ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![増田ゆき編]

恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![増田ゆき編] 2015年12月19日 12:00


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。本シリーズではファンタジー、和風、学園ものとさまざまなタイプの作品が制作されているが、現代を舞台に、“ヴァイオリンロマンス”をキーワードとして、音楽家を目指す高校生たちの熱く、心ときめく恋愛模様を描いた「金色のコルダ」シリーズの最新作「金色のコルダ4」が2016年2月25日に発売予定だ。

とある出来事からバイオリンを弾くことをためらうようになった主人公が、横浜にある星奏学院 音楽科へ転校。そこで幼なじみたちと8月に行われる「全国学生音楽コンクール」への出場・優勝を目指しながら、同じ目標を持つ他校の魅力的な男の子たちと切磋琢磨し、恋を実らせていくというのが前作の「金色のコルダ3」。

そこから季節は秋冬へと移り変わり、かつてはライバルだった他校の生徒たちとアンサンブルを組み、次なる高みを目指していくというのが本作だ。

新システムに加えて、新キャラクターの登場、キャラクターの新規衣装……と期待が高まるなか、実は一部キャラクターのボイス収録はすでに終了している。そこで発売までの間、当サイトでは豪華キャスト陣のインタビューを連続掲載していく。今回は横浜天音学園 室内楽部 チェロ担当・七海宗介役の増田ゆきさんのインタビューをお届けする。

宮野真守さんのインタビューはこちら
森田成一さんのインタビューはこちら
水橋かおりさんのインタビューはこちら



●七海宗介役・増田ゆきさん収録後インタビュー

――まずは収録を終えてのご感想をお願いします。

増田:疲れました(苦笑)。ゲームの収録は毎回、セリフの分量が多くて、しかも作品的に恋愛のストーリーがとても濃いので、「コルダ2」までの天羽菜美ちゃんを演じていたときには感じなかった疲れをいつも感じています。まぁキャラクターが男の子ですからね。普通に恋愛していても神経をすりへらしますが、自分が男子として女の子を口説かなくてはいけないので、その重圧たるや(笑)。宗介のボイスを収録したあとは、尋常じゃないくらい、肩が凝りますね。


――では、収録が終わってようやく肩の荷が下りましたか?

増田:いやいや!ゲームができあがって、みなさんのお手元に届いて、感想をいただいたときにホッとすると思います。だって、これから編集されて作品が完成するわけですし、そこからお店に並んでみなさんのお手元に届くわけですから、本当にはじまったばかりという状態ですよ。発売日までコルダ熱が冷めずに続く気がしますね~。私、「金色のコルダ」が大好きなので。


――季節の変化に加え、「彼からの片想い」「主人公からの片想い」という新要素が加わりましたが、そのおかげでキャラクターの新たな一面が発見できた、こんな一面に驚いたということはありましたか?

増田:前作では、(小日向)かなでちゃんにはじめてあったときから犬みたいに「大好き!」とついていくイメージがあったんですけど、かなでちゃんから片想いされている時なんかは結構、男っぽく落ち着いた感じでカッコイイ七海でした。七海から片想いされている時は、「大好き!」って感じがあるので、ギャップ萌を楽しんでいただけるんじゃないかと思います。


――新要素が追加されたことによって、キャラクターを演じるうえで変化したこと、心がけたことはありますか?

増田:これといって特にないです。変わらずですね。でも前作では好き好きオーラが出まくっていたのですが、主人公から片想いされている時は少し控えめになったかなと思います。 宗介からの片想いのときはこれまでと変わらずで、頭の方からハートマークがいっぱい飛んでいる感じです(笑)。


――それでは、ご自身の片想いについてのエピソードをお聞かせください。

増田:私は学生のときからずっと俳優の渡瀬恒彦さんに片想いをし続けているんですけど、あまりにも手の届かない存在すぎて、画面の向こうでがんばっていらっしゃるのを応援しています。ですので、甘酸っぱい現実の片想いエピソードは何もないです(苦笑)。だって、中学生の頃から好きだったんですもん。
あ!個人的なことですけど、友達同士でバーベキューに行く話があったときに、私は用事があって参加できなかったんです。でも、そんなときに限って、バーベキューをしていた河原をたまたま渡瀬さんが散歩されていたみたいで!私は落胆しまして、「なぜあのバーベキューに行かなかったのか!」と今でもがっかりしています。


――「コルダ4」では、星奏、至誠館、神南、天音の演奏者を組みあわせてアンサンブルメンバーを作れるということが大きな魅力のひとつですが、ご自身ならどのキャラクターを組みあわせてアンサンブルメンバーを作りますか?

増田:冥加(玲司)部長と火積司郎です。だって、何か起こりそうじゃないですか?(笑)個人的に好きなキャラクターなので組みあわせたいです。まったく会話がないまま練習が進みそうですけど、そこが気になりますし、興味があります。


――本作の主人公は、常に新しい出来事にみずから進んで挑戦していくタイプですが、ご自身は最近、何か新しいことに挑戦したということはありますか?

増田:ヨーグルトのビオをはじめました(笑)。ヨーグルトって、入っている菌によってその人にあう・あわないがあるらしいんですよ。だから、普通にヨーグルトを食べて変化が感じられなければ、違う種類の菌が入っているヨーグルトを食べてみるといいと思います。いろいろ試してみてください。私はビオがあっていたみたいで。まだはじめて1ヶ月程度。せっかくなので続けてみようと思います。


――ありがとうございました。では最後にファンの方へメッセージをお願いします。

増田:いよいよ冬の物語が幕を開けました。夏には甘酸っぱい思いを経験したり、デートに出かけたりといろいろありましたが、冬は冬でまた違ったシチュエーションがあります。夏よりもさらにあたたかく、心がほっこりするようなエピソードもありますので、ぜひあたたかくて楽しい時間を一緒に過ごしてください。




■「金色のコルダ4」

【発売日】2016年2月25日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PS Vita TV
【価格】
通常版:6,800円(税抜)
ダウンロード版:6,000円(税抜)
トレジャーBOX:12,800円(税抜)
プラチナBOX:30,000円(税抜)
【CERO】審査予定


金色のコルダ4

B016UQJCSS 金色のコルダ4 トレジャーBOX

B016UQC1G8 金色のコルダ4 プラチナBOX

B016UQ7PA0

▲ PAGETOP