ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![水橋かおり編]

恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![水橋かおり編] 2015年12月19日 12:00


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。本シリーズではファンタジー、和風、学園ものとさまざまなタイプの作品が制作されているが、現代を舞台に、“ヴァイオリンロマンス”をキーワードとして、音楽家を目指す高校生たちの熱く、心ときめく恋愛模様を描いた「金色のコルダ」シリーズの最新作「金色のコルダ4」が2016年2月25日に発売予定だ。

とある出来事からバイオリンを弾くことをためらうようになった主人公が、横浜にある星奏学院 音楽科へ転校。そこで幼なじみたちと8月に行われる「全国学生音楽コンクール」への出場・優勝を目指しながら、同じ目標を持つ他校の魅力的な男の子たちと切磋琢磨し、恋を実らせていくというのが前作の「金色のコルダ3」。

そこから季節は秋冬へと移り変わり、かつてはライバルだった他校の生徒たちとアンサンブルを組み、次なる高みを目指していくというのが本作だ。

発売までの間、当サイトでは豪華キャスト陣のインタビューを連続掲載していく。今回は星奏学院高校オーケストラ部・チェロ担当 水嶋悠人役の水橋かおりさんのインタビューをお届けする。

宮野真守さんのインタビューはこちら
増田ゆきさんのインタビューはこちら
森田成一さんのインタビューはこちら



●水嶋悠人役・水橋かおりさん収録後インタビュー

――まずは収録を終えてのご感想をお願いします。

水橋:久しぶりにいっぱいしゃべりました。やっぱりいいですね~「金色のコルダ」は。冬のお話はずっとやりたいとしつこく言っていたので、念願叶ったなぁと思います。収録自体は順調に、スムーズに進みました。


――季節の変化に加え、「彼からの片想い」「主人公からの片想い」という新要素が加わりましたが、そのおかげでキャラクターの新たな一面が発見できた、こんな一面に驚いたということはありましたか?

水橋:新たな一面の発見だらけです。まずは冬服のビジュアルを見て、星奏学院の人たちは冬服が似合わないなと(苦笑)。きっと夏のイメージがあるからだと思うんですよね。半袖の人たち、Tシャツの人たち、みたいな印象が相当長い間あったので(笑)。
もちろん、星奏だけが冬服になったわけではなく、他の学校の人たちも冬服になっています。他のキャラクターを見ると、意外と似あっているんですよね~特に笹かま先輩(至誠館高校・狩野航)のファッショニスタぶりには驚きました。彼は学校を卒業したら意外ともてるんじゃ……?っていうくらいおしゃれさんでした!あのパーカーの着こなしっぷりを(如月)響也に伝授してほしいくらいですもん。ということで、ファションにすごい新鮮な驚きがありました。
また、片想い要素が追加されたことについて、誰もが一度は考えることでしょうけど、それを実行に移したことに驚きました。だって、片想いって叶うとは限らないじゃないですか?だからどうなるんだろうなぁと。「片想い要素を入れたい!」みたいに、思っていることを行動に移すのは意外と難しいことを私は知っているので、制作陣の勇気に感銘を受けました。


――悠人の内面的な部分に変化はありましたか?

水橋:夏は暑苦しかったように感じたので、それが減ったように思います(笑)。少し大人になったかなという気はしましたね。落ち着いたと言いますか、そんな気が少ししました。


――本作から新キャラクターとして先生たちが増えましたが、第一印象はいかがでしたか?また、もし実際に現れたら、仲良くなれそうですか?

水橋:見た目が全然先生じゃないですよね(笑)。でも、人は見た目じゃないと思いたいです。とはいえ、外見の印象だと仲よくはなれないです。悠人だったら「この髪の毛、切ってやりたい!」って思うでしょうしね。


――新要素が追加されたことによって、キャラクターを演じるうえで変化したこと、心がけたことはありますか?

水橋:先ほども言いましたけど、片想いってかなうとは限らないじゃないですか。私、ユーザーさん的には同性なので、自分だったら想いを寄せた相手に冷たくされたくないですし(笑)。
でも、相手からの、自分からの片想いがある以上はすべてにおいて中途半端な感じにしたくなかったので、心苦しくてもしっかりと演じきるように心掛けました。自分が片想い状態で相手にわかってもらえないというのは平気なんですけどね……。



――それでは、ご自身の片想いについてのエピソードをお聞かせください。

水橋:とある戦国武将がめちゃくちゃ好きなんですが、でも、どう考えても片想いなんですけど、叶わないのが前提というのもありだなと思いました。付きあうばかりが幸せじゃないというか。そもそも戦国武将と付きあうって戦でもするの?って(笑)。あ!どの戦国武将かは秘密です。


――武将にかかわりのある場所……聖地めぐりのようなことはされましたか?

水橋:聖地めぐりのようなことをしはじめたのって最近なんですよ。実際にいろいろ行ってみたら、聖地めぐりをなめていたなと。海外からもいっぱい人が来ていたんですよ。だから、自分の行動力のなさを実感させられましたね。それでもめぐるのは楽しかったので、かなわない前提でも、こういう楽しみ方があるんだなと思いました。


――「コルダ4」では、星奏、至誠館、神南、天音の演奏者を組みあわせてアンサンブルメンバーを作れるということが大きな魅力のひとつですが、ご自身ならどのキャラクターを組みあわせてアンサンブルメンバーを作りますか?

水橋:まず「○○的な人たち」というカテゴリーを作って、そこにはめこんでアンサンブルメンバーを作ったらおもしろいかなと思います。「この組みあわせだったら、練習のときに口をきかなさそうな人たち」とか、そこにわざと会話をするためにがんばりそうな人を放り込んで、胃が痛くなるチームとか(笑)。そうなると、(七海)宗介が犠牲になりそうですけどね。あと、「この人たち出る作品を間違えてますチーム」も作りたいです。


――おもしろそうなアンサンブルができそうですが、水橋さん的ベストメンバーは誰ですか?

水橋:ベストメンバーは今いる学校(星奏学院)以外、考えられないですね。


――本作の主人公は、常に新しい出来事にみずから進んで挑戦していくタイプですが、ご自身は最近、何か新しいことに挑戦したということはありますか?

水橋:挑戦していますが言えません。私も新しいもの好きというか、常にチャレンジャーでいたくて。いつも同じことをしていると飽きてしまうタイプなので、周期的に全然違うことを突然してみたくなることがあります。でも、おもしろいですね。
自分があまり得意じゃないと思っていたこと、そんなにできるわけないと思っていたことをやってみると、いかに自分が全然ダメかというのがわかりますし。これまで、できることばかりやっていたので、「できないな……」と思っていたことをやってみるのはおもしろいなと思いました。


――ありがとうございました。では最後にファンの方へメッセージをお願いします。

水橋:冬ですね~「やりたい、やりたい」と、ずっと言っていた甲斐がありました。同じように思っていた人、意外と多かったんじゃないかなと思います。でも、私は欲張りなので、冬が来たら、次は春、かな……2年生になりたいなと思いました。だって、みんな、星奏学院の大学に行けばいいじゃない!大学は敷地内にありますから、すぐに会えますし。私、みんなと離れたくないんだなぁ。
それにしても、言い続けて、まさか叶うとは思いませんでした。それがかなったのはみなさんのおかげです。そういえば、「金色のコルダ3」が決まったときのことを思い出します。事務所から「大事な話があります」と言われて、「私、クビになるのかな……」と思ったら、「金色のコルダ3」の話で。あれから随分経ちました。キャラクターを一新してやります、という話をうかがってからいろいろありましたが、ここまで来ることができたのは、みなさんが諦めないでついてきてくれたからこそだと思います。
みなさんの支えがあってです。それはとても難しいことだと思いますが、私もみなさんのように誰かを支えられる人になりたいなと思います。本当にありがとうございました。そんな気持ちが作品に出ているといいな……。すごくがんばったので、買ってください!それが春につながっていくと思いますので!




■「金色のコルダ4」

【発売日】2016年2月25日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PS Vita TV
【価格】
通常版:6,800円(税抜)
ダウンロード版:6,000円(税抜)
トレジャーBOX:12,800円(税抜)
プラチナBOX:30,000円(税抜)
【CERO】審査予定


金色のコルダ4

B016UQJCSS 金色のコルダ4 トレジャーBOX

B016UQC1G8 金色のコルダ4 プラチナBOX

B016UQ7PA0

▲ PAGETOP