ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース石川綾子にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」12月10日放送

石川綾子にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」12月10日放送 2016年1月27日 13:00


May'nさんと鷲崎健さんがMCを務め、“アニメ”や“ゲーム”の電波(最新情報)を秘密裏にキャッチしていくニコニコ生放送の諜報系番組「電波諜報局」(隔週木曜日20時より放送)。2015年12月10日(木)の放送を終えた石川綾子さんのインタビューをお届けする。

番組レポートはこちら
篠田みなみさん、高田憂希さん、高井舞香さんのインタビューはこちら



■石川綾子さんインタビュー

――電波諜報局の感想をお願いします。

石川:電波諜報局はMay’nさんがMCということで…。今回のメジャーデビューアルバム「ANIME CLASSIC」では、May’nさんが歌われている『ライオン』を演奏させていただいているので、すごく嬉しいなと思いました。ご本人にお会いできることを楽しみに、今日は出演させていただきました。


――デビューアルバム「ANIME CLASSIC」について教えてください。

石川:今回はアニメの楽曲を「クラシックヴァイオリン」で、「ロックのアレンジで弾く」というアルバムになりました。様々なジャンルの壁を無くしたような作品になっていますので、そういうところを楽しんでいただけたらと思っています。「クラシックヴァイオリンでもこんなにロックな演奏ができる!」というところを是非お楽しみいただけたら嬉しいです。


――制作秘話をお聞かせください。

石川:今回の楽曲はポップス・ロック寄りのアレンジにさせていただきました。クラシックヴァイオリンを使っているので、選曲からアレンジから、すべてクラシックヴァイオリンの音色の魅力を如何にして表現できるか、というところにこだわって制作しました。
今回のアルバムでは、原曲をできるだけ尊重するという点にこだわって作りました。楽器で歌の曲をカバーするとなると、移調をして楽器の特性に合わせたキーで演奏することが一般的なのですが、今回はあえてそれはせずに、原曲キーのままで挑戦させていただきました。なので、シャープが7個あったり、フラットが7個あったりと、ヴァイオリンではちょっと弾きにくい調でも、そのままの調を大切に演奏させていただきました。
また、楽器で歌を弾くとなると歌詞がない分、奏者としてはアレンジメントを加えたくなってしまうのですが、そこもあえて世界観が変わることはせず、歌詞が想像できるくらいに原曲に忠実にヴァイオリンで表現したいなと思い、演奏させていただきました。


――「ANIME CLASSIC」収録曲はどのように選ばれたのでしょうか。

石川:膨大な数のアニメソングをすべてヴァイオリンで弾いて試しました。その中で一番クラシックヴァイオリンの音色に合ったものを厳選に厳選を重ねて絞っていきました。それが今回収録されている12曲です。


――ライブへ向けての意気込みをお聴かせください。

石川:私はコンサートに対して「眠くならないヴァイオリンコンサート」というのをずっと目標にしてきています。今回の12月27日に行われるコンサートも本当にありがたいことにソールド・アウトをいただきまして…。
ヴァイオリンコンサートだけれども、お客様にサイリウムを振っていただき、スタンディングで楽しんでいただけるような、そんな盛り上がるコンサートにしたいと思っております。お客様参加型の楽しいコンサートになるよう頑張りたいと思います。


――最後にメッセージをお願いします。

石川:今日は呼んでいただきありがとうございました。またいつか皆さまに直接会える日を楽しみにしております。これからもよろしくお願い致します!




■電波諜報局 放送情報

【放送日時】2016年2月4日(木)開場19:50/開演20:00
【URL】http://live.nicovideo.jp/watch/lv249055546
【MC】鷲崎健、May'n、Machico(DNNキャスター)
【ゲスト】every♥ing!(木戸衣吹&山崎エリイ)、まじかる☆あ~る(巴奎依、山崎エリイ、小市眞琴)


ANIME CLASSIC(CD+DVD)

B015R4S73U

▲ PAGETOP