ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2016】村瀬歩、佐藤拓也、花江夏樹が登場!TVアニメ「D.Gray-man」新シリーズ放送決定記念スペシャルステージ

【AnimeJapan 2016】村瀬歩、佐藤拓也、花江夏樹が登場!TVアニメ「D.Gray-man」新シリーズ放送決定記念スペシャルステージ 2016年3月31日 19:30


3月26日(土)、27日(日)に東京ビッグサイトにて開催の世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2016』。REDステージ、GREENステージ、BLUEステージ、オープンステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中から、3月26日(土)・GREENステージ『TVアニメD.Gray-man新シリーズ放送決定記念スペシャルステージ』の模様をお伝えする。

出演は村瀬歩さん(アレン・ウォーカー役)の他、このステージでキャスト発表となった、佐藤拓也さん(神田ユウ役)と花江夏樹さん(ラビ役)も登壇した。



スペシャルステージの冒頭、本日解禁となった新作PVが会場で上映されると、会場からは自然と拍手が沸き起こった。なお、ここでアニメの正式タイトルが「D.Gray-man HALLOW」であることが発表された。

司会が登場し、まずは村瀬さんを呼び込む。登場する際に流れたアレンの声は、最近再収録されたというエピソードを披露。村瀬さんは先ほど流れたPVの感想を“リナリーが可愛い”と話すと会場では笑いが起こっていた。ちなみに、作画は原作者・星野先生監修とあってとてもクオリティーが高い。



続いて、このステージで初公開となる新キャストが遂に公開!まずは、ラビ役の花江夏樹さんが登場し、学生時代から親しんでいる作品に出演することができて嬉しいと感想を語る。続いて神田ユウ役の佐藤拓也さんが登場すると、村瀬さんに早く呼んでほしかったと冗談交じりに話す。そして、司会者も含めて出演者全員が緊張しているという中、アレン、ラビ、神田の等身大パネルが登場すると、ステージを一層引き締めていた。


花江さんはオーディションの話がきたとき、作品のタイトルを聞きとても緊張したと語る。また、村瀬さんは最初にアレン役を決めるという少し変わったオーディションだったと振り返っていた。その後、ワイズリー役の保志総一朗さんなど、他のキャスティングが発表されると、会場からはどよめきが。また、今回初公開となったタイトルは原作者の星野先生が決めたことなども語られた。


そして、アレン、ラビ、神田、ハワードのキャラクター設定画が公開されると、出演者からはカッコイイ、スタイルが良いなどの感想が述べられた。村瀬さんからはアレンの設定に対して、星野先生のこだわりがあり原作の再現を目指しているという言葉の重みを感じつつ、監督以下一丸となって制作を続けているという話が披露された。



キャラクターと自分が似ている点や共感できる点については、村瀬さんは大食漢な点だとか。また、花江さんはムードメーカーかと思いきや冷静で知的な点がズルいと述べ、自分は人見知りなのでうまく動けないと語る。ちなみに唯一似ていると思う点は、口癖ではないかとのこと。佐藤さんは身体が丈夫な点で、演じるためにさらに身体を鍛えなければいけないかなと決意を語った。


「好きなキャラクターは?」という質問では、佐藤さんはコミック初期に登場したアジア支部のサモ・ハン・ウォンを挙げ、原作のエピソードを引用しつつ熱い想いを語った。花江さんはリナリーが自分をふとももフェチにしたと語り、リナリーが髪を短くした際に中学生だった花江さんは絶望したというエピソードには会場から笑いを誘っていた。村瀬さんは、ルベリエ長官が好きだと語り、原作の巻末でコラージュされているところが特に好きだと話す。

また、書籍情報の他、次回予告として5月7日(土)22時より村瀬さんやシークレットゲスト出演による「黒の教団・ニコ生支部」の放送が発表された。最後に出演キャストより本日のイベントの感想が述べられ、ステージは幕を閉じた。




■TVアニメ「D.Gray-man HALLOW」

2016年7月よりテレビ東京他にて放送開始!

【スタッフ】
原作:星野桂(集英社「ジャンプSQ.CROWN」連載)
監督:芦野芳晴
脚本:横手美智子、樋口達人、山下憲一
キャラクターデザイン・総作画監督:椛島洋介
デザインワークス:森木靖泰
美術設定:藤井一志
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:末永絢子
撮影監督:金光俊
編集:長坂智樹
音響監督:高寺たけし
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:D.Gray-man製作委員会

【キャスト】
アレン・ウォーカー:村瀬歩
神田ユウ:佐藤拓也
ラビ:花江夏樹
リナリー・リー:加隈亜衣
ハワード・リンク:立花慎之介
千年伯爵:青山穣
ティキ・ミック:西田雅一
ロード・キャメロット:近藤唯
ワイズリー:保志総一朗
アルマ=カルマ:浅利遼太


<ストーリー>
時は仮想19世紀末。
悲劇を嘆く弱い心によって呼び出された魂を、魔導式ボディに閉じ込めることで作られるAKUMAは、殺戮を繰り返すだけの殺人兵器となり、さらなる恐怖と悲劇を生み続けることで進化していく。
AKUMAを製造するのは、世界の終焉を目論む千年伯爵率いる「ノアの一族」。
そのAKUMAを破壊できる唯一の存在が「黒の教団」率いるエクソシストたち。
はるか昔から続く両者の戦いは、何者かに筋書きされた「裏」の真実があった…。


©星野桂/集英社・D.Gray-man製作委員会


D.Gray-man 24 (ジャンプコミックス)

4088705394 D.Grayーman 23 (ジャンプコミックス)

4088703928 D.Gray-man 22 (ジャンプコミックス)

4088702409 D.Grayーman 21 (ジャンプコミックス)

408870133X D.Grayーman 20 (ジャンプコミックス)

408874764X

▲ PAGETOP