ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![宮野真守編]

恋の季節は夏から秋、そして冬へ――大人気ゲーム「金色のコルダ3」続編「金色のコルダ4」出演者インタビューを連続掲載![宮野真守編] 2015年12月19日 12:00


コーエーテクモゲームスが誇る女性向け恋愛ゲーム「ネオロマンス」シリーズ。本シリーズではファンタジー、和風、学園ものとさまざまなタイプの作品が制作されているが、現代を舞台に、“ヴァイオリンロマンス”をキーワードとして、音楽家を目指す高校生たちの熱く、心ときめく恋愛模様を描いた「金色のコルダ」シリーズの最新作「金色のコルダ4」が2016年2月25日に発売予定だ。

とある出来事からバイオリンを弾くことをためらうようになった主人公が、横浜にある星奏学院 音楽科へ転校。そこで幼なじみたちと8月に行われる「全国学生音楽コンクール」への出場・優勝を目指しながら、同じ目標を持つ他校の魅力的な男の子たちと切磋琢磨し、恋を実らせていくというのが前作の「金色のコルダ3」。

そこから季節は秋冬へと移り変わり、かつてはライバルだった他校の生徒たちとアンサンブルを組み、次なる高みを目指していくというのが本作だ。

新システムに加えて、新キャラクターの登場、キャラクターの新規衣装……と期待が高まるなか、実は一部キャラクターのボイス収録はすでに終了している。そこで発売までの間、当サイトでは豪華キャスト陣のインタビューを連続掲載していく。今回は横浜天音学園・室内楽部(ピアノ)天宮 静役の宮野真守さんのインタビューをお届けする。

増田ゆきさんのインタビューはこちら
森田成一さんのインタビューはこちら
水橋かおりさんのインタビューはこちら



●天宮 静役・宮野真守さん収録後インタビュー

――まずは収録を終えてのご感想をお願いします。

宮野:「金色のコルダ3」の続きが描かれるということで、とてもうれしく思いました。今回は夏が終わってからの秋冬のお話ということで、季節が変わることによって起きるイベントなどで新たに天宮くんの人となりが感じられるシーンもあったので、演じていて非常に楽しかったです。


――季節の変化に加え、「彼からの片想い」「主人公からの片想い」という新要素が加わりましたが、そのおかげでキャラクターの新たな一面が発見できた、こんな一面に驚いたということはありましたか?

宮野:ゲームシステム上、どちらかからの片想いというパターンもあるストーリーだったので、今まで見えなかった一面がかなり見えて、そこは新たな発見でしたね。あと、季節が変わることによって起きるイベントと言えば、「秋の味覚」のシーンも、天宮くんのちょっと変わったところが存分に発揮されていて面白かったです(笑)。
また、今回はいろいろなキャラクターと絡むので、会話する相手によって出てくる魅力が変わってくるなと思いました。まじめに話すときもあれば、すごく抜けているときもありましたし……。(笑)天宮くんのいろいろな表情が今まで以上に見られると思います。


――新要素が追加されたことによって、キャラクターを演じるうえで変化したこと、心がけたことはありますか?

宮野:片想いというシステム自体、すごく斬新だなと思いました。台本に「彼からの片想い」とか「主人公からの片想い」とかどちらの片想いバージョンか説明が書いてあるんですけど、「片想い」という文字を見るだけで自然と心構えが変わるなと。
とはいえ、そこは“天宮 静”ですから、何かをものすごく大きく表現することにはつながらないのかもしれませんけど、「こっちが一方的に想っているんだ」とか「向こうからアプローチを受けているんだ」というだけで、僕の心のなかに変化が起きますし、心のちょっとした機微が感じられました。なのでそういった要素がセリフ回しに表れていると思いますね。


――それでは、ご自身の片思いについてのエピソードをお聞かせください。

宮野:これは、結構、話していることなんですが、小学生のときに密かに想いを寄せていた女の子からバレンタインデーにチョコをもらったんですよ。とてもうれしくて、うれしすぎて、タンスの奥にチョコをしまいまして……。ちょっとずつ、小出しにして食べていたら、後半、チョコが大変なことになっていました(苦笑)。
それでもその子への想いが勝っていたので、大変なことになったチョコを少しずつ食べて、最後まで食べきりました。(笑)


――「コルダ4」では、星奏、至誠館、神南、天音の演奏者を組みあわせてアンサンブルメンバーを作れるということが大きな魅力のひとつですが、ご自身ならどのキャラクターを組みあわせてアンサンブルメンバーを作りますか?

宮野:天宮くんと組みあわせるなら、と考えると、彼のノリとは一番かけ離れた至誠館のみんなと青春してみたいですね(笑)。ものすごくおもしろいと思います。


――本作の主人公は、常に新しい出来事に自らから進んで挑戦していくタイプですが、ご自身は最近、何か新しいことに挑戦したということはありますか?

宮野:ん~……、ヨーグルトをはじめました(笑)。毎日、ヨーグルト……飲むヨーグルトを摂取することをはじめてみましたね。きっと身体が変わることでしょう。(笑)


――ありがとうございました。では最後にファンの方へメッセージをお願いします。

宮野:「コルダ3」の続編が出るということで本当にうれしく思いますし、また天宮 静を演じられて幸せでした。これもすべて応援してくださるファンの方がいるおかげです。作品が、いろいろな広がりを見せていますし、さまざまな形でキャラクターの魅力も膨らませることができていると思います。
また、「金色のコルダ」シリーズでは、僕は加地 葵と天宮 静を演じさせていただいていますが、どちらも僕のなかでとても大事なキャラクターですし、作品を追うごとに彼らの魅力を僕自身も感じています。
これからもまた新たな彼らの魅力に出あいたいので、是非皆様、応援よろしくお願いします。



■「金色のコルダ4」

【発売日】2016年2月25日(木)予定
【対応機種】PS Vita、PS Vita TV
【価格】
通常版:6,800円(税抜)
ダウンロード版:6,000円(税抜)
トレジャーBOX:12,800円(税抜)
プラチナBOX:30,000円(税抜)
【CERO】審査予定


金色のコルダ4

B016UQJCSS 金色のコルダ4 トレジャーBOX

B016UQC1G8 金色のコルダ4 プラチナBOX

B016UQ7PA0

▲ PAGETOP