ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース長崎監督よりコメント!TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」OP映像配信&第3話場面カット到着!

長崎監督よりコメント!TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」OP映像配信&第3話場面カット到着! 2016年4月14日 18:20

MBS、TBS系全国28局ネットにて好評放送中のTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」。本作の4月17日(日)より放送される第3話の場面カットが到着したので紹介する。

また、アニメ公式サイトとYouTubeにて、アニメオープニング映像が公開された。ポルノグラフィティによるオープニングテーマ『THE DAY』に乗って、主人公・緑谷出久をはじめキャラクターたちが次々と登場し目まぐるしく動き回る。

今回の配信にあたり、OP映像の絵コンテを手掛けた長崎健司監督より、OP映像に込めたテーマなどコメントが到着したので紹介する。

◆TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニング
https://www.youtube.com/watch?v=BGBQkvPAzSY



■TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット
TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット
TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット
TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第3話場面カット


■TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」長崎健司監督コメント

――OP映像のテーマを教えてください。

長崎監督:アニメ本編同様、OP映像もまずは出久とオールマイトの師弟関係、2人の関係性を出したいと思いました。そこを軸にして、他の要素も加えていこうと。


――オープニングテーマの『THE DAY』についてはどんな印象を持ちましたか?

長崎監督:楽曲の歌詞やメロディに合わせて構成を組んでいくわけですが、『THE DAY』を聴いて、ポルノグラフィティのおふたりがすごく「僕のヒーローアカデミア」の原作を読み込んで考え抜いたうえで、作品の世界観というか、そういったものを歌詞も含めて表現してくれたのが感じ取れたんです。前半では、出久の境遇とかそういうちょっとつらいところも感じさせつつ、そこから前向きに向かっていく、励ましてくれる。出久が成長していくイメージがある楽曲だと思いました。


――前半から中盤にかけて出久のドラマが描かれている気がします。

長崎監督:そうですね。例えば、中盤の出久と爆豪のシーンは、出久のオールマイトとの関係の一方、出久と爆豪の関係というのも物語の大事な部分なので、ピックアップしたいと思いました。ふたりの対決は今後の大事な見どころのひとつでもあるので。


――サビからはアクションが目まぐるしく展開しますね。

長崎監督:この作品は、ヒーローアクションモノという面と、ヒーローを目指す少年少女たちの成長物語という面がある。その二面性を表現しようと、サビではまずオールマイトと相澤という、ヒーローであり先生でもある、生徒たちを引っ張るふたりのアクションで始めて、生徒たちはバトルに“駆けつける”イメージで、表情や動きを前向きな形で描きました。


――OP映像の中で、こだわりというか、気にかけたシーンはありますか?

長崎監督:サビの最後、出久のパンチと、オールマイトのパンチが重なるところですね。これは楽曲を聴く前から入れたいって考えていました。「出久とオールマイト」というふたりをテーマに描くうえで、根幹というか、そういうものだと思います。


アニメ本編は第2話までが放送され、出久とオールマイトの出会いと、出久の内に秘められたヒーローの資質をオールマイトが見出すまでが描かれた。そして4月17日(日)夕方5時には第3話が放送となる。オールマイトの「君はヒーローになれる。」という背中を押してくれる言葉に胸を突かれた出久が、いよいよヒーローになるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校に入学するために、力強く前進していく。そして、“無個性”の出久に対し、オールマイトからある提案が…。

さらに新キャラクターたちもいよいよ初登場となり、物語が加速していく。そんな第3話に向けて、そして今後の展開に向けて、長崎監督からメッセージをいただいた。

長崎監督:第3話から、出久とオールマイトの師弟関係が本格的に始まります。それと(メインキャラの)お茶子と飯田も初めて登場して、これを皮切りにOPに出てくるたくさんのキャラクターたちが登場していきます。雄英の生徒たちの“個性”が描かれるのはもちろん、サビの部分で登場している“敵(ヴィラン)”と戦いが待っています。OPのようなアクションを楽しみにしていてください。



■TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」

MBS/TBS系全国28局ネットで好評放送中!

【スタッフ】
原作:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
シリーズ構成:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦
美術監督:池田繁美・丸山由紀子(アトリエ ムサ)
色彩設計:菊地和子(Wish)
撮影監督:池上真崇
編集:坂本久美子
音響監督:三間雅文
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ
製作:僕のヒーローアカデミア製作委員会
アニメーション制作:ボンズ
OPテーマアーティスト:ポルノグラフィティ(SMEレコーズ)
EDテーマアーティスト:Brian the Sun(EPICレコードジャパン)

【キャスト】
緑谷出久:山下大輝
オールマイト:三宅健太
爆豪勝己:岡本信彦
麗日お茶子:佐倉綾音
飯田天哉:石川界人
蛙吹梅雨:悠木碧
峰田実:広橋涼
八百万百:井上麻里奈
常闇踏陰:細谷佳正
切島鋭児郎:増田俊樹
上鳴電気:畠中祐
轟焦凍:梶裕貴
尾白猿夫:三好晃祐
瀬呂範太:古島清孝
砂藤力道:奈良徹
葉隠透:名塚佳織


【主題歌】
オープニングテーマ:『THE DAY』ポルノグラフィティ
エンディングテーマ:『HEROES』Brian the Sun


<あらすじ>
「架空(ゆめ)」は、「現実」に!
これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ。

ことの始まりは中国・軽慶市から発信された「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる―。世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく“個性”を持つ者たちが“ヒーロー”として敵(ヴィラン)や災害に立ち向かい、人々を救ける社会が確立されていた。
かつて誰もが空想し憧れた“ヒーロー”。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷出久(みどりやいずく/通称デク)もヒーローになることを目標に、名立たるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだった…。ある日、デクは自身が憧れてやまないNo.1ヒーローのオールマイトと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵(ヴィラン)…。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。

新世代の熱きヒーローストーリーが、始まる!


©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS


僕のヒーローアカデミア Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]

B01DPAFRUO 僕のヒーローアカデミア Vol.1(初回生産限定版) [DVD]

B01DPAFRUE THE DAY(初回生産限定盤)(DVD付)

B01DH2OA8U THE DAY

B01DH2OA8K THE DAY(期間生産限定アニメ盤)

B01DH2OAFI

▲ PAGETOP