ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース【AnimeJapan 2016】制作は動画工房&ufotableのWアニメ化決定!刀剣乱舞ステージレポート

【AnimeJapan 2016】制作は動画工房&ufotableのWアニメ化決定!刀剣乱舞ステージレポート 2016年3月27日 10:30

3月26日(土)、27日(日)に東京ビッグサイトにて開催の世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2016』。REDステージ、GREENステージ、BLUEステージ、オープンステージ、各社ブースで多数のイベントが行われた中から、3月26日(土)・REDステージ『「刀剣乱舞-ONLINE-」スペシャルステージ』の模様をお伝えする。

※写真は後日掲載いたします



出演は、鳥海浩輔さん(三日月宗近役)、前野智昭さん(山姥切国広役)、石川界人さん(歌仙兼定役)、興津和幸さん(蜂須賀虎徹役)、濱 健人さん(陸奥守吉行役)、市来光弘さん(大和守安定役)、花澤雄太さん(エグゼクティブプロデューサー)、でじたろうさん(原作プロデューサー)。

壇上にはキャスト6人に加え、サプライズでの増田俊樹さん(加州清光役)の登場で会場が沸く。さらにプロデューサー陣も加わりトークがスタートした。


ステージ前半は演じるキャラクターについての印象がキャストから語られた。「おじいちゃん」の愛称で親しまれる三日月役の鳥海さんは、始まった当初はワード数も少なかったコンテンツがここまで大きくなったこと、そしてファンからの反響の大きさに驚かされたという。また収録時はその三日月のキャラクター性上、力強さを感じさせない戦闘ボイスが難しかったと当時を振り返った。

同じく市来さんも大和守安定の戦闘ボイスでは見た目に反した気性の激しいギャップに驚いたとのこと。今やLINEスタンプにも入っている「首落ちて死ね!」は喜び半面使いどころが分からないと苦笑いを見せた。


続いてはゲームのマスコットキャラクター、こんのすけが壇上に現れ「画面に注目」との看板を合図に、壇上のスクリーンに「Wアニメ化決定」の文字、続いてPVが流された。

「第一幕 刀剣乱舞~花丸~」「第二幕 刀剣乱舞」まさかの2タイトルに、会場からは歓喜と驚きの交じり合った歓声が上がった。

ゲームの爆発的ヒットから、ミュージカル、舞台と続いてきた刀剣乱舞が満を持してのアニメ化となった今回。放送時期はそれぞれ2016年10月、2017年で、制作は第一幕を動画工房、第二幕をufotable、2つのアニメ会社がそれぞれ担当することも発表された。

さらに気になる詳細だが、PVでは、第一幕に大和守安定と加州清光、第二幕は三日月宗近が姿を見せたのみ、それ以上のことはまだ臥せられており、一体どんな内容になるのか、待ち遠しさが一気に高まる。

キャスト陣もはたして自分たちの出演はあるのかと心配する様子に、でじたろうさんからは「初期刀はやっぱりないとね」という重要な発言も飛び出し、期待がますます煽られる形に。しかし今回の情報はここまで。ステージは最後に出演者からの挨拶、応援してくれるファンへの感謝の言葉で締めくくられた。



■TVアニメ「刀剣乱舞-花丸-」

2016年10月より放送開始!

【スタッフ】
原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
監督:直谷たかし
キャラクターデザイン:谷口淳一郎
シリーズ構成・脚本:ピエール杉浦
アニメーション制作:動画工房

【キャスト】
大和守安定:市来光弘
加州清光:増田俊樹


<説明>
時は西暦2205年。歴史改変を目論む“歴史改変主義者”による、過去への攻撃がはじまった時代。
歴史を守る使命を与えられた“審神者”によって“本丸”に集められた、最強の付喪神“刀剣男士”。本作はそんな彼らが、とある本丸を舞台に、時に笑い、時に迷い、ひたむきに生きる姿を描く“花丸”な物語です。


©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
©2015 DMMゲームズ/Nitroplus (©ufotable


刀剣乱舞絢爛図録(特典なし)

B00YWKHZB6

▲ PAGETOP