ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース細谷佳正、吉野裕行、島﨑信長、落合福嗣、小松未可子、照井春佳よりコメント!「灰と幻想のグリムガル」

細谷佳正、吉野裕行、島﨑信長、落合福嗣、小松未可子、照井春佳よりコメント!「灰と幻想のグリムガル」 2016年1月12日 18:30


TOKYO MX、ABC朝日放送、BS11、AT-Xにて好評放送中のTVアニメ「灰と幻想のグリムガル」。本作のメインキャストの細谷佳正さん(ハルヒロ役)、吉野裕行さん(ランタ役)、島﨑信長さん(マナト役)、落合福嗣さん(モグゾー役)、小松未可子さん(ユメ役)、照井春佳さん(シホル役)よりコメントが到着したので紹介する。

また、毎回放送終了後より本作のキーとなるモンスター「ゴブリン」に視点を置いたスピンオフ4コマ漫画「旅ゴブ~灰と幻想のグリムガル異聞~」がアニメ公式サイトにて連載開始中だ。

さらに、TOHO animation RECORDSの新プロジェクト「(K)NoW_NAME」が手掛ける、オープニングテーマシングル「Knew day」とエンディングテーマシングル「Harvest」に挿入歌が収録される他、小松さん演じるユメと、照井さん演じるシホルのキャラクターソングCDも発売となるので合わせてチェックしよう!


<質問>
Q1:キャラクターを演じられての感想、作品の見どころをお聞かせください。
Q2:これからご覧になる方へメッセージ


●細谷佳正さん(ハルヒロ役)

A1:(コメント時点ではまだ第一話のみしか収録していないので、)沢山の言葉が浮かんで来る訳ではないのですが、王道的なファンタジーではなく、ある日突然、グリムガルという世界に放り込まれた普通の人間が、設定のないサバイバル生活をしていくのが、とても面白いなと思いました。
攻撃をすれば相手は傷つき、空腹が過ぎれば飢え死に、闘いに負ければ報酬はなく、命のやり取りに負ければ未来はない。生きる為に必死にならざるを得ないグリムガルの世界で、何とか生きていこうとする「現代の」若者達のお話です。
日常で、自分の意思で動いていたつもりがいつの間にか受け身になり、周りの物事に追われ始め、流れに身を任せながら「何となく」生きてしまう瞬間が、おそらく誰にでもあると思います。 この作品は、普通の現代の若者達を普通ではない世界に置く事で、生きるとはどういう事かを問いかけていくような作品だと思いました。

A2:「このグリムガルの世界に呼びこまれたのがもしも自分だったら、どうなるのだろう?」そんな事をぼんやりと想像ながらご覧頂いけたら、より楽しめるのかもしれないなと、一話のアフレコを終えて思いました。
これから話数が進むにつれて様々な展開が起こりますので、ご期待のほどよろしくお願い致します!僕も物語の中で、ハルヒロとして一生懸命生きて行こうと思います。



●吉野裕行さん(ランタ役)

A1:ランタはトラブルメーカーな予感もしますが・・・物語のいいスパイスになるといいなぁと思います。

A2:作品の持つ温もりと、その世界の現実のシビアな部分、全部ひっくるめて楽しんでいただけたら嬉しいです。



●島﨑信長さん(マナト役)

A1:原作小説とアニメの両方に言えることなのですが、“グリムガル”の世界観と言いますか、空気感・雰囲気がとっても素敵で、すぐに作品の世界に引き込まれてしまいました。
キャラクターたちは”グリムガル”の世界で、生き抜くために必死に足掻いていきます。決して英雄譚ではない、その世界で懸命に生きようとする等身大の姿がこの作品の見どころだと思います。
収録でも、キャラクターたちがその世界に生きているんだということが感じられて、とっても心が踊りました。僕が演じるマナトはみんなのリーダーであり、まとめ役で、気遣いができて行動力もある、とっても頼りになる男です。そんな一見完璧に見える彼が、迷って悩んで、考えて感じて、生き抜こうと足掻いていく姿を、全力で演じきりたいと思いました。

A2:原作ファンの皆様にも、アニメから見始める皆様にも、“グリムガル”の世界を、キャラクターたちを大好きになってもらえるような作品にするために、全力を尽くします。 彼らの生き様を、どうか最後まで見守ってあげてください。



●落合福嗣さん(モグゾー役)

A1:モグゾーを演じてまず思ったのは彼の大きさです。モグゾーは体が大きくて力持ち。おっとりしていて口数もあまり多くはないですがパーティのメンバーを大きな壁となって守る大切なキャラクターだと思います。
また料理が上手なので、作るのも食べるのも大好きな僕にとってすごく親近感のわくキャラクターです。グリムガルという地に降り立ち、これからどんな試練や冒険が待っているのかと今からとてもわくわくしています。

A2:この作品は舞台がファンタジーな世界でありながらすごく現実的な所がいくつもある作品だと思います。なのでこの作品を通して「あーこれ分かる!」と共感できる部分を探してみるとより一層楽しめると思います。
また、モグゾーはこのグリムガルという世界に来たばかりでレベルでいう「1」の段階です。そうしたところは僕とすごく重なる所があってモグゾーと一緒にこれから成長していけたらいいなと思っているので、皆様よろしくおねがいします。



●小松未可子さん(ユメ役)

A1:ユメちゃんは、ほんわか天然気味で関西弁風な言葉遣いをする女の子なので、あくまで関西弁ではないところを初回のアフレコでは気をつけました。
ファンタジーの中に存在するリアル、というところがこの作品のテーマのひとつですが、今までに無かった視点からの考察に驚きが多く、とても惹き付けられました。

A2:当たり前のように遊んでいたゲームの中の世界がこんなにシビアだったとは…!そんなファンタジーの世界へようこそ。どんな幻想の物語が繰り広げられるのか、楽しみにしていてください。



●照井春佳さん(シホル役)

A1:美しい映像と音楽の中で描かれるハルヒロたちの生々しい生き様…第一話のアフレコで、気付いたらこの世界の中に入り込んでしまっていたような感覚になりました。
繊細に紡がれる世界観の中で、シホルはとても繊細な感情を抱えています。動作や表情のひとつひとつから彼女なりの意思が伝わってくるので、私は等身大のシホルの声を届けられるよう想いを込めました。

A2:見てくださった方の心の中にするっと入り込むような作品です。美しくて、笑えるところもあって、でもそれだけじゃない。簡単なはずのことが簡単じゃない。「生きる」ということを改めて考えさせられました。
キャラクターひとりひとりの呼吸を傍で感じていただけると思います。原作ファンの方も、アニメではじめて見てくださる方も、グリムガルでしか味わえない独特の感覚をこれから一緒に感じていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。



■TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」

【放送情報】
TOKYO MX:毎週日曜24:30〜
ABC朝日放送:1月13日より毎週水曜26:44〜
BS11:1月15日より毎週金曜23:30〜
AT-X:毎週日曜24:30〜
  (リピート放送:毎週月曜23:30〜/毎週水曜15:30〜/毎週土曜7:30〜)

【スタッフ】
原作:十文字青(オーバーラップ文庫刊)
原作イラスト:白井鋭利
監督・脚本:中村亮介
キャラクターデザイン:細居美恵子
助監督:柴山智隆
キーアニメーター:浅賀和行、馬場健
美術監督:金子英俊
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:五十嵐慎一
編集:肥田文
音楽制作:東宝
制作:A-1 Pictures

【キャスト】
ハルヒロ:細谷佳正
ランタ:吉野裕行
マナト:島﨑信長
モグゾー:落合福嗣
ユメ:小松未可子
シホル:照井春佳
レンジ:関智一
キッカワ:浪川大輔
ブリトニー:安元洋貴
バルバラ:能登麻美子


【主題歌】
オープニングテーマ:『Knew day』(K)NoW_NAME
エンディングテーマ:『Harvest』(K)NoW_NAME


<Introduction>
生きるって、簡単じゃない。
目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。
ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。
周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。
彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、
「グリムガル」が広がっていた……。
記憶も、お金も、特別な力も――、
何もない僕たちが手に入れた現実。


©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会


TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』オープニング・テーマ 「Knew day」

B018R135MI TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』エンディング・テーマ 「Harvest」

B018R136I6 灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

4906866220 灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫) [Kindle版]

B016ZF9A0E 灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫)

4865540725

▲ PAGETOP