ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース内田雄馬、鈴木みのりらが出演!『「マクロスΔ」放送直前ルンピカ上映会〜1&2話ゴリゴリ見せちゃるかんね〜』

内田雄馬、鈴木みのりらが出演!『「マクロスΔ」放送直前ルンピカ上映会〜1&2話ゴリゴリ見せちゃるかんね〜』 2016年3月24日 13:00


2016年4月よりTOKYO MX、BS11他にて放送がスタートするTVアニメ「マクロスΔ」。本作の上映会イベント『「マクロスΔ」放送直前ルンピカ上映会〜1&2話ゴリゴリ見せちゃるかんね〜』が、3月21日(月・祝)にTOHOシネマズ新宿で開催された。

出演は、内田雄馬さん(ハヤテ・インメルマン役)、鈴木みのりさん(フレイア・ヴィオン役)、瀬戸麻沙美さん(ミラージュ・ファリーナ・ジーナス役)、小清水亜美さん(美雲・ギンヌメール 声担当)、河森正治さん(総監督)、安田賢司さん(監督)。またサプライズゲストとしてJUNNAさん(美雲・ギンヌメール歌唱担当アーティスト)が出演した。



第1話、第2話の上映の後は出演者一同が登場。鈴木さん以外のキャスト陣は今回初めて公の場に姿を現すということで、会場は盛大な拍手に包まれつつトークパートがスタートした。

河森総監督は今回のマクロスでは、ワルキューレの歌、今までのTVシリーズではなかった敵も味方も共に人類であることなど、とにかく色々な要素が絡み合い、内容がてんこ盛りになっていると説明してくれた。

出演が決まった時の心境について、内田さんは過去のマクロス作品を見ていたこともあり、この作品に出演出来るとは思っておらず、演じられることが純粋に楽しみだったそうだ。ハヤテと似ている部分について「やりたいこと以外やらない」のが似ているけれど、内田さんは例えやりたくなくても思わずやってしまうと語る。また、収録を始めてからハヤテに対して新たな発見があったとも話し、キャラクターになりきって「お前達が俺の風だ。一緒に飛んでくれ!」とセリフを披露してくれた。

瀬戸さんは合格から結果が出るまで時間がかかったこともあり受かった時はより嬉しかったそうだ。ミラージュについて軍人ということで固い雰囲気があり、融通が利かない部分が自分に似ていると話す。瀬戸さんは「そこの民間人!」と作中の雰囲気が端的に伝わるセリフを披露し、「客席みんなそうですね(笑)」と突っ込まれ笑いを誘っていた。

小清水さんは子供の頃に見ていたのがマクロス7だったため、男性ボーカルの印象が強かったと振り返る。瀬戸さんから同じタイミングでオーディションを受けていたため、同じ役だったらどうしようかと困った話も明かされた。キャラクターと似ている部分の話では、小清水さんは美雲の、時に厳しく時に優しくというメリハリが魅力的だけれど自分には出来ないとコメント。

鈴木さんは出演が決まった時はまさに「デカルチャー」だったと明かす。また、フレイアを演じられることになって幸せだと話し、置かれている環境だけでなく、様々なものが自身と似ていると語る。そして、「みんな、私、むっちゃ頑張るからゴリゴリマクロスΔよろしくね!」とキャラクターになりきって奇麗にトークをまとめてくれた。


続いてアフレコ現場の話題ではストーリーの先を出演者同士で予想し合っていることや、現場では30人くらいの役者がいること、マイクの立っている距離が離れているため移動する時に急がないといけないことなどのエピソードが明かされた。

鈴木さんは台本の持ち方、マイクの持ち方も分からなかったけれどアフレコ現場で小清水さんを始め、ワルキューレのメンバーにはよく助けてもらっていることを語った。

河森総監督は自分たちの思っている以上の演技が出るまでテイクを重ねてしまうと明かす。安田監督はアフレコを通してキャラクターのイメージがどんどん広がっていくと話すと、瀬戸さんはひとつのセリフにより良いものを求めるスタイルが役者としてやり甲斐を感じられると同意した。

河森総監督は新人である鈴木さんに方言や長セリフなど高いハードルしてしまったものの、それを乗り越えてくれることに嬉しさを感じると笑顔で語った。


次は鈴木さんによるミニライブへ。本作のEDテーマ『ルンがピカッと光ったら』を可愛らしいダンスとともに歌い上げる。そして、本日のサプライズゲストとして、美雲・ギンヌメール歌唱担当アーティストのJUNNAさんが登場し、『いけないボーダーライン』を熱唱した。

そして、本作に登場するユニット・ワルキューレが歌うOP&EDテーマ「一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら」の両A面シングルが5月11日(水)に発売となることなどインフォメーションが伝えられた。

最後は出演者ひとりひとりから意気込みが語られ、鈴木さんがマクロスの新しい歴史に恥じないよう一生懸命歌って歌姫になっていきたいと話し、内田さんはこの作品のひとつの歯車となり皆に届けられるよう精一杯頑張りたいと語りイベントは終了となった。




■TVアニメ「マクロスΔ(デルタ)」

【放送情報】
TOKYO MX:4月3日より毎週日曜22:30〜
毎日放送:4月5日より毎週火曜27:00〜
テレビ愛知:4月6日より毎週水曜26:05〜(第1話は26:25〜)
テレビ北海道:4月6日より毎週水曜26:05〜(第1話は26:25〜)
TVQ九州放送:4月4日より毎週月曜26:30〜
BS11:4月5日より毎週火曜24:00〜
dアニメストア:4月6日より毎週水曜12:00〜更新

【スタッフ】
原作:河森正治、スタジオぬえ
総監督:河森正治
監督:安田賢司
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:実田千聖[CAPCOM]
キャラクターデザイン:まじろ、進藤優
世界観デザイン:ロマン・トマ
美術設定:ニエム・ヴィンセント
デザインワークス:大橋幸子
色彩せっっ系:林可奈子
美術監督:池田繁美[アトリエ・ムサ]、丸山由紀子[アトリエ・ムサ]
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト

【キャスト】
ハヤテ・インメルマン:内田雄馬
フレイア・ヴィオン:鈴木みのり
ミラージュ・ファリーナ・ジーナス:瀬戸麻沙美
美雲・ギンヌメール:小清水亜美
カナメ・バッカニア:安野希世乃
レイナ・プラウラー:東山奈央
マキナ・中島:西田望見
アラド・メルダース:森川智之
メッサー・イーレフェルト:内山昂輝
チャック・マスタング:川田紳司
アーネスト・ジョンソン:石塚運昇
ロイド・ブレーム:石川界人
キース・エアロ・ウィンダミア:木村良平
ボーグ・コンファールト:KENN
ヘルマン・クロース:遠藤大智
カシム・エーベルハルト:拝真之介
テオ・ユッシラ/ザオ・ユッシラ:峰岸佳
グラミア6世:てらそままさき
ハインツ2世:寺崎裕香


©2016 BIG WEST Inc. All rights reserved.


一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら

B01D4JVVD8 いけないボーダーライン

B0196PSK1K いけないボーダーライン

B0196PSKME

▲ PAGETOP