルールに。そんな3つ目のチャレンジは『真剣(マジ)に真剣白刃取り対決!!』。下野さんの背後に立った伊達さんがチャンバラ刀を振り下ろし、白刃取りで受け止めることができたら成功となるルールだ。

非常に難しい内容だが、プレゼントのために奮闘する下野さん。しかし、力及ばず白刃取りは失敗に終わってしまう。しかし、ファンの熱い要望もあり、もう一度チャンスが与えられる……が、再び伊達さんの一撃を浴びて、チャレンジは終了となった。

プレゼントはゲットできなかったものの、ここで残念賞が送られる。サバゲーをしたい要望に沿って、“迷彩柄のサバゲーがしたくなるレインコート”を下野さんへプレゼント。早速、着てみると伊達さんから「サバゲー気分は味わえていますか?」との質問が。すると下野さんは「全然味わえねぇよ!暑くて汗かいて仕方ないよ!(笑)」と悔しそうな表情を浮かべて、下野さんへのプレゼントコーナーは幕を閉じた。


続いては、下野さんに縁のある人物から、下野さんにまつわる問題が出題される『ドッキリ!下野紘エピソードクイズ!』。公演ごとに出題者や問題が変わるため、下野さんにとってもドキドキな本コーナー。1問目は、AT-Xにて放送中の「しもがめ」スタッフから、「過去に下野さんへ送った誕生日プレゼント、その飲み物の名称は?」が出題された。

3年もの付き合いがあるため、決して外せない問題だが、下野さんの回答は“乙女の聖水”。しかし、正解は“お嬢様聖水”ということで、罰ゲーム『イケボで好きなセリフをPlease』を行うことに。テーマの“海に向かって愛を叫ぶ”を元に、砂浜で一緒に戯れる女の子へ愛の告白をして、会場を大いに沸かせた。

第2問はテレビ東京の「アニメマシテ」スタッフから「放送101回記念のポラロイドに書いたコメントは?」といった問題が。誰もが難しいと思われたが、下野さんは明確に覚えている様子。また「(自分の)字が汚いとか、ひっかけ問題でしょ!?」と鋭い考察を経て、本来書いた“ハリケーン”ではなく“ハソケーン”と回答。自らの欠点を考慮した上での回答だったが、正解は“ヘリケーン”。斜め上過ぎる正解に、下野さん自身も床に転がって苦渋の表情を浮かべていた。そして、罰ゲームの“ずっと幼馴染だった女の子に愛の告白”もクールに決めて、ファンにとって大満足なコーナーが締めくくられた。



●会場を染め上げるリアル-REAL-

ここからは、アーティストとしての下野さんによるステージが繰り広げられる。今回はライブイベントということもあり、過去に演じてきたキャラクターの「キャラソンライブパート」がスタート。1曲目は、TVアニメ「CLUSTER EDGE」から『流星シュート』を披露。多くの“紘君コール”を浴びながら、エネルギッシュなパフォーマンスで、当時のファンを熱狂の渦に巻き込んでいった。

続けて「僕がアーティストデビューをするきっかけになった内の、一つの曲です」と前置きして歌ったキャラソンは、ゲーム「水の旋律2 〜緋の記憶〜」から『Alone』。緋色をイメージした赤いペンライトに包まれながら、どこか儚げに披露する。またラスサビの「きみだけを抱いて生きたい…」は、語りかけるように歌い、ファンの心を鷲掴みにした。

一度、下野さんが舞台から姿を消すと、本イベントのメイキングが映し出された。リハーサルでの真剣な表情はもちろん、バースデーサプライズを仕掛けられたときの笑顔など、様々な下野さんにファンも釘付けの様子。

映像が終わると、伊達さんのタイトルコールで『リアル・革ジャンコレクション』、略して『RKC』が突如として開幕。「リアル-REAL-」で使用した革ジャンを披露するコーナーとして、計3着の革ジャンを着こなした下野さんが、次々とステージでパフォーマンスを繰り広げた。

革ジャンについてはもちろん、撮影時のエピソードなど貴重な話が飛び出た一幕も。その後は、会場のファンから寄せられた質問に答える『リアル・アンケートトーク』や、サイン入りパンフレットが当たるプレゼント抽選会が行われ、イベントは更に盛り上がりを見せた。

いよいよライブパートに突入すると思いきや、ここで下野さんへのサプライズVTRが到着。1人目のVTRは、何故かユニフォーム姿で激励の言葉を送る小野大輔さん。「リアル-REAL-」を“レアル”と勘違いし、スペインのサッカークラブ“レアル・マドリード”のユニフォームで出演し、会場を爆笑の渦に包み込んだ。2人目は、声優として大先輩にあたる辻谷耕史さん。プライベートでも交流があるという辻谷さんだが、ここで下野さんの恥ずかしいエピソードを秘蔵写真と共に暴露。次々に明かされる話の数々に、下野さんの断末魔が絶えることはなかった。

嬉し恥ずかしのサプライズVTRコーナーもさておき、ここからはファンお待ちかねのライブコーナーへ突入。颯爽とスタンドマイクを手にした下野さんは「リアル-REAL-」のカップリング曲『約束』を披露。語りかけるような優しさと、サビで静かに燃え上がるような歌声の二面性に、ファンもうっとりと聴き入っていた。

ラストナンバーとなる曲はもちろん『リアル-REAL-』だが、歌う前に下野さんは「自分のいろんな思いを、この2曲に込めたので気持ちが込み上げてきます」と感慨深くコメント。あっという間に終わるイベントに寂しさを感じつつ、ファンへ感謝の気持ちを述べると『リアル-REAL-』を熱唱。力強い下野さんの歌声に共鳴するかのように、会場の熱気も急上昇。もちろん、ファンもペンライトや声援で下野さんにエールを送り、更にその勢いを増していく。そして会場全体をリアル-REAL-に染め上げたところで、一度舞台の幕を閉じていった。


アンコールでは、なんと下野さんから嬉しいお知らせが。早くも今夏に、2ndシングルのリリースが決定したことが明らかになった。現在は鋭意製作中とのことで、ファンにとっては非常に嬉しい発表となったことだろう。そんな興奮冷めやらぬ中、アンコールの『リアル-REAL-』を披露。ステージも客席も、その日一番の熱量で盛り上がりを見せてイベントは終了した。ここから、更に加速するアーティスト・下野紘からは、一瞬足りとも目が離せない。



リアル-REAL- 初回限定盤(DVD付)

B019XIOYQA リアル-REAL- 通常盤(CD only)

B019XIOYPQ

▲ PAGETOP