ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース山下誠一郎、古川慎、山谷祥生、八代拓、檜山修之、小西克幸登壇!「ようこそ声優寮へ!」イベントレポ

山下誠一郎、古川慎、山谷祥生、八代拓、檜山修之、小西克幸登壇!「ようこそ声優寮へ!」イベントレポ 2016年2月29日 20:29


エイベックス・ピクチャーズから好評発売中のドラマCD「ようこそ声優寮へ!」。本作の全巻購入イベントが2月28日(日)に開催された。今回、このイベントの速報レポートが到着したので紹介する。



■ドラマCD「ようこそ声優寮へ!」全巻購入イベント速報レポート

当日は鳴海颯太役の山下誠一郎さん、橘 陽向役の古川慎さん、柊慎之介役の山谷祥生さん、春咲波弥都役の八代拓さん、水野大河役の檜山修之さん、管理人のチヒロ役の小西克幸さんが出演しトークコーナーやゲームコーナーを繰り広げた。

MCの大橋隆昌さんの出演者紹介からイベントが始まり、それぞれ挨拶から始まった。今回の出演者は、先輩と後輩で年齢の差がとても大きいと盛り上がりを見せる中、トークテーマが決められたコーナーが始まった。

まず初めのトークテーマは「アフレコ時の思い出深いエピソード」。それぞれ当時のアフレコ時の思い出を語り合い、八代さんが「二度風呂」というテーマを掲げると“302号室~歌って踊れる声優~”の収録時、夏目航史郎役の森久保祥太郎さんとふたりでお風呂を入るシーンがあったが、森久保さんがそのシーンを録り直しするなどをして拘って収録したことを話した。

そして、山谷さんの「勘違い」というテーマが掲げられると、当日は先輩声優である辻虎太郎役の代永翼さんと一緒に収録すると思っていたが、スケジュールの関係で一緒に収録出来ないことを当日知り、寂しかったというエピソードを話した。

そして、次のトークテーマ「もし引っ越しできるならどの部屋に引っ越したい?」というテーマには、山下さんが「ミニマミスト部屋」と答え、マイクしかない部屋で演技がしてみたいと語った。そしてちょっと変わった趣向の答えを山谷さんが。テーマに「新築」と答え、今の住んでいるところから引っ越したいと話した。

さらに同じような答えを檜山さんが。「日当たりのいい角部屋」と答え、その後やはり今回の声優寮として考えると、「一人部屋」でプライベートを守れる空間がいい!と笑いを取っていた。


そして次のテーマ、「リアル寮生ノート!お悩み相談」のコーナーでは後輩声優たちから真面目なお悩み相談コーナーが繰り広げられた。山下さんの「どんな時に、演技がひらめきますか?」との相談に、檜山さんと小西さんが「無駄なことはなにもなく、人間観察でも経験でもなんでもすべて吸収して演技を磨いていこう!」としっかりとしたアドバイスを応え、後輩声優陣はみんなまじめに聞いていた。

さらに古川さんの「檜山さん、小西さんの叫ぶ演技が好きで、どうしたらかっこよく叫べますか?」という質問に、小西さんから「今、叫んでみて」という無茶ブリが。それに古川さんが答え、叫ぶと会場からは笑いが起きた。そのあとに、「自分がかっこいいと思って、自分に酔いながらやってみよう」と、しっかりとしたアドバイスを先輩声優たちはしていた。

次いで、「ようこそ声優寮へ!」初の「朗読コーナー」が始まり、『声優寮でお花見をしよう!』の巻が始まった。6人で花見をし、次のオーディションに向け頑張ろう!と気合いを入れたストーリー。それぞれが楽しく掛け合いをし、ストーリーは進んでいった。最後、朗読の感想を聞かれると、一緒に演じたことのなかったキャスト演じることができて楽しかった!もっと長くやりたかった!と口を揃えていた。

さらに「プレゼントコーナー」ではキャストの寄せ書きサイン色紙が3枚当たる抽選会を実施した。俺がやりたい!と後輩の4人がわちゃわちゃと盛り上がっていると、小西さんがじゃあ3枚あるから、3人で引きなよ。と大人な対応。八代さんがプレゼントBOXを持ち、それぞれ後輩声優たちがくじを引いていった。最後、古川さんが手を入れると“BL声優”をもじり、このBOXが受け?とみんなで茶化しながら盛り上げを見せた。

最後にキャスト陣より、一言ずつファンへの感謝の想いが述べられ、本作初のイベントは大盛況のうちに終了した。

「ようこそ声優寮へ!」は、声優寮に住む、先輩・後輩声優が日々奮闘する青春ストーリー。現在全6巻が発売中となっている。


©avex pictures


「ようこそ声優寮へ!101号室~レギュラー主役声優~」瀬戸楓・相模葵(山下大輝&木村良平)

B016K2VVVS

▲ PAGETOP